** Season's Greetings ** 湯楽粋笑

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

■さつま湯旅アドベンチャー!■4日目:知覧→川辺温泉→開聞温泉→鰻温泉→二月田殿様湯→勝武士ラーメン『元祖指宿ラーメン二代目』→河原湯(こらんゆ)→鹿児島駅→宮崎へ:京町温泉駅→吉田温泉『旅館伊藤』

 
(3日目からのつづき)

 
おはようございます。
 
朝7時出発、我ながら素晴らしいスタートです(笑)
イメージ 3
 
末広温泉の女将さんに御礼を言い、レンタカーをまずは走らせたのが、
『川辺(かわなべ)温泉』
イメージ 5
なんじゃぁこりゃー!?と思うような、この芸術的な建物!
…ていうか、崩れたりしないのかしらん。。
 
建築家?だったおじいさまが作られた遺作とのこと、
確か以前、TVでも見た覚えあり、
実物は、素晴らしいですね。。
イメージ 1
 
このときは表敬訪問のみで、
(なぜならオープンが14時から(5月からは15時から)のため)
建物を拝んで、さて、お次へ~
イメージ 2
 
イメージ 4
そのまま更に南下します。
開聞岳(かいもんだけ)を見ながら~
イメージ 7
この日はあいにくのお天気だったので、
すっとした雄姿は拝めず。
 
ちなみに…
みしまフェリーでは(私が寝ていた間)、こんなに綺麗に開聞岳が眺められたそう。
イメージ 9
(西瓜さん撮影)
 
その開聞岳の麓にある、『開聞(かいもん)温泉』
ここも以前、TV番組で見て、面白そうな温泉だこと~と思っていたところ。
 
あまりにナビを便りにしすぎてて、
あの細いけもの道を通り、浜まで連れて行かれる所でした^^;
 
でもこれ絶対、あの開聞温泉のおばあさんの字だ(笑)
イメージ 8
 
営業時間9時半か~
イメージ 6
 
ならばまだちょっと時間があるな?と
急遽調べた、近くの『鰻温泉』へ~
 
区営の『鰻(うなぎ)温泉』。
素敵な楕円形の湯舟に、源泉が絶えることなく注がれ…
 
そしてそれがまた快適な熱さ!
イメージ 11  イメージ 10
44度。
別府の湯のような、しゃっきり!すっきり!な熱さでした◎
 
さて、ここから戻ればちょうどよく9時半だろう~と
またも開聞温泉へ~
 
温泉道具を持って建屋に近づくと…
ん? まだお掃除中??
 
イメージ 16
 
目があったので、軽く会釈。
「10時からだし~ 入口に書いてある~」とおばあさま。
 
???
 
入口って、また別のところに案内書きがあったんかいな?
きょろきょろしながら戻ると、
なんと先ほどの看板、薄く手書きで十時~と書いてあるし~^^;
イメージ 12
 
ハイハイ、では待ちましょう! あと30分。
 
作業を終えたおばあさま、
一旦手前の右手のおうち?に戻ります。
 
しばらく。
 
十時くらいになり、
「もういいよ~」と声を掛けて下さいました。
 
既に先客一名。
ご近所の常連さんですね^^;
 
あっちのほうがぬるいから~と薦められコチラの側に。
いろいろと、名言が書いてあるのですよ(笑)
イメージ 13
これまた、詳細を記せる機会に紹介いたします~♨
 
Jakeさんの温泉備忘録を下調べして行ったので、
・お互いに背中を洗い流す、とか
・ねんね(トド寝)の場所が決まってる、とか
面白い取り決めがあるんだなぁとはわかってました。
 
そんなに浸かってないのに汗も出始めたので、
そろそろおいとましよう~と出入り口付近まで足を運んだところ、
「こっちいらっしゃい! 背中流してあげるから~」と。
 
つい先ほどまで背中を流して貰ってた女性の方も、
「ほんと、ぼろぼろ出るわよー」と。
 
いやいや、そんなめっそうもない。
(それに次へ行かないと時間もない^^;)
 
