** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

◇秘湯ロマンスvol.4!雪の東北◇1日目:東京駅→田沢湖駅→駒ヶ岳温泉→乳頭温泉『鶴の湯』本陣


前回の秘湯ロマンスvol.3は、緑爽やかな季節、6月のことでした◎
行先は、高峰温泉→オプションで本沢温泉♨

そのときの旅行があまりに楽しすぎて。

本沢直後にお会いした飯出隊長から、
「冬の鶴の湯なんて、どお?」とありがたいお申し出…!
あれよあれよと決まっちゃったのが、今回の鶴の湯旅。

そしてまた、オプションつけまくり(笑)で、
山形の名湯を2つも~♨

3泊4日の、雪にまみれる東北・秘湯ロマンス旅、
ここに、記します^^

*****

2月の風呂の日。

新潟から、京都から、大阪から、関東から、
それぞれ目指す先は一緒、田沢湖駅
イメージ 1

途中大宮で、ARUGAさん発見!(笑)
イメージ 4
ARUGAさん、長岡駅みどりの窓口のおねいさんが気を利かせすぎて?
かなり早い新幹線で大宮駅到着した模様。

で、先発隊が乗る新幹線に間に合うも、
チケットは後発隊の新幹線指定席きっぷのため、
大宮駅ホームで先発隊のみなさんをお見送りしたんですと~(笑)

朝9時に東京駅を出て、昼前には到着予定。
約3時間の旅ですが~
秋田新幹線こまちのなかで、給水所設置(笑)
イメージ 2
新潟の越乃景虎と、山形の出羽桜。
どちらも美味しいお酒です◎

計9名のみなさまがこの新幹線に乗り込み。
バラバラで取ったため、お席は別々。
でもFBイベントページ(非公開)を立ち上げ、
掲示板機能として使いつつ、情報共有を~

そしてこの瓶片手にご挨拶に伺い、命の水補給を~(笑)

東京駅グルメブースで買った、この焼き鳥セットが美味しかった!(笑)
『メルヘン』と言うサンドイッチ屋さんのお隣の店舗です、
覚えておこう…。
イメージ 3

あんなこんなで程よくいい気分で、たどり着いた田沢湖駅
イメージ 5

雪、降ってます~。。
イメージ 6

寒いので、お迎えをホーム内で待つことに。
何やら二階に、アイリスコーナーがあるらしい!?
イメージ 7

韓国ドラマの『IRIS(アイリス)』
当時、何故かハマって見てました(笑)
イメージ 8
秋田の名所があちこち出てくるんですよ、
今では韓国の観光客の観光地になっているようですね~

お迎えのバス、見えないなぁ~と思っていたら…
なんとこの蕎麦屋さん『そば五郎』後ろの駐車場に、止めていてくださってました!
イメージ 9
先発隊は、この『そば五郎』にてランチの最中。
(そば五郎は鶴の湯さんの系列です)

そして、その手前には、こんな利き酒コーナーが!
イメージ 10

確か一杯100円でいただけたような…
秋田の銘酒、時間があれば試飲し放題で行きたいところでしたが(笑)
出発時間まであまりなかったので、
一杯いただいて、一本購入して~♪

さて、バス車中。
こちらはご厚意でお宿から送迎を出していただき…m(__)m
イメージ 11

飯出隊長ご指示のもと、順調に雪山に向けて走っていきます~

大きなかまくらが待つ、駒ヶ岳温泉』
イメージ 13

イメージ 18
こちらも、鶴の湯さん系列。
建物が、とても綺麗で広いです。。
イメージ 14

内風呂♨
イメージ 15

足でかき混ぜると、湯の花が、ぶわ~~っ!!
イメージ 16
湯の花フェチなぽちさんが喜びそう!(笑)

露天風呂♨
イメージ 12
この日は、*うぱし*さんが連れてきたアヒルちゃんと、アヒルサミット開催(笑)
後ろの雪だるまは、まゆさんのお手製(いつもの)。

そうそう、宿泊者専用の貸切風呂が2つ、あるようです♨
イメージ 17

ここは…ぜひ泊まってみたいですね!

さて、鶴の湯へ向かいます~
このエントランス… ザ・秘湯な雰囲気◎
イメージ 19
そして…この雪の積もり具合もさらに秘湯感を盛り上げてますね!

まずは・・・冷やすものを天然冷蔵庫へ(笑)
イメージ 20  イメージ 21

そして、お部屋の準備が整うまで、2号館で自己紹介タイム~♪
イメージ 44
20名いらっしゃるので、それなりにお時間もかかりますね^^;

途中、ご挨拶に来られた館主佐藤さんを、飯出さんからご紹介していただきました。
それこそ、まだ冬季閉鎖をなさってた頃、何十年も前からのお付き合いだとか…。
イメージ 24
「お世話になります~!!m(__)m」

そして、お部屋へ…。
今回は、…本陣!
イメージ 25  イメージ 22

この風景…
イメージ 23

かまくらに火が灯り、徐々に青くなる色合いが、
イメージ 26

イメージ 27

なんとも言えぬ、劇場のステージを見ているかのよう。。
イメージ 28
門の外へ配膳されているのは、聞けば、
JRさん用の「隠れ本陣」があるのだとか。

とっぷり、藍色の世界。
イメージ 32
(photo by ARUGAさん)

さて。
18時からは母屋の広間のほうへ。
イメージ 29
相変わらず、ぴかぴかに磨き上げられた廊下…

今日はお座敷全部を使わせていただき、
イメージ 35

イメージ 42  イメージ 43

イメージ 30

真ん中の刈穂の『六舟』は、鶴の湯さんからの差し入れ…m(__)mアリガトウゴザイマス
秋田の銘酒刈穂、美味しかった!!
イメージ 37
左の飛露喜はTさんご夫妻から、右の朝日鷹は地元山形のさおきゃんから♪

鶴の湯名物山の芋煮鍋も、20人分だとこんなにたくさん!
イメージ 38  イメージ 36

鶴の湯さんのお料理は、体に優しいお味♥
イメージ 31
決して華美ではないけれど、私はこういうお料理も大好き!

外は…ただ、雪と闇と。
イメージ 33

イメージ 34
(2枚とも、photo by ARUGAさん)

そうそう、夜の露天風呂に、みんなで入りに行きましたよ♨
足元ぶくぶくの乳白色の硫黄泉に浸かり、ただひたすらのんびりと…

イメージ 39

イメージ 40

イメージ 41

実はこのひとときが、鶴の湯に泊まるうえで一番楽しいひととき☆
宿泊者だけの限られた人数で、
特に冬は湯温も低めになるので、ずーっとずーっと浸かってられる…♨

まさに、至福のひとときでございます。。

2日目につづく)

【そば五郎HP】→http://www.tsurunoyu.com/sobagoro.html
【鶴の湯HP】→http://www.tsurunoyu.com/