** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

泉岳館*岐阜県下呂市小坂町湯屋温泉

 

「令和元年 九月 

 いいなあ日本、 泣けるね

 いいね日本人、 ありがとう。」 

f:id:seasonsgreetings:20200422002420j:plain

 

こんな胸熱くなるメッセージが残っていたお宿、それは、

岐阜・下呂湯屋温泉『泉岳館(せんがくかん)』…。

 

きっと、外国の方のメッセージなのでしょう、

たどたどしい、時に間違って塗りつぶしている漢字・平仮名、

本当に心から、思って書き残した言葉なんだろうなぁ、と。

 

c/o後に少しゆっくりさせていただいた、

ロビーにあった旅の記録帳に書かれていたものでした。

 

この外国の方が感動した理由、そのひとつはここの泉質…

二酸化炭素泉、この泉質は、日本でも数えるほどしかなく。

f:id:seasonsgreetings:20200422003243j:plain

 

「ぬるま湯 なれど湯ざめせん良い湯 泉岳館」

 

泡付き炭酸泉は、熱が加わるとその炭酸が飛んでしまうので、

大概がぬる湯♨

 

ここも、源泉温度12.2度。

(のちほど、最下段掲載の分析書をご覧ください)

 

日本秘湯を守る会の加盟宿。

f:id:seasonsgreetings:20200422003450j:plain

 

民芸調で調度品も整えられ。

f:id:seasonsgreetings:20200422003524j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200422003538j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200422003550j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200422003600j:plain

 

お部屋は、「307くりん草」

f:id:seasonsgreetings:20200422003714j:plain

 

嬉しいのは、お部屋出入口すぐわきに、この飲泉所があるところ♨

f:id:seasonsgreetings:20200422003657j:plain

 

お部屋は角部屋で、窓の外は渓流の景色、

f:id:seasonsgreetings:20200422003749j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200422003737j:plain

 

そして、山間のお宿の必須アイテム、ガムテープ。

f:id:seasonsgreetings:20200422003806j:plain

 

「え? これ、何使うの?」という方はまだ修行が足りない(笑)

万が一、カメムシが出てきた場合、これでそっとくるんでサヨナラする…という

アイテムです(笑)

 

カメムシさんは、突っついたり、振れたりすると、くっさいにおいを出すので…。

 

館内マップ

f:id:seasonsgreetings:20200422003632j:plain

 

上の管内案内にも、いろいろと泉質のことについて述べられてますが…

百聞は一見に如かず! まずはトライ♨

完全加温浴槽と、少し加温浴槽のふたつに分かれ、

こちらは、少し加温浴槽のほう。

f:id:seasonsgreetings:20200422003949j:plain

 

湯温35度近くにも関わらず、このアワアワ….。o○

f:id:seasonsgreetings:20200422003959j:plain

 

どうもこの、側溝的な隙間から、耐えなく泡が沸き上がる◎

f:id:seasonsgreetings:20200422004011j:plain

 

単なる加温浴槽だったら、ここまで泡はつかないと思いますが、

この側溝のおかげ?で気持ちよいアワアワ.。o○


アヒル隊長ゆるり~@泉岳館*岐阜県下呂市湯屋温泉

 楽しくて、顔を付けたり、腕についた泡をぬぐったり…暫く遊べます(笑) 

 

暗いとよくわからないので、翌朝の写真をここでご紹介。

f:id:seasonsgreetings:20200422003921j:plain

 

左が少し加温浴槽(35度)、右が完全加温浴槽(40度超)

 

f:id:seasonsgreetings:20200422004033j:plain

 

右手前に、源泉浴槽。

f:id:seasonsgreetings:20200422004047j:plain

 

ヒル隊長ゆるり~なら、難なく浸かれちゃいます…♨

f:id:seasonsgreetings:20200422004059j:plain

 

 

さて、お夕飯時、食事処にて。

f:id:seasonsgreetings:20200422004142j:plain

 

まずは、ドーンと地酒の瓶が並べられ。

 

f:id:seasonsgreetings:20200422004152j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200422004204j:plain

 

まずは下呂麦酒を🍻

f:id:seasonsgreetings:20200422004238j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200422004218j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200422230953j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200422230624j:plain f:id:seasonsgreetings:20200422230627j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200422230633j:plain f:id:seasonsgreetings:20200422230629j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200422230639j:plain f:id:seasonsgreetings:20200422230613j:plain

岐阜でお肉と言ったら、飛騨牛ですね…。

f:id:seasonsgreetings:20200422005033j:plain

 

今回は、しゃぶしゃぶにて~

f:id:seasonsgreetings:20200422004444j:plain

 

デザートまでしっかりいただき、ごちそうさまでした。

f:id:seasonsgreetings:20200422004818j:plain

 

お布団に入る前にひと風呂♨ 

貸切露天風呂は、大きくゆったりめ。

f:id:seasonsgreetings:20200422005110j:plain

 

同じ場所から、朝風呂の風景♨

f:id:seasonsgreetings:20200422005142j:plain

 

まんなかから、ぶくぶく源泉出口あり。

f:id:seasonsgreetings:20200422005159j:plain

 

朝ごはんも食事処にて。

f:id:seasonsgreetings:20200422005217j:plain

 

名物『伝統の泉岳鍋』

炭酸泉に浸したなめらかなお豆腐の上に、ふわふわの自然薯をかけて蒸し焼きに。

『泉岳館』創業以来より守り続けてきた、伝統のお鍋。

f:id:seasonsgreetings:20200422005232j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200422005243j:plain

 

そういえば、お米美味しかったなぁ…

飛騨産米だそう。

f:id:seasonsgreetings:20200422005352j:plain

 

さりげなく、アヒル隊長ゆるり~🎶🐤♨

f:id:seasonsgreetings:20200422005341j:plain

 

入口向かって右手に、この寛ぎスペースが。

f:id:seasonsgreetings:20200422005417j:plain

 

珈琲など、自由にいただけるスペース。

数あるコーヒーカップセットからチョイスし、少し頂戴する間に、

f:id:seasonsgreetings:20200422005405j:plain

 

たまたま見つけたのです、この書き込みを。

f:id:seasonsgreetings:20200422002420j:plain

 

「令和元年 九月 

 いいなあ日本、 泣けるね

 いいね日本人、 ありがとう。」 

 

 

温泉は日本の宝、それを好きなだけ享受できる私たち=日本人、

本当に幸せだなぁ、と、つくづく実感。。

 

これをしたためた外国の方、

今頃どこの温泉地巡ってるんだろ…♨

www.sengakukan.co.jp

 (分析書)

f:id:seasonsgreetings:20200422005708j:plain

 

#泉岳館 #岐阜県の温泉 #湯屋温泉 #炭酸泉 #含二酸化炭素泉 #下呂温泉