「ぼろぼろ出たら恥ずかしいんで…」とうまくかわし、
「お先に失礼しまーす^^;」と。
 
イメージ 14  イメージ 15
「温泉Gメン」…謎。
 
 
実は今回の薩摩旅、さて、2日間どうしよう?と思ったときに、
ここに行ってみたい!と思わせたのが、
指宿(いぶすき)の『二月田温泉 殿様湯』
 
だいぶ前、どなたかの湯巡りのつぶやきで拝見し、
指宿は行ったことあったけど、ここは知らなかった…と、
いつか…!と思っていたお湯のひとつ。
 
なのでわざわざ、中継点を知覧にしてみたりしたのです。
 
イメージ 17  イメージ 18
 
この丸十字は島津のお殿様の家紋
イメージ 19
本当にお殿様が浸かった湯舟はこの建物の裏にあり、
残念ながらシートに覆われて拝めず。
 
でも、この湯花で変色した島津の家紋と共に、
いいお湯(これまた熱い!)に浸かれたのは、ありがたき幸せ。。
 
そうこうしているうちに、
鹿児島の温泉ソムリエ六三四さんからメッセージが。
「masumiさん、今どこですか~」
 
鹿児島入りするので、「お側をうろつきますが、どうぞよろしく~」のご挨拶を、
六三四さんに差し上げていたところ、
「その日、ちょうど午前は指宿で仕事ですから、お昼でもどうですか」と
ありがたいお言葉をいただいていたのです♪
 
連れて行ってくださったのは、
勝武士ラーメンの『元祖指宿ラーメン 二代目』
 
勝武士??
鰹節のことでした!
 
そうそう、枕崎とか、近いですもんね、指宿は。
 
こちらの「超勝武士ラーメン」を食すには、
まず自力で鰹節を削ります!!
イメージ 22
…と言っても、昔子供の頃お手伝いをしたときのような、
木の箱型のものではなく、こんな便利な削り器が!
 
そして、このあっさりラーメンに、
イメージ 20
 
先ほどの鰹節をどっさり乗せます!
イメージ 21
ほんとあっさり味が美味しすぎる。。
すみません、スープまで完食m(__)m
 
『二代目』の店主さん曰く、
「全く罪悪感のないラーメンです!(自信!)」
ほんとその通り。
 
素晴らしいご当地ラーメン!
指宿に行ったら、超勝武士ラーメン、お薦めです◎
イメージ 23
六三四さん、ご紹介いただき、ありがとうございました☆
 
さてさて。
限られた時間はあと少し。
 
しかし… 指宿がこんな温泉だらけとは思わなかった…
(以前は、海辺のホテル群らへん(2007年)&
郡司先生と九州温泉道巡りの足早旅(2011年)しかなかったので…)
 
もう一か所だけ、寄って帰ろう!
二月田からも近い、『河原湯(こらんゆ)』を目指して行ってみることに。
 
土地勘のない場所なので、
住所をナビにセットして行くも、何故か指宿簡易裁判所までしか案内せず。
 
とある文献を便りに。
 
国道 226号線の二月田駅前信号から北へ約300m進み、 
次の二月田信号で川を渡ってから左折、約650m先の十字路を左折、
さらに約200m先の細い道を左折、約100m入った所。
 
いやー、これではわからんでしょ、と思ったけれどもそこはトライ!
かなりアバウトな距離感、アバウトな運転でしたが、
なんと。
一発で辿り着きました、温泉マニア?ならではの野生の勘!?
我ながらびっくりです(^^ゞ
 
『河原湯(こらんゆ)』
イメージ 24
歩行浴する湯舟もあったりで、ちょっと面白い造り。
 
手前の湯小屋は、ジモ泉(地元の方しか入れない温泉)なのだとか。
扉が開いてたので、ちらり、覗かせていただきましたm(__)m
イメージ 25
なかなか趣ある雰囲気ですね~♨
 
