** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

仙人温泉小屋*富山県黒部市宇奈月町黒部奥山仙人谷 仙人温泉(せんにんおんせん)

(阿曽原温泉小屋からの続き) 


<奥黒部探湯行3日目>

朝7時半。

お世話になった阿曽原温泉小屋を後にする。 

f:id:seasonsgreetings:20210813231233j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210813231238j:plain

向こうに見えるあの山々を…

f:id:seasonsgreetings:20210813231241j:plain

今日は越えていくんですって…。。

f:id:seasonsgreetings:20210809222826j:plain

 

その名も『雲切新道』

f:id:seasonsgreetings:20210813231828j:plain

(引用元:仙人温泉小屋サイト

 

緑溢るる中を進み、仙人谷ダムに近づくと、

f:id:seasonsgreetings:20210813231244j:plain

何やらこんな山奥に似つかわしくない立派な建造物が。

f:id:seasonsgreetings:20210813231247j:plain

関電人見平宿舎、ここでいう「関電」は関西電力のことですね。。

私たちは、この建屋を右手に見ながら、仙人湯の方へ~

f:id:seasonsgreetings:20210813231253j:plainf:id:seasonsgreetings:20210813231250j:plain

 

「あの山を越えていくんだよ~」by飯出隊長

「えーーーーー!?」

f:id:seasonsgreetings:20210813231256j:plain

まずは旧日電歩道とやらを行く。

f:id:seasonsgreetings:20210813231302j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210813231259j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210813231305j:plain

「電車に注意」??

f:id:seasonsgreetings:20210813231308j:plain

わぁ…。

なんか、素敵な空間になってる。

もちろん、電車は通らず。

f:id:seasonsgreetings:20210813231312j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210813231315j:plain

建屋を抜け、何故かその建屋の屋上に上がり(笑)、

f:id:seasonsgreetings:20210813231321j:plain

仙人谷ダムを見下ろす。

f:id:seasonsgreetings:20210813231318j:plain

見事なエメラルドブルー!

f:id:seasonsgreetings:20210813231329j:plainf:id:seasonsgreetings:20210813231323j:plain

折角なので…一番見晴らしのいいところで、記念撮影タイム📷

ちょうど、仙人から降りてこられたスタッフの方とすれ違ったので、

撮っていただきました◎

f:id:seasonsgreetings:20210813231326j:plain

「こんなに楽しそうなお客さんが見えるなら、

 滞在を一日延ばせばよかったな…!」

そうおっしゃってくださった仙人温泉小屋のスタッフの御方、

ありがとうございます♡

 

そしていよいよ、これ↓↓

f:id:seasonsgreetings:20210813231256j:plain

を越えていくのですが…

↓こんな感じで…

f:id:seasonsgreetings:20210813234715j:plain

結構ハードだったため、この区間、写真ほとんど無し(笑)

f:id:seasonsgreetings:20210813231342j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210813231340j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210813231337j:plain

 

ちょうど2/3くらいまで上がったところ。

結構な急登(笑)

f:id:seasonsgreetings:20210813231346j:plain

朝7時半に阿曽原温泉を出て、お昼ご飯は11時。

既に3時間半歩いた換算、それでもこの山は越えられてない(^^;

f:id:seasonsgreetings:20210813231348j:plain

 

休憩後、また一歩一歩、歩を進め、

振りかえるとこんな山々。

f:id:seasonsgreetings:20210813231351j:plain

山の頂はもう少し!?

f:id:seasonsgreetings:20210813231354j:plain

尾根頂上、標高1,629m、この時点で14時。

f:id:seasonsgreetings:20210813231357j:plain

あとは、仙人温泉小屋目がけて降りていくだけ…!

f:id:seasonsgreetings:20210813231400j:plain

真正面の山の下腹に…目指す『仙人温泉小屋』がようやく…!

f:id:seasonsgreetings:20210813231409j:plain

「小屋覗きの木」、

木の間から、仙人温泉小屋がちょうどキレイに撮れましたよ☆

f:id:seasonsgreetings:20210813231406j:plain

近づくにつれ、温泉の気配…♨

f:id:seasonsgreetings:20210813231412j:plain

最後の難所? 渡渉(=川を渡ること)ポイント。

f:id:seasonsgreetings:20210813231415j:plain

 

「がんばれ!! あと60m(108歩です)」

f:id:seasonsgreetings:20210813231418j:plain

 

本当に108歩あったかどうか…覚えてないw

15時、兎に角『仙人温泉小屋』無事に到着!!

(阿曽原から7時間半後)

f:id:seasonsgreetings:20210813231450j:plainf:id:seasonsgreetings:20210813231421j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210813231423j:plain

 

「秘境仙人温泉」

…まさにその通り!!!

f:id:seasonsgreetings:20210813231427j:plain

大人数の私たちが泊ることになったため、

急遽手当してくださった小屋。

(ありがとうございますm(__)m)

f:id:seasonsgreetings:20210813231624j:plain

 

阿曽原→仙人は、流石に体力温存のため、後発隊でエントリー。

先発隊のみなさんは、12時半頃到着していた模様。

 

↓男性入浴中♨ 先発隊の衣類が所狭しと干されていますw

f:id:seasonsgreetings:20210813231453j:plain

 

お風呂は一か所。

時間により、男性タイムと女性タイムを分けて運営♨

f:id:seasonsgreetings:20210813231434j:plain

 

何はともあれ… まずはここまで目指してきた温泉へ!!

f:id:seasonsgreetings:20210813231437j:plain

…結構、熱い♨

泉質は、今、分析書を見てみたら単純温泉だった…

(文末に掲載あり)

こんな茶色で、鉄臭もありだったため、てっきり単純温泉以外かと…

f:id:seasonsgreetings:20210813231444j:plain

鉄分は、二価鉄が10.5gもありました◎

単純温泉って、やっぱ単純じゃないって、つくづく実感。

 

ちなみに、先発隊到着時(13時頃)の露天風呂。

f:id:seasonsgreetings:20210813231621j:plain

(photoby徒夢さん)

時間が経つにつれ、雲が多く出てるのが分かります。

f:id:seasonsgreetings:20210813231437j:plain


手書きの「湯温・水温データ」

先ほどの分析書は平成28年当時のものだけど、

これは平成25年当時のものらしい。

泉質=単純硫黄泉、と。

f:id:seasonsgreetings:20210813231618j:plain

単純硫黄泉とするなら、分析書上は、

総硫黄2mg/kg以上(厳密に記せば以下※のとおり)ないとダメですもんね、

(※硫化水素イオン×0.970+チオ硫酸イオン×0.572+遊離硫化水素×0.941、で2mg以上)

以前は分析書上も硫黄泉だったのかな?

温泉は、生き物だから、変わります。

それも、気付いて比較したところは、ほとんどが薄くなっていくように見受けられ…

 

さて、風呂上りには冷えたビール!

f:id:seasonsgreetings:20210813231226j:plain

この中から極上に冷えた一本を手に取り、

入り口付近の眺めのよい場所へ、おのずと皆が集まり、プチ宴会🍻

 

段々と、雲にまみれ、姿を消していく遠くの山々。

f:id:seasonsgreetings:20210813231459j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210813231505j:plain

 

お夕飯は、18時から。

f:id:seasonsgreetings:20210813231508j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210813231511j:plain

なんと! ちゃんと日本酒までありました◎

f:id:seasonsgreetings:20210813231514j:plain

おまけに、スペシャルでデザートのプリンまで…!

f:id:seasonsgreetings:20210813231517j:plain

 

19時頃、トワイライトタイムを見計らって、

食堂からこっそり抜け出し、野天風呂へ♨ 

f:id:seasonsgreetings:20210813231523j:plain

何とも言えない色合いですね…

f:id:seasonsgreetings:20210813231526j:plain

 

この夜は、小屋にみんなで雑魚寝状態で寝たのだけど、

夜中に、枕元で「ずっ…」と何かを引きずる音が…怖。

暗闇だし、確認しようがないし、

頭までお布団を被ってひたすら寝たフリ?をしていた私。。

目覚まし音が鳴って、あたりに電気が付き始めた頃(多分2時頃)、

隣の彩さんに、

「彩さん、私(コンタクトも入れてないので)目が見えないのだけど、

 そこに何か居ます…?」と摺れ音が鳴った方を指さす…。

彩さん「あ、カブトムシ」

緊張感も一気に溶けた瞬間でした…(^^;

 

朝、4時半の景色。

f:id:seasonsgreetings:20210813231532j:plain

確かこの日、仙人温泉小屋を出発したのは、朝3時。

未明にも関わらず、私たちが出発したころを見計らって、

小屋からサヨナラとエールのランプを振ってくれていた、

仙人温泉ご主人、スタッフのみなさん…

 

小屋覗きの木を越えて、見えなくなるまで、ずっと振り続けてくださってたな…

ほんと有難かった。。

「ちゃんと無事に、下山しますからね~!! お世話になりました!」

 

もうじき、夜が明ける…。

f:id:seasonsgreetings:20210813231542j:plain

 

朝の4時から、こんなに活動しているなんて… 

ホント今じゃ信じられない。。

f:id:seasonsgreetings:20210813231539j:plain 

そう、この日は、来た道(雲切新道)を戻って、

スタート地点の欅平まで歩かないと…!

 

朝ごはん(5時半)、

仙人温泉小屋で作っていただいたおむすびをいただく。

f:id:seasonsgreetings:20210813231545j:plain

さぁ、先はまだまだまだ…!

f:id:seasonsgreetings:20210813231548j:plain

 

「どこかで見たような景色…」

デジャブのような感覚になりながらも(来た道戻ってるんだからアタリマエか…)

あんな道、

f:id:seasonsgreetings:20210814004148j:plain
こんな道…

f:id:seasonsgreetings:20210814004151j:plain

そんな道…

f:id:seasonsgreetings:20210814004154j:plain

 

来た道を戻るってのは、

その先がどのくらいあるか想像が付いちゃうところがツライ…汗

f:id:seasonsgreetings:20210814004156j:plain

果てしない、体力と気力のアスレチックレース。。

f:id:seasonsgreetings:20210814004200j:plain

 

12時、お昼ご飯タイム。

 

f:id:seasonsgreetings:20210813231551j:plain

前泊の阿曽原温泉さんにお願いして、途中ピックアップさせてもらったもの。

ありがたやー。。

 

 

f:id:seasonsgreetings:20210813231556j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210813231559j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210813231602j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210813231606j:plain

f:id:seasonsgreetings:20210813231609j:plain

15時、行き道中で、極上の天然冷蔵庫だったポイントへ、ようやく!

f:id:seasonsgreetings:20210813231553j:plain

そこを越えたら、

f:id:seasonsgreetings:20210813231611j:plain

またひたすら水平歩道…(^^;;;

f:id:seasonsgreetings:20210813231614j:plain

 

いやー、流石にバテました。。

この時点で16時半。

f:id:seasonsgreetings:20210813231230j:plain

 

みんな、バテバテになりながら、

18時、ようやく欅平まで帰還!!

仙人温泉小屋を朝3時に出て欅平18時着まで、歩いた時間、延べ15時間!!?!!

 

スゴイよ、みんな!

スゴイよ、ワタシ!!(笑)

 

よくやったな… 後にも先にも、これ以上の山行は無いだろうな…

仙人温泉小屋、私たちが行った翌年2020年そして2021年と、

コロナ禍のため営業を断念…。

 

あの時期に、あのメンバーで行けて、本当に良かった!

今だからこそ、改めて実感。。

 

<当時の絵日記(Facebook)からの転載>

【黒部奥山探湯行♨まとめ】
山道を歩いた総時間、3日間で約32時間!
8/10♨欅平発9:50=>阿曽原着18:00(約8時間)
8/11♨阿曽原発7:20=>仙人着15:45(約8時間)
8/12♨仙人発3:00=>欅平着18:20(約15時間)
 ※欅平→仙人は片道直線約14km、往復実測は約30km、
  高低差は以下、徒夢さんの画像のとおり1,000m!

f:id:seasonsgreetings:20210814010613j:plain



よくやったな、私(笑)
そして、若手チームは除く同行のメンバーも、よくやった!!
(若手チームは朝飯前らしいw)


過ぎてみれば…あのツラくて厳しい試練も忘れるほどの、
楽しい写真&名湯ばかり(笑)
「黒部だったら、涼しかったでしょ?」と下山後にいただく反応もちらほら。
いやいや、日差しジリジリで暑いったらありゃしない(笑)
連日汗臭くなりながら、足を前へ前へと進めるしかない。
「なんでまた(山に)来ちゃったんだろ!?」と途中自問自答しつつ、
それでも今回は毎日名湯に浸かれることが有難い…!


ハードな夏休み強化合宿、
昨年に引き続き、飯出隊長にいざなっていただきました、
隊長! 今回もありがとうございました🥰


(追伸)
今回も全日、山歩き中は晴れ☀だったことをご報告いたします(笑)
一週間前に台風が立て続けに3つくらい発生したときは、
忙しい中、天気予報の速報見て「え!?」とかなり不機嫌になってたのですが(笑)
念力で全部吹き飛ばしましたww

 

(2019/8宿泊)

 

senninonsengoya.com

 

(続きは、祖母谷温泉へ) 

 

<温泉分析書>

源泉名:仙人湯 泉質:単純温泉 源泉温度:81.7℃ pH:3.25 

溶存物質:120mg/kg 加水あり(高温のため)/加温なし/循環なし/消毒なし

f:id:seasonsgreetings:20210813231447j:plain

 
#奥黒部探湯行 #仙人温泉 #仙人温泉小屋 #温泉