** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

★硫黄臭いやつら(笑)★1日目:軽井沢→1800mの最高高地の温泉、万座

ゆんちゅさんの以前のブログタイトルではありませんが…(笑)
今回の湯旅は、一言でいえばこれが当てはまる◎
『硫黄臭いやつら(笑)』
 
さ、忘れないうちに、絵日記でつづっておきましょー♨
 
******
 
東京駅。
 
今日はネ申を某所までお連れし、そこでFCオフ会を行うと言う一大ミッション。
 
東京駅の新幹線は、5分前くらいにしか車内に入れないので、
時間ぎりぎりに行く私の目に入ったコレ、
東京ばな奈、がぉー キャラメル味
 
イメージ 1
が、がぉー!? う、ウケました。。
 
しょっぱなから、がぉーにびっくりしつつも、
あさま511号のボディペイントのSuicaペンギンに癒され~♨

 

イメージ 2
 
片道約1時間10分、軽井沢到着。
あたり一面、見事な紅葉☆
 
しかーし、なぜか鮮やかな紅葉をカメラに収めるのも忘れ~
一路、立ち寄り湯で御提案いただいたこちら、

御所平温泉かくれの湯

イメージ 3  イメージ 4
素敵な薄緑色です。しかも泡付き…!
 
ここは…一日ゆっくり来てもいいなぁ♨
そんなことを思わせる、素晴らしき湯とロケーション。
イメージ 11
 
男湯では、郡司先生と一緒に盛りあがっている、
くまのプーさんと、たかあきさんの声が。
 
そうなんですよねー、こういうとき、おなごは一緒には浸かれないww
 
ま、よしとしましょう(笑)
 
かくれの湯から一路万座へ。
道中、見事な紅葉、でも車中からだとぼやけてあまりよく映らないのが残念。。
 
イメージ 9
 
辿り着いた万座温泉、今回の御宿は、

湯の花旅館

イメージ 10
 
やはり硫黄臭漂う乳白色は、心躍りますね♪
イメージ 5
 
思ったより広めだった露天風呂♨
ここで記念撮影大会となったのは、言うまでもありません(笑)
 
内湯もこれまた綺麗な白濁。
 
イメージ 6
猿のこしかけ風呂、これが有名◎
 
 
夜の宴会会場はこちら、囲炉裏のあるお部屋です。
 
イメージ 7
 
これと同じ囲炉裏がもうひとつ、手前に並んでいます。
 
全部でmax24名までこの囲炉裏のお部屋に入れる~と言うことで、
今回のオフ会の参加メンバーも24名まで募集をしましたが、
結果20名、それでも結構きつめ?だったので
ちょうどよかったです◎
 
湯旅の際のお約束、
ひとり飲み物一品と、おつまみ一品を持ち寄ってもらうと、
実は、二次会用の買い出し不要&経費削減対策にもなります☆
 
そして、なによりも、美味しいイイ御酒がいただけます!
 
みてください、この、各地から持参なさった飲み物の数々…。
イメージ 8
北は山形から、南は北九州から、
みなさま、本当にありがとうございます☆
 
これ、翌朝には結局、ほとんど空いておりました(^^ゞ
(私は連日の多忙がたたり、0時前には就寝させていただきましたm(__)m)
 
標高1,800m、日本で一番高地にある、硫黄泉万座温泉にて、
この良き温泉を通じて、またご縁が繋がる…
 
ある意味、一種のキセキに近いかもしれません。
 
初めてオフ会というものに参加する、
ひとりで参加してみる、
最初はちょっとの勇気が必要かもしれませんが、
「郡司さん」と「温泉が好き♨」、このキーワードが明らかに分かっているわけですから、
集う仲間には既に共通項がある! と言うわけです。
 
「ハジメマシテ」の挨拶もそこそこに、
お風呂場でハダカの付き合いになる(笑)
「ご趣味は~」と尋ねる前に、お気に入りの温泉話になる、
それって、凄いパワーですよね。
 
そんなキセキは、またキセキを引き起こす。
そうやって、化学反応が繋がって行くのかもしれません。。
 
「硫黄臭いやつら」の一日目は終了~
二日目に、続きます。。
 
二日目につづく)
 
【御所平温泉 かくれの湯HP】→http://kakurenoyu.web.fc2.com/
【湯の花旅館HP】→http://www.yunohana-m.com/
【万座温泉観光協会HP】→http://www.manzaonsen.gr.jp/index.php