さて。
タイムオーバー!
レンタカーを返すために、一路鹿児島市内へ。
 
鹿児島の路面電車、同じ停留所名でも行く先によって違うんですね!
ちょっと迷ってしまいましたが、無事、「いづろ橋」から鹿児島駅前へ~
 
鹿児島中央駅と違うとは承知の上でしたが、
終着鹿児島駅前で下ろされて、
思わず、「駅どこですか?」と聞こうと思ったほど、
目立たない駅舎…
 
一応県庁所在地の県名駅なのに、この鄙び感。。
車社会だから故なのか…
 
まぁ、新幹線直結の鹿児島中央駅(以前の西鹿児島駅ね)があれだけ栄えてるのだから、
ココこは置いておきましょう(^^ゞ
イメージ 26
 
でも流石、JR九州。
普通列車なのに、革張りのヘッドレストにはびっくりしましたよ!?
 
同じ都城(みやこのじょう)行きなのに、
途中、隼人でまた「都城行き」に乗り替える。
あとで地図を見て納得したのですが、
霧島連山をどっちからぐるりと回るかで、路線が違うんですね。
 
『京町温泉』駅
イメージ 27
お隣『つるまる』はそう、あの鶴丸温泉がある鶴丸。
 
京町温泉駅から、タクシーで1,000円以内、
吉田温泉『旅館伊藤』
イメージ 29
※これはバス停ではありません、吉田温泉郷のモニュメントらしいです♨
 
なぜ旅館伊藤さんにしたか…
GW中日の直前と言うこともあり、
温泉で空いているところなら~と言う思いもあったのですが、
実はこちら、「のみ不可」(=立ち寄り湯のみ、って言うのはダメよ)のお宿なのです。
 
つまり、ここのお宿のお風呂は、泊まらなきゃ入れない。
イメージ 30
 
HPを拝見したところ、お部屋は4部屋のみ、
お料理もなんだか美味しそう…♥
 
お部屋もゆったり、申し分なし。
イメージ 28
到着時には、貸切風呂は先客が使用。
ならば、とまず建物すぐ隣の共同浴場『鹿の湯』へ行くことに~
イメージ 31  イメージ 32
お宿で、入浴券をいただき(あとで精算)訪れたそこは、渋さ満点◎
 
ザ・共同浴場。って感じ。
もひとつ、『亀の湯』と言うのもすぐそばにあるのですが、
これは朝早くからやっているので、明日行くことにして…
 
18時からお夕食。
イメージ 33
うわぁ♥ おつまみ料理の数々(笑)
「えびのの里山料理」
 
宮崎地頭鶏、鹿、黒豚、山女、鹿ん南蛮(=鶏南蛮ではなく鹿)、猪肉塩焼き…
そして最後が、棚田米!
 
果てしなく、満足です。。
お宿のお風呂『山霧の雫湯』にもゆっくり入り、
鹿児島から宮崎まで鹿児島を縦走してきたお疲れを癒し、
そして、また明日…。
イメージ 34  イメージ 35
※旅館伊藤さんは、近いうちにメインで書き起こします!
 
(5日目につづく)

 
【川辺温泉紹介サイト:Jakeさん温泉備忘録】
【二月田温泉殿様湯:紹介サイト】→http://www11.ocn.ne.jp/~saraku/tono.htm
【元祖指宿ラーメン「二代目」HP:勝武士ラーメン】→http://nidaime-ibusuki.com/
【河原湯(こらんゆ)紹介サイト:Jakeさん温泉備忘録】
【旅館伊藤HP】→http://www13.ocn.ne.jp/~itou/
【吉田温泉鹿の湯:紹介サイトたびねす】→http://guide.travel.co.jp/article/629/