** Season's Greetings ** 湯楽粋笑

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

旅館 心乃間間(このまま)* 熊本県阿蘇郡南阿蘇 久木野温泉

雄大な阿蘇の裾野に、オトナな宿がひとつ。

『旅館 心乃間間』

 

阿蘇を望む展望スポットの、下に構えるこちらのお宿がそう。

f:id:seasonsgreetings:20220131062416j:plain

睦月に伺ったので、雪がなければすっかり晩秋な雰囲気。

f:id:seasonsgreetings:20220131062414j:plain

c/iは15時。こちらがフロント棟

f:id:seasonsgreetings:20220131062419j:plain

なにせ全部で10部屋のみなので、

c/i時にお客さまが集中しちゃった場合は、

寒空(笑)の下、おそとで待つしかないのでご注意を…。

 

恐らくはここ10年のお宿かと思いますが、(2013年7月オープン)

ここかしこ、なんだかレトロな調度品や欄間を発見…。

f:id:seasonsgreetings:20220131062424j:plain

調べたら、以前は熊本駅前にあった『藤江旅館』だったのだ、と。

そこが立ち退きお引越ししてくる際に、

使えるものは旧旅館から持ってこよう、となったそう。

f:id:seasonsgreetings:20220131065358j:plain f:id:seasonsgreetings:20220131065435j:plain

いいですね。

古きものには古きものならではの歴史と風格が備わっている。

この階段もそうなんですね、きっと…。

f:id:seasonsgreetings:20220131062624j:plain

 

c/i手続きを済ませ、コロナ禍ということもあり、この先はお客さまご自身にて。

いつものキャリーバックを持って、

さて…。

f:id:seasonsgreetings:20220131062426j:plain

雄大すぎて、ちょっとびっくりする(笑)

その広さ、敷地7千坪(!)。

この敷地内に点々と、10か所のお部屋があるらしい…。

団体さま、13歳未満のお子様のご宿泊はお受けしていない、大人な宿。

 

今回は、メゾネットタイプのお部屋をチョイス。

(ここだけ内湯と露天風呂とふたつ♨風呂があるため)

 

メゾネットはこの3部屋、『雲の音』『空の音』『星の音』

f:id:seasonsgreetings:20220131062428j:plain

どうもそのほかは、あの土豪?のなかにお部屋があるみたい…。

f:id:seasonsgreetings:20220131062438j:plain

 

「五感を聞き 山の声を聞く」

f:id:seasonsgreetings:20220131062431j:plain

こちらが『雲の音』入口。

f:id:seasonsgreetings:20220131062452j:plain

1階部分のリビング。

左て奥が露天風呂♨

f:id:seasonsgreetings:20220131062433j:plain

2階は寝室。

寝そべっても、雄大な阿蘇五岳が眺められるという……。

f:id:seasonsgreetings:20220131062356j:plain

寛ぎウェアは浴衣ではなく作務衣タイプ。

f:id:seasonsgreetings:20220131062440j:plain

なんだかんだ言って、

浴衣より作務衣のほうが圧倒的に寛ぎ度高いと思う今日この頃…。

 

アメニティ、シャンプーセットは『MIKIMOTO』のでしたね、

以前どちらかのお宿で見かけてから、二度目のお目見え。

f:id:seasonsgreetings:20220131062435j:plain

 

内風呂。

源泉温度が41.6度のため、加温かけ流し。

f:id:seasonsgreetings:20220131062442j:plain

露天風呂。

こちらも同じく、加温かけ流し。

f:id:seasonsgreetings:20220131062447j:plain

浴槽淵からあふれてませんが、

渕すぐ下に排水口があり、そこから流れてます。

 

1階リビングを外側(露天風呂側)から眺める。

f:id:seasonsgreetings:20220131062450j:plain

大浴場に行くわけでもないので、

ルームキーはひとつでOKね☆

f:id:seasonsgreetings:20220131062454j:plain

 

お風呂であたたまったあとは、夕食前の至福のお昼寝タイム。

f:id:seasonsgreetings:20220131062358j:plain

寝そべっても、この景色。

段々とトワイライト色に暮れていく阿蘇の空。

f:id:seasonsgreetings:20220131062400j:plain

 

食事処は、フロント棟まで戻出向いて、各個室にて。

f:id:seasonsgreetings:20220131062456j:plain

f:id:seasonsgreetings:20220131062459j:plain

 

ほぅ…。夕闇も綺麗ですね✨

f:id:seasonsgreetings:20220131062501j:plain

 

個室はちょうどいい広さ。

f:id:seasonsgreetings:20220131062503j:plain

御箸でいただくイタリアン=カトラリーは御箸とフォークのみ◎

 

アルコールメニュー。

ワイン、泡も完備。

f:id:seasonsgreetings:20220131062511j:plain

f:id:seasonsgreetings:20220131062514j:plain

 

おしぼりにもくまモン登場。

お。ここは熊本だった…。と我に返る一瞬(笑)

f:id:seasonsgreetings:20220131062517j:plain

結局、甲州の泡をボトルで注文。

f:id:seasonsgreetings:20220131062523j:plain f:id:seasonsgreetings:20220131062535j:plain

f:id:seasonsgreetings:20220131062537j:plain

 

ディナーコースのメニュー。

f:id:seasonsgreetings:20220131062526j:plain

◆雲丹と蟹のロワイヤル&前菜いろいろ

f:id:seasonsgreetings:20220131062521j:plain

f:id:seasonsgreetings:20220131062519j:plain

御箸でイタリアン♬

f:id:seasonsgreetings:20220131062530j:plain

◆鮪のカルパッチョ

f:id:seasonsgreetings:20220131062533j:plain

◆ミネストローネ

f:id:seasonsgreetings:20220131062542j:plain

◆鶏肉とホタテのクリームソース リングイネ

f:id:seasonsgreetings:20220131062544j:plain

◆お代わりのバゲット(笑)

f:id:seasonsgreetings:20220131062546j:plain

◆お代わり二本目のロゼ泡

f:id:seasonsgreetings:20220131062548j:plain

◆鯛のソテー トマトソース

f:id:seasonsgreetings:20220131062550j:plain

◆黒毛和牛のステーキ トリュフソース

f:id:seasonsgreetings:20220131062553j:plain

◆チーズケーキとジェラート

f:id:seasonsgreetings:20220131062555j:plain

およそ2時間超、ゆったりとお料理とお酒を楽しませていただき。

お部屋に戻る頃には、とっぷりと漆黒の闇。

f:id:seasonsgreetings:20220131062557j:plain

…なんにも聞こえない。

聞こえるのは只、闇の音だけ。。

 

 

翌朝。

f:id:seasonsgreetings:20220131062559j:plain

お部屋で朝風呂&洗髪を済ませたあと、

朝食会場は昨晩と同じ場所にて。

f:id:seasonsgreetings:20220131062601j:plain

これまた朝から…

f:id:seasonsgreetings:20220131062604j:plain

たいそうなお料理…!

そうそう、言い忘れましたが…

"こだわりの調理法でシェフが創り出すコース料理は見た目も鮮やかで、

時にお客様を驚かせるほどのボリュームです"

↑これはほんと、嘘ではなかった!

男性でもおなかいっぱいになってしまうほどのボリューム。。

 

朝食なのに、鯛尾頭付き(笑)

f:id:seasonsgreetings:20220131062608j:plain

プチトマトが悶絶なくらい新鮮なサラダ。

f:id:seasonsgreetings:20220131062606j:plain

朝食なのに…ちゃんとデザートまで◎

f:id:seasonsgreetings:20220131062610j:plain

 

いやはや、おなかもいっぱい。

f:id:seasonsgreetings:20220131062613j:plain

昨日寄れなかった、あの展望テラスへ行ってみましょう。

f:id:seasonsgreetings:20220131062615j:plain

本当は足湯もあるらしいけど、今は停止中とか♨

f:id:seasonsgreetings:20220131062617j:plain

阿蘇五岳を眺めながら、足湯に浸かって御本を読んだり、ぼーっとしたり…。

楽しそう。。

f:id:seasonsgreetings:20220131062619j:plain

 

ちょうどこの一週間前くらいに、スマホを買い替えまして。

SONY大好きなもので、今回はXperia 1 III(マークワンスリー)SIMフリー版。

 

先達のARUGAさんにもいろいろお話をお聞きして、これにしました◎

キャメラに4段階の倍率が付いておりまして。

×0.7(広角)

f:id:seasonsgreetings:20220131062405j:plain

×1.0

f:id:seasonsgreetings:20220131062403j:plain

×2.9

f:id:seasonsgreetings:20220131062407j:plain

×4.4

f:id:seasonsgreetings:20220131062410j:plain

申し分ないですね…。

特に×0.7(広角)は、狭い浴室など撮るときに大活躍しそう◎

f:id:seasonsgreetings:20220131062412j:plain

 

 

c/oは11時。

f:id:seasonsgreetings:20220131062626j:plain

のんびり寛がせていただき、ご満足のc/o。

 

浴室、お部屋に分析書が無かったのでお願いしたところ、

c/oの際にいただけました◎(下段添付)

 

昔から熊本あたりは、部屋風呂(温泉)が付いているのに、

リーズナブルなお宿が多かったな…

昨今は相場並みにお値段も上がったのかもしれないけど…。

 

しかしながら…こののんびり感は、癖になりますね…。

お世話になりました、ありがとうございました🥰

 

<温泉分析書>

源泉名:久木野温泉

泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩温泉 

源泉温度:41.6度 pH:8.1 溶存物質:1,382mg/kg 

加水なし/加温あり/循環あり/消毒不明

f:id:seasonsgreetings:20220131062629j:plain

 

(2022/1/9宿泊)

konomama.jp

#心乃間間 #熊本県の温泉 #久木野温泉 #大人の宿 #お箸で食べるイタリアン