** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

笹湯*群馬県吾妻郡川原湯温泉(八ツ場ダム) ※2011年10月閉鎖


八ツ場(やんば)ダムはその後、着々と計画を進められ、
ダムの下に沈む運命の、川原湯温泉ではそれぞれ移転等の準備が。

イメージ 19


『笹湯』
芳しいアブラ臭で秀逸の温泉でした。

イメージ 1

2011年10月7日で、文字通り「閉鎖」です。

「新天地への移転に伴い~」と書かれていますが、
その後、どうなったか…。

いずれ、これらの風景もダムの下に消えてしまうので、
思いだしたように、絵日記に綴ってみることにしました。

イメージ 2

「笹湯」と書かれた矢印板。
この階段を降りて行き、左手に折れると~

イメージ 3

そこに湯小屋が。
イメージ 18

イメージ 20

上から見ると、こんな感じ。
ほら、湯気抜きがある屋根、あれが『笹湯』です。
イメージ 4

いつ行っても割と人様にあうこともなく、
ゆっくりと落ち着いて浸かれる極上湯♨

ちょうど最後にお邪魔したこの日は、
天井の湯気抜きから陽の光が一筋。

イメージ 23
(48度あったので、やむなく加水中です…orz)

イメージ 22
湯口からは、硫黄とアブラ臭と混ざったイイ匂い~♨

キラキラな綺麗なこのタイルが、大好きでした…。
このタイルは女湯のみ。
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8
そうか…。源泉80度もあれば、適温にするのも難しいですね。。

いつもきちんと綺麗に片づけられている脱衣棚。
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

こちらが、男湯。
女湯のキラキラタイルとはまた違った、モダンな感じ。
イメージ 13

イメージ 21


上の道の反対側にあった聖天様露天風呂も既に廃止済み…
イメージ 24  イメージ 25

『王湯(おうゆ)』も既に2014年7月に新地へ建て変えられ、
この建物も今は取り壊されたか、ひっそり廃墟か…。
イメージ 14

川原湯温泉をずっと上がっていくと、
『王湯』向こうに、ゆで卵を作ることができた新源泉(新湯)の足湯が。
イメージ 15

イメージ 16
この足湯も、王湯の閉鎖と共に、閉じられてしまったようです。。
源泉はすべて、『新・王湯』へ。
イメージ 31

ちょっと悲しい画像ですが、今の新源泉。
湯気ひとつ立ってません。。
イメージ 27
実はこの新源泉「新湯」が「笹湯」の源泉。
だとしたら…「閉鎖」の文字通り、
2014年7月には笹湯にはもう源泉は行ってないでしょうね…。

もともと川原湯温泉には「元の湯」があり、王湯すぐ下の岩の割れ目から自噴しているもの。
ダム事業によってボーリングで掘り当てたこの「新湯(新源泉)」とは、
地下の湯脈では繋がっているようですが、
「元の湯」=自然湧出、「新湯」=ボーリングでは、泉質が異なるのだそう。

王湯では「元の湯」と「新湯」のブレンドで使っていたようです。
イメージ 28

 「王湯に注がれる蛇口は二つあり、温泉卵のような臭いが強い方が元の湯、
熱くて臭いが少ない方が新湯」、とは、前出の八ツ場あしたの会さんからの引用ですが、
残念ながらこの写真では、ひとつしか確認できませんでした…。
イメージ 29
(2012年12月撮影)

地元の方のことばかな、
「温泉のシンボルである、結晶を取らないで」


「元の湯」も新地に引き湯する計画もあるらしいですが、
岩の割れ目から自噴しているお湯を、いったいどうやって運ぶのか…
(ボーリングと違って人の手が掛ってない分、難しいでしょうね…)

昨年2014年10月にGFCオフ会で川中温泉へ行った際に通り抜けましたが、
今でもまだ近くまで行けるのかな?
それとももう通行止めになっちゃったかしら…


川原湯温泉駅入り口向かい側にあった川原湯温泉駅も既に新地に移動済み。
昨年10月に、お迎えにあがったときのナビは旧駅しか案内せず…

時代の流れと一言で片づけてしまうのは簡単ですが、
でもやっぱり、この温泉遺産たちを無くしたのは惜しいですね…

イメージ 30


「ありがとうございました」
イメージ 17


(分析書:笹湯=新湯)
イメージ 26

(分析書:王湯=元の湯・新湯)
イメージ 32