** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

HATAGO井仙(はたご いせん)*新潟県越後湯沢温泉

金曜日の夜21時に都内を抜け出し~
 
イメージ 1
関越トンネルを抜けて到着23時。
ここは新潟県越後湯沢
 
『HATAGO井仙(いせん)』
イメージ 2
 
エントランスが宵闇に紛れてよく雰囲気がわかりませんが、
古くからあったお宿をリノベーションし、6年前に今のカタチになったとか。
 
イメージ 3
 
そう、私たちは23時にc/i。
 
そのままお宿のお風呂に入って寝て、目覚めたらそこは温泉地、と言う
金曜日をフルに利用した2泊3日の一種面白いお宿の利用スタイル。
 
この井仙さんは、それもやっています。

「温泉宿のくつろぎと、ホテルの便利さ気軽さがひとつになったお宿」
まさにそのとおり。
 
イメージ 4
 
とりあえず今晩は、まずはお風呂に入って~
 
イメージ 7
…と思ったらなんと、浴室の分析書の隣には、
循環ろ過表示が…orz
 
HPでは源泉かけ流しって謳っていたのに~っ!?!
 
今回は、お湯使いにはうるさいR氏同行の旅。
うぅう~、期せずして減点ポイントだ…(T_T) と気落ちしておりました。
 
たまにこういうのもあるけどしょうがないなぁ…と。
 
が。
 
実は大浴場だけ循環ろ過で、部屋風呂は生源泉掛け流しでございました◎
 
イヤなことがあったときは、とりあえず眠るのさ!ということで、
お宿のお布団に滑り込み、熟睡。。
 
そして、目覚めた土曜日の朝は、まさに温泉宿。
 
イメージ 5
お野菜の源泉蒸し♪ そして温泉たまご。
温泉宿ならでは、で良いですよね~
 
朝食なのに、メニューがちゃんと置いてあるのは親切♪
イメージ 6
お米は、魚沼産コシヒカリ塩沢地区限定一等米
 
まさに新潟ブランドをしょってたつ、
魚沼産の中でも真の魚沼産ですね。。
 
イメージ 8
つやつや、ふっくら!
塩だけでご飯がおかわりできちゃうほど(笑)
 
土曜日朝、起きたらそこは温泉宿のご飯だったって、
こんなにシアワセなことはないですね。。
それも魚沼産コシヒカリ…
 
さて。
シアワセは朝食をいただいたあとは、
c/oする訳でもないし、正直ヒマ・タイム(笑)
 
こちらの井仙さんは、1階に珈琲ショップと売店があるのです。
珈琲ショップは『水屋(みずや)』
 
イメージ 11
 
イメージ 9
テーブルが…恐らく蔵か何かの扉だったのでしょう、
重厚な感じ。
 
イメージ 16  イメージ 17
水だし珈琲は、温泉珈琲。
観光客もまだ来ない、9時~11時のゴールデンタイムを、
温泉プリン、温泉るうろなどをいただきながらゆっくり…。
 
イメージ 15
お隣の売店では、魚沼の名物が所狭しを並べられ、
お土産も選んでみるのも楽しい☆
 
イメージ 10
 
イメージ 41
このお塩、お土産用に買い求めてしまいました☆
 

11時を過ぎ、お部屋のお掃除も終わったようで、
いよいよ、楽しみだったお部屋に移動。
(前夜はこちらは空いてなかったのです)
 
イメージ 12
お部屋付きのお風呂。
イメージ 14
かえるちゃん(温度計)が計測中~ ちょっと熱めの44度くらい。
 
お湯使いは、もちろん、
加水なし、加温なし、循環ろ過なし、入浴剤なし、消毒なし、でございました◎
イメージ 13
(いやー、ほっと一安心(^^ゞ)
 
思い思いで湯宿の午後を過ごし、
待ちに待ったお夕食タイムは、
『魚沼キュイジーヌ むらんごっつぉ』にて。
イメージ 18
イメージ 19
 
どんなお料理が出るか…あまりチェックはしていかなかったのですが、
純和風でないことは名前からして明らか。
 
飲み物リストのなかに、
新潟のワイナリーのワイン3種を見つけ、
「ここはなんだかよさそうだぞ…」と。
イメージ 29
地産地消がブーム!?とは言え、
日本酒ならまだしも、ワインも地のものを置いているなんてすばらしい。
 
巻の、カーブドッチに隣接しているフェルミエ
魚沼の越後ワインをそれぞれグラスでオーダー。
 
イメージ 27
 
果たして、ワインに合うお料理が出て来るか…??
 
イメージ 30
トマトのジュレ、五郎丸茸煮、むかご、柿甘酢、そして、
中央の黄色いスライス状のものは、糸瓜
新潟意外ではあまり馴染みのない食材のようで~
 
イメージ 21  イメージ 22
                                      (右)くるみ豆腐
イメージ 23  イメージ 24
(左)日本海天然真鯛うしお汁 (右)新潟の鮎の棒寿司笹盛り
 
イメージ 32
 
イメージ 25  イメージ 26
(左)越の鶏と魚沼秋野菜の炊き合わせ  (右)本日の日本海天然鮮魚:のどぐろだったかも…。
 
 
そして、追加で注文した、牛ステーキ。
イメージ 20

イメージ 28
ご飯は、神楽南蛮炊きこみご飯だったかな~
 
イメージ 31
魚沼キュイジーヌ、本当に美味しく頂戴いたしました♥
 
そしてこの日は部屋風呂をひと風呂浴びて、
なんと21時には就寝、翌朝9時まで爆睡…zzz
 
イメージ 33
 
 
…そして二日目の朝。
 
明るいとよくわかりますよね、
なんと、向こうに見える灯りは越後湯沢駅。
 
到着した新幹線の車体の色まで見えますが、
でも、静かなもんです◎
 
イメージ 34
 
朝ぶろ浴びて~♨
イメージ 35
 
二度目の朝ごはん。
イメージ 36
 
やはり今日も、朝ごはんにも献立がちゃんと付いている!
イメージ 37
やっぱりお米は魚沼産コシヒカリ塩沢地区限定一等米。
(あ、この時期は9月中旬でしたが、この土地の刈入れは10月以降とのこと~
新米狙いでしたら、もう少し遅めを狙われた方がよいです…)
 
イメージ 38
越後の山々がとても美しいです。
 
金曜の夜に車飛ばして2時間で着く温泉地、越後湯沢。
 
そして、魚沼の土地ならではの美しい景色を眺めて、
美味しいものをいただく…。
 
普通の土日で二泊三日並みの寛ぎが楽しめるならば、
こういう旅もアリと思います☆
 
※詳しくは、以下井仙さんサイトでご確認ください。
 
【HATAGO井仙(いせん)HP】→http://hatago-isen.jp/isen/
 
2011.9.16~18訪問です)
雰囲気★★★
お風呂★★★  源泉温度55.2度 泉質:アルカリ性単純温泉 pH7.9 成分総計755.17mg/kg  
お食事★★★★
お値段★★★★   PRICE:一泊目8,400円 湯治の間
          二泊目18,000円 翔(部屋風呂あり)夕食代5,000円別
総 合★★★★
 
(分析表)※翔の部屋風呂に掲示してあったものです。
イメージ 39
 
イメージ 40