** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

中房温泉*長野県安曇野市

29本分の源泉の分析書を持ってるけど、
そのうち26本しか(しか?笑)浴槽で利用してない、と言う温泉、
それが…
 
信州長野・安曇野の中房温泉。
(なかふさ、だと思っていたら、HPのURLは「なかぶさ」、濁るのが正解なのね…。)
 
以前、温泉ソムリエ友のまぜらんさんから、
「中房は~ 一泊二日じゃ全部回れない、連泊するくらいで行かないと~!」と言われていたのは、
やはり間違いありませんでした…。
 
 
最寄りの駅は松本駅で間違いないですが、
そこから~ バスに揺られて~
途中、大王わさび農園なぞにも寄っていただいて~(笑)
イメージ 37  イメージ 36
 
イメージ 1
 
山道をバスに揺られて約1時間。
 
ひたすら標高高く登ること、
日本アルプスの中腹、海抜約1,500メートル。。
 
そこに、積雪のために冬期休業になるお宿、中房温泉があります。
イメージ 2
6月に、丸の内朝大学・温泉ヒーリングクラスのフィールドワークで訪問♨
百瀬社長が迎えてくださいました◎
イメージ 20
 
イメージ 3  イメージ 4
日本秘湯を守る会の会員宿(提灯のお宿)でもあります。
気になる右側のちらしは…
 
イメージ 5
なんと、中房温泉の源泉を使った日本酒!!のご紹介♪
特別に試飲コーナーも♪♪
イメージ 19
もちろん、一本買って帰ってきたのは言うまでもありません。
(あ、まだ開けてないや…^^;)
 
お夕飯の時間までだいぶあるので…
まずは敷地内の湯めぐりを♨
イメージ 6
…たくさんありすぎです。。
まずは、この案内図を用いた説明を百瀬社長から~
 
イメージ 43  イメージ 42
 
そして、案内が終わると、蜂の子を散らしたがごとく、
チームに分かれて突撃!
 
『白滝の湯』
イメージ 21
 
このあとは、
『菩薩の湯』、『湯原の湯』、『岩風呂』。 

お夕飯前にこれだけ巡れば充分でしょう^^;
 
丸の内朝大学温泉ヒーリングクラス御一行様宴席(笑)
イメージ 7  イメージ 9
石井宏子先生の乾杯の音頭で、宴会開始~♪
 
今日のお料理で、期待していたもの、それは…
源泉地熱で蒸した、地鶏丸蒸しと
イメージ 8
 
イメージ 11
同じく温泉地熱で8時間仕込んだローストビーフ!(右)
イメージ 10
本日のメインディッシュです◎
地熱でこんなにローストビーフが美味しく出来るなんて…!
 
イメージ 12
ローストビーフが出る日と出ない日があるので、
HPで要チェックです!!
 
本日のお夕食のメニュー。
イメージ 13
さて。
イメージ 14

お夕飯を挟んで、『地熱浴場』 (これ、最高)、 
あたたかい地面にゴザを敷いて寝転がり、星空を眺める。。
 
忘れられないですね~、あれは。。
 
『月見の湯』、こちらも星空が綺麗に見えてお勧めです◎
(↓明るいときに見ると、こんな感じ 左:地熱浴場、右:月見の湯)
イメージ 27  イメージ 26
 
湯めぐりの後は、バーモモセ(笑)
ソガ・ペール・エフェス(右)は松本のお酒屋さんで見つけてゲット!
御湖鶴(左)も、こんなワインのようなエチケットで出しているんですね~
イメージ 16
 
楽しい夜は更け…
すがすがしい高原の朝。

イメージ 15
『プール風呂』の上にある、
おひとりさま専用『ねっこ風呂』から母屋を眺めます。
イメージ 17

プール風呂は、どなたかがおっしゃってましたが、
まっぱで泳ぐと気持ちがいいとか(笑)
イメージ 18
この朝燦々と光が降り注ぐときには、流石に泳ぐ方もいらっしゃいませんでした(^^ゞ 
 
朝ごはん。
イメージ 30  イメージ 31
 
このあとは、百瀬隊長とジョニー君の先導のもと、
焼山までハイキング!
 
イメージ 34
 
敷地内の源泉を説明しながら回ってくださる百瀬社長。
イメージ 35
 
イメージ 23

イメージ 24  イメージ 25
 
イワカガミ(左)                        クリンソウ(右)
イメージ 41  イメージ 40
 
イメージ 28  イメージ 29
焼山で焼き上げた食材を背負って下りていただき、
食堂でお昼ご飯。
 
バナナを蒸したのがちょっとイケてなかった以外は(笑)
ほかは美味しく蒸されてました◎
 

 中房温泉、
あと残すは『不老泉』
イメージ 22
イメージ 33  イメージ 32

イメージ 38  イメージ 39
 『御座の湯』(左・お湯張り中)、 『大湯』(右)  『滝の湯』などなど…
噂どおり、やはり一日では回りきれなった…。
うーん、これはまた来い、と言うことですね?(笑)
百瀬社長もおっしゃってましたが、
日本秘湯を守る会の11泊目御招待で、年間200名以上いらっしゃる!?とか!!
 
なるほどそれほどの魅力溢れる信州の秘湯、中房温泉。
紅葉の時期もこれまた美しいでしょうね、
次に足を運べると気が楽しみです*^^*
 
【中房温泉HP】→http://www.nakabusa.com/
 
【備忘録】
・分析書を取っているのは29本、浴槽で使用しているのは26本、残り3本は川原にある
・分析料は6万~9万/源泉1本あたり+登録料(数万円)が掛かる
・浴槽は全部毎日清掃している(!)
・装置を使ってお湯を冷ますにしても65度未満にはしない、65度未満にするとレジオネラ菌が発生するから
・日本秘湯を守る会の加盟宿200軒弱あるが、36年間で16,000名が11泊目の無料ご招待に選んでくれた
・中房温泉は昔ながらの湯治場ではなかった、松本藩の命により明礬を採取するためであり、
 その明礬は生糸を晒すときにつやを出すのに使われた
・別府の明礬温泉より生産量は高かった
・こんにち使われている明礬は、中国や韓国製であり、科学的に造られたもの
・自家製野菜を作っている
 
(2011.6.4-5訪問です)
雰囲気★★★★  
お風呂★★★★    ※目に出来るものはすべて「単純硫黄温泉」、
                しかしながら源泉温度などやはり全部違うようです。
               ※源泉が29本あるため、以下画像添付の源泉名山の神のものを記載。
                源泉温度95度 泉質:単純硫黄温泉 pH9.1 成分総計708.9mg/kg 
お食事★★★     ※地熱蒸しのローストビーフはお勧め! 特注料理で注文。
お値段★★★★    ひとりあたり13,000円~20,000円(一泊二食付き)
総 合★★★★
 
(分析書) 『ねっこ風呂』(源泉名:山の神)のものを代表で掲載します♨
イメージ 44