** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

◆週末逃亡旅行◆1日目:新宿→大糸線直通あずさ55号で穂高駅→山奥の一軒宿中房温泉

おうちで仕事をしたり、
会社接待のあと会社に戻ったり~の、
仕事でもなんだかんだで多忙xxx
 
そして、プライベートの私事のほうでも、
あれやこれや決めなくちゃならぬことが多々あり・・・
 
ふじさんのマッサージと、栄養ドリンクにお世話になったこの一週間。。
 
ほんとはやらなきゃならないこと山ほどなのですが、
逃避行で、ココまできてしまいました。。
 
信州長野・安曇野・穂高。
イメージ 1
 
9時新宿BT発、白馬行き、途中、安曇野穂高で降りる予定のバスに1分差で乗り遅れ~
新宿10:09発の大糸線直通、穂高駅まで行くあずさ55号に乗り換え、
乗り換えることなく、約3時間、車中爆睡・・・
 
 
信州といえば、道祖神。
イメージ 9
なんてまぁ、道祖神があったかく迎えてくれるのでしょう・・・。
 
 
本日目指すお宿は、なかなかアクセスがいいとは言えない方のお宿。
14:45穂高駅前発の乗合タクシー(バス)を待つため、
駅前のこの可愛らしいカフェに吸い込まれ~。。
 
『ひつじ屋カフェ』
イメージ 2
 
まったりと、約1時間。
「秋色のカフェオレ」いただきながら~
イメージ 3
 
イメージ 4
 
 
お宿行きのタクシーがきました。
タクシーと言っても、乗合バスのよう。
片道、1,700円、まぁ、少人数でタクシー飛ばすよりは、全然お得なお値段設定なのでしょう。
 
穂高温泉郷経由で山道をごとごと揺られ、約1時間(※ここでも爆睡)
 
辿りついたお宿は、約1年3ヶ月ぶりの某湯宿。
 
29本分の源泉の分析書を持ってるけど、
そのうち26本しか(しか?笑)浴槽で利用してない、と言う温泉、
それが…
『中房(なかぶさ)温泉』
 
お湯に五月蝿いR氏がまず選んだのは、
この小さな家族風呂の浴槽。
(宿泊者のみ利用可)
イメージ 5  イメージ 6
源泉100%かけ流し認定浴槽のマーク付き♨
 
中房温泉のほとんどの源泉は、
分析書上は、「単純硫黄泉」。
 
…最近は、浴槽が小さければ小さいほど、
お湯が新鮮だということが体感できるので、大きな大浴場より、
小さな浴槽を見るとワクワクしてしまうのは、
多分温泉好きのみなさまならどなたも同じ感覚・・・??
 
もちろん! このお湯もようございました・・・◎
 
ひとつひとつ、お疲れ&あれこれ面倒&複雑怪奇な思考回路をほどき、
ふぅ~っと湯に浸かり…
 
 
そして… 例外なく、お宿のうまいものをいただき…
 
これが、焼山の地熱で蒸した、信州牛のローストビーフ!
言いようもなく、美味なのです…♥ (別注文ですが…)
イメージ 7
 
お疲れをほどきながら、週末、こちらででプチ湯治、させていただきますm(__)m
 
中房温泉、日本秘湯を守る会、会員宿でございます◎
イメージ 8
 
(二日目につづく)
 
【ひつじ屋カフェHP】→http://www.hitsujiya-azumino.com/
【中房温泉HP】→http://www.nakabusa.com/