** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

花巴(はなともえ)蔵元見学と吉野杉ツアー2日目:花夢花夢→吉野の山で百年杉を切る→『美吉野醸造』蔵見学&蔵BBQ!→新大阪駅

 
1日目からのつづき)
 
おはようございます。
『花夢花夢』は残念ながら温泉ではありません。。
イメージ 1
 
活性石温泉とのことで、おそらく石が沈めてあるか、
ろ過されているか…。
イメージ 2
 
たしか、朝7時半頃。
さあ、吉野の山に向けて出発です!
イメージ 3
 
10.吉野の山へ
中型バスは途中まで。
そこからご一行様は歩きで。
イメージ 4  イメージ 38
 
そして、蔵元さんと、
湯守さんならぬ山守さんと一緒に、みなで吉野の山へ。
イメージ 5
 
脈々と、何百年も前から続く林業の世界。
イメージ 6
 
今日、一本の吉野杉を切ります。
イメージ 8
 
橋本杜氏も見守ります。
この伐採された杉を使って作った樽で、
お酒を醸す、というプロジェクトの一環です。
イメージ 7
 
山守さんが、ふたりひとくみで。
前々からしるしをつけておいた百年杉にロープを結わえ。
イメージ 9
 
 
切り倒された百年杉があったところは、
その分だけ空がぽっかり見え。
イメージ 10
 
3年後、この杉で造った樽で、蔵元さんはお酒を醸します。
 
杉を切ったあとは、感謝の念を忘れずに、
御神酒とお塩と米を備え、森に祈ります。
イメージ 11
 
木を切るって、こういうこと。。
吉野の山で百年杉を切る。
百年前に、きちんと植えてくれたご先祖様があってのこと。
今まで触れることがなかった、林業の奥深さを体感しました。
 
11.美吉野醸造@吉野町
さて、いよいよ、花巴の美吉野醸造さんの蔵見学へ!
イメージ 12
 
その名も吉野川の川沿いにあり、
リバービューの眺めも良いし、広々のんびりできる雰囲気。
イメージ 13
昔使っていた吉野杉の樽、でしょうか。
大小さまざま。
 
イメージ 14
 
イメージ 15
 
橋本杜氏が丁寧にご説明してくださいます。
イメージ 16
 
印象に残った説明をいくつか。
 
・酒米は1時間の限定吸水
・普通の室より蒸し暑く設定しており、除湿器ではなく加湿器を使用
・麹は総破精づくり
・杉は水分を吸収し、蓄える性質がある
・酵母はいないとダメだが働きすぎないようにする
 
そうそう、花巴さんは、「酵母を添加せず、蔵付酵母で造って」います。
水酛(みずもと)のタンクを覗かせていただきましたが、
…チーズの匂い!
 
「発酵」という同じカテゴリを経過するから、
当然と言えば当然のような気もしますが… うーん、深い。。
 
 
そして、蔵見学のあとは、楽しすぎる蔵BBQ~♪
お肉は阿波牛、お野菜は前日に『まほろばキッチン』で調達したものばかり!
イメージ 17
 
お酒は…もちろん花巴!
イメージ 19
 
イメージ 18
あれ? なんだか見慣れない銘柄まで。
「蔵王桜」?
イメージ 22
 
 
イメージ 20
阿波牛やらなにやらを、どんどんじゃんじゃん焼いて行きます。。
イメージ 25
 
KIRAZのおふたりがシェフを~