** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

村のホテル住吉屋*長野県下高井郡野沢温泉村

 
野沢温泉は、私の好きな温泉地のひとつ。
 
何度も、何十回も訪れている地ですが、
今回は、泊まったことのない、こちらのお宿へ。
『村のホテル 住吉屋』
イメージ 1
あの麻釜(おがま)の斜め前にある、ひっそりとした佇まいのお宿です。
イメージ 2
 
道祖神は、野沢温泉のシンボル。
イメージ 3
 
実はこちらの住吉屋さん、
c/iが12時、c/oが11時と言う素晴らしきお宿…!
イメージ 4
 
この日は前泊は、野沢温泉からもほど近い、
新潟の松之山温泉から移動。
 
松之山は10時にc/o、そのままぷらぷらと目的地野沢温泉を目指し、
11時55分くらいには実は到着。
 
「まだ早いかな??」と思いつつも、駐車場へ車を止めたところへ、お宿の方が出てこられ、
「大丈夫です、お部屋へ御案内できます」と。
 
通していただいた、『紅葉』のお部屋。
イメージ 6
 
荷物を置く用の、こんな少しの配慮がとてもありがたい!
板間やお座敷に、キャリーケースやバックをそのまま置くのって、
実は気が引けていたのです。。
イメージ 7
 
そして…おこたの上には、住吉屋さんの源泉!
イメージ 5
温泉好きには嬉しい&有難いサービス!
早速いただきましたが、
ほんのり硫黄の、胃腸に優しそうな源泉。。
 
イメージ 8
 
湯TAROマークのタオルを片手に、
では、温泉へ参りましょうか。。
イメージ 11
 
住吉屋さんは、独自源泉。
もちろん、日帰り入浴は承ってません。
 
 
この美しい…ステンドグラスの内湯。
イメージ 9
 
キラキラと、水面に映えて、これまた綺麗。
イメージ 10
野沢温泉の湯は熱い、と言われますが、
ここの温度は…約46度(笑)
イメージ 12
雪で冷えた身体に、じぃんと沁みるイイ熱さです。。
 
 
12時にc/iしてしまうと、お宿での滞在時間が長く、
かなり得した気分になります。
 
ふらり、野沢温泉内散策に出かけたり~
イメージ 26
野沢温泉のお土産を持ちかえって来てみたり~
イメージ 27
オラホビールに、おやき♪
 
そして、また入浴&お昼寝…zzz
 
 
お夕食は、別のお部屋でいただきます◎
こんな感じの…
イメージ 13
 
長野ですから、お酒は諏訪の『真澄(ますみ)』
イメージ 21
お料理は、名物の取り回し鉢が二種。
追加で頼むこともできます。
イメージ 15
この日、私たちのテーブルには、いもなます塩芋煮が。
 
素朴なんです。
奇をてらうわけでもなく、素材の味そのままに。
でも、美味しいんです。
 
イメージ 14
 
イメージ 16
 
イメージ 17
 
イメージ 18
 
イメージ 19
 
本日のお品書き。
イメージ 20
お食事も、しつらえも、大人のための宿って感じです、
とても、心地よい◎
 
美味しく程よい量と上質のお料理と、名湯。
もちろん、ぐっすり安眠できたのは、言うまでもありません。。
 
 
朝食はこちら。
イメージ 22
シンプルです、でも嬉しい♪
 
c/oする前にもう一度、名湯を堪能♨
イメージ 23
 
イメージ 24
実は相方R氏が偉く気に行ってしまい…
既に次の予約を入れてしまいました(笑)
 
c/i12時、c/o11時の23時間滞在の贅沢な使い方。
癖になりそうです(笑)
 
【村のホテル住吉屋HP】→http://sumiyosiya.co.jp/
 
(2014.1.4宿泊です)
雰囲気★★★★  
お風呂★★★★  源泉温度90.8度 泉質:含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩温泉 pH8.9 
            成分総計1,035.4mg/kg 
お食事★★★★  普通の豪華旅館料理に飽き飽きしている方にはお薦め! 上質のお料理です。
お値段★★★★  紅葉のお部屋宿泊 ひとりあたり23,000円(一泊二食付き、お正月料金?)
総 合★★★★
 
(分析書) ※今見なおしてみたら、「引湯方法・距離」が、「浴槽内より湧出0㎝」になっておりました!?
        どっちの浴槽だろう…?? 今度確認してこなきゃ。
イメージ 25