** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

湯之谷山荘*鹿児島県霧島市湯之谷温泉

残暑お見舞い申し上げます。

ぬるい温泉シリーズ(笑) まだまだ続きます。

最初2010年に、湯友miyaさんに連れて行ってもらった霧島の湯之谷山荘。
それより以前、随分前に、はむさんの日本一周ブログで、
「硫黄泉と炭酸泉のブレンドの浴槽作っちゃった」と…。

硫黄泉と炭酸泉のブレンド??
そんなのアリなの!? と当時固い頭で思ったものですが、
いいじゃん、熱いのとぬるいのがあるんだから混ぜちゃえば(笑)

イメージ 1
奥=熱い(44度)、手前=ぬるい、炭酸泉(約30度)
真ん中=ブレンド。ちょうどよい。38度前後。

微妙にお湯の色合いも違っているのがおもしろい…♨


運よく昨年夏にも、このぬる湯へ行くことができました◎
鹿児島空港から~ 今はなき(T_T)はむワゴンに乗せていただき…
イメージ 6
ひとりじゃ絶対運転したくない山道をゴトゴト…
(はむさん、運転ありがとうございますm(__)m)
イメージ 7

到着☆
イメージ 8

こぎれいになさっている館内を進み…
イメージ 9

男女別の浴場へ。
イメージ 10
いつもは、日中は10時スタートとともにお客さんがいらっしゃり、
夕方15時?までずっと滞在する方もいるのだと…

たまたまどなたもいない風景を撮れたのはラッキー☆

ぬる~い炭酸硫黄泉の方、赤いバルブを回すと、天井から滝湯が…(笑)
イメージ 3

湯の花&泡付きたくさん♪♪
イメージ 2

暑い夏の、湯めぐりの第一湯からこんな極楽ぬる湯に入っちゃうと…
もうあとはどーでもよくなったりします(笑)

でも! このときは九州温泉道の記念すべき旅路の第一湯♨
次なる目的地と車を走らせたのでした…

(ここですれ違い、sugimokkeiさんにお初にお会いしました☆)

※以下のサイトには、湯舟がまだ2つだった当時の貴重な写真が掲載されています。


(分析書) ※どちらも、熱い湯の方の分析書のようです。
イメージ 4
イメージ 5

(ぬるい温泉、極上のぬる湯)