** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

「見えざるピンクのユニコーン」だけじゃなかった…希少酒ばかり!『新政だらけの会』byてるじいさん主催

週末の昼間に、都内にいることなんて、ほとんどないんです。

北に南に、湯湧く温泉地へ飛んでいるから…♨

 

でもたまたまこの日は、久しぶりののんびりした週末で、

ちょうどタイミングよく、てるじいさん主催の『新政だらけの会』が開催!

 

まずは…

◆天蛙(あまがえる)forウクライナ で乾杯☆

 

この日は、和食のシェフにお願いして和のお料理がテーブルに。

 

 

 

 

 

そして、お酒もあれやこれやたくさんの『新政』…

 

◆陽乃鳥(ひのとり)橘

 

 

◆茜孔雀(あかねくじゃく)22BY

 

 

◆見えざるピンクのユニコーン

 

実は今日はこれ狙いだった、と言っても過言ではない。。

通称「見えピン」と言うのだそうな…(笑)

貴醸酒、だったのね…。

 

◆異端教祖株式会社

 

このタイトル… どこかで見た覚えが。

そうそう、6号酵母サミットはなれin山形座滝波にて、

祐輔さんがたくさん並べてくださった中のひとつ!

その当時は「変わった名前だこと…」と思ってました…。

 

◆涅槃亀(にるがめ)橘

 

この涅槃亀、髪の毛が青くなってる…(笑) 橘ケンチさんに似せて?ますね、きっと。

 

◆涅槃亀(にるがめ)90%オーク樽(R1BY)/涅槃亀88%木桶(R2BY)

 

 

お隣に座ってくださっていたKさんが、「ほら」と見せてくれたこのキャップ。

「今は『新政』って名前入ってるの、ないからね」と。

 

もっと珍しいものも見せて頂きました◎

◆火の鳥

 

そう、これが『風の森』油長酒造さんのところの。

それも米焼酎。

 

新政の貴醸酒は今は『陽乃鳥』、だけどもその名前を使えず、

一時期『茜孔雀』という名前で発売(22BYから3年間のみ)。

理由は、既に『油長酒造』さんが『火の鳥』という商標名で米焼酎を作っていたから。

 

後に、油長の山本さんに快諾を得たことにより、

無事、新政で『茜孔雀』を『陽乃鳥』と元の名前に戻して、

世に出せることになったのだとか。

 

だから、この『火の鳥』米焼酎も珍しいけど(1985年蒸留!)、

『茜孔雀』という名前の付いた実質『陽乃鳥』も相当珍しい。

今日はこのふたつが並んだ、ということでそれもかなりレア!

 

そしていただいたお酒のボトルがこちら。

計13本を20名くらいでいただいたので、それほど量はいただいてませんよ(^^;

 

てるじいさん、希少な機会をありがとうございました!

またお日にちとタイミングが合えばぜひ…♡

 

#新政だらけの会 #新政飲み比べ #涅槃亀 #陽乃鳥 #火の鳥 #天蛙forウクライナ

#見えざるピンクのユニコーン #てるじい #新政 #秋田県の日本酒