** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

旅行人山荘*鹿児島県霧島市霧島温泉郷丸尾温泉(連泊)

鹿児島と言えば、大好きな妙見温泉のおりはし旅館があるので、
なかなかそのほかには足を伸ばせずじまい・・・。

 

今回は・・・
温泉ソムリエ認定ツアーが鹿児島の、それも旅行人山荘であると聞いて(既に9月に実施済)、
「あのお宿やっぱり行ってみたい熱」が再発、
ちょうど秋の長期休暇をいただく間で行ってこよう!と、
とんとん拍子に話しが決まってしまいました◎

 

     イメージ 1
     このエントランスだけでは、このお宿の良さはわかりません。。

 

     イメージ 2
     以前、プリンスホテル?だったとかで、設備の強健さはなかなかのもの。

 

お部屋にはなんと、小さいけどちょうどいいサイズの露天風呂、
     イメージ 3

 

          イメージ 4

 

     そしてベランダ。
     イメージ 5    

 

     イメージ 6
     これはゆっくりできそうです。。

 

広大な敷地内に、趣ある露天風呂がいくつか。

 

チェックインしてすぐ寄ったお風呂がこちら、「ひのきの湯」

 

     イメージ 7
     この柵の奥に、「ひのきの湯」と「もみじの湯」があります。

 

     よく見ると・・・
          イメージ 8
          「鹿は入浴禁止」と書いてある(笑)

 

イメージ 9
全然石造りでひのきではないのですが、昔がひのきだったとかでその名残で「ひのきの湯」・・・

 

イメージ 10
単純泉で、たまごスープのような湯の花がぶわぶわ!!


確か同じような方程式「単純泉=なのに卵スープのような湯の花ぶわぶわ!」は、
やまなみハイウェイ、寒の地獄温泉の隣の山恵の湯でありました◎

 

うーん、やっぱり単純温泉、侮るべからず・・・。
単純泉ほど単純ではない・・・。

 

敷地内、もうひとつの「もみじの湯」
          イメージ 11
          こちらも、隣接の「ひのきの湯」同様、卵スープ状の湯の花ぶわぶわ!の単純温泉。

 

     イメージ 12

 

実は、温泉峠というJR九州のキャンペーンで、
小西真奈美さんが撮影したのも、この「もみじの湯」の前。
          イメージ 13
          ※旅行人山荘HPよりお借りしてきましたm(__)m

 

そして、「旅行人山荘と言えば・・・」のこの露天風呂、『赤松の湯』
イメージ 14
朝の7時に予約を取りました。
イメージ 16
うっすらと、湯面に硫黄が浮いているのが分かります。

 

こちらのお湯は、単純硫黄泉。いいお湯・いいお風呂です。
     イメージ 15
     
実は遠くに、鹿の親子も。
イメージ 18
                                      右端の方に、鹿のお尻が(笑)

 

     イメージ 17

 

たっぷり1時間、堪能させていただきました。
そう、このお風呂に惹かれて「来てみたいな」と思ったお宿でした。

 

昔、コーヒーの宣伝で原田知世さんが出ていたCMで使われた場所とか。
(実はTVで見た記憶はありませんが・・・^^;)

 

朝風呂を浴びたあとの朝食も、これまた絶景のレストランで。
     イメージ 19
    
          イメージ 21

 

     イメージ 22

 

二日分の朝食を一気にまとめて。
     イメージ 23

 

           イメージ 24   イメージ 25
                                 ゴーヤのお漬物、美味しかった。。
     イメージ 20

 

遠くは桜島が見えるのです。
この絶景のレストラン(2階と3階があります)から見る桜島、
足湯と呼ぶにはもったいない「龍石の湯」から見る桜島、
イメージ 26

 

          イメージ 27

 

大浴場「錦江(きんこう)の湯」露天風呂(単純硫黄泉)から見る桜島、          
          イメージ 28
          ↑この写真では桜島は薄くてよく分かりませんが・・・

 

どれもこれも、ああ、鹿児島なんだな、と気づかせてくれる風景です。

 

あ、このまま記事をクローズしてしまうところでした、お夕飯!汗

 

     イメージ 29

 

        イメージ 30     イメージ 31
          ↑鹿児島名物ガネ=サツマイモのてんぷら、形が蟹=ガネみたいだからこの名前。
     イメージ 32
     きびなごの天麩羅、きびなごも鹿児島名物ですよね?

 

     イメージ 33
               
          イメージ 41
          やはり黒豚料理には、芋焼酎をお湯割りで。。

 

以上一日目のお夕飯、以下、二日目のお夕飯♪

 

     イメージ 34

 

     イメージ 35 

 

  イメージ 36 イメージ 37 イメージ 38
           
          イメージ 40
          今日の黒豚しゃぶしゃぶには白ワイン。
    
     イメージ 39


あ、そうそう!
この時期、アタリだったのです、何の??
カメムシの(笑)

 

夜、19時半くらいになると、窓ガラスに一面・・・
     イメージ 42

 

↓カメムシダメなかたは素通りしてくださいね^^;

 

     イメージ 43
     鹿児島のカメムシは茶色くないんですね!?










毎年9月頃、一週間だけ、こうやってカメムシが大量発生する時期があるのだそうです。

 

今回はたまたま遭遇してしまったわけですが、特に被害にあうこともなく・・・、
まぁ、よしとしましょう(笑)


夜は・・・星★がとても綺麗でした。
部屋のベランダから5分くらい夜空を眺めるだけでも、
なんと、流れ星を3つも・・・。

 

星屑をちりばめたような夜空、久しぶりに見ました。。

 

「旅行人山荘」、
山荘と言うにはそれ以上の快適さを兼ね備え、
ゆったり寛がせていただきました。

 

バブル世代の鉄筋コンクリート造りだからこそ、
一旦部屋に入ってしまえば、隣の部屋の音や外の音など一切関係なく・・・
本当に静かで快適でした。

 

あちこちにはこういった休憩スペースもふんだんにあり、

 

          イメージ 44
          夕暮れ時の気持ちの良い風のなか、作業をすることもできました。


紅葉の時期は11月末とか。
まだまだこれからですね。

 

予約は一年前からOKです(HPにて予約可能)。

 

再訪したいお宿が、またひとつ増えました◎

 

          イメージ 45

 

【旅行人山荘HP】→http://ryokojin.com/

 

(2010.9.9-9.10訪問です)
雰囲気★★★★  
お風呂★★★★  〔赤松の湯〕源泉温度65度 泉質:単純硫黄泉 pH:5.39 溶存物質116.5mg/kg 
お食事★★★★
お値段★★★★  13,000円(一泊二食つき)202号室利用
総 合★★★★

 

  アヒル隊長ゆるり~は私の替わりに出演中(^^ゞ

 

 

〔分析表〕※画像右下の+印をクリックすると拡大表示されます
↓赤松の湯(硫黄泉)
イメージ 46

 

↓錦江の湯(内風呂=単純温泉、露天風呂=硫黄泉)
イメージ 47

 

↓ひのきの湯(単純温泉)
イメージ 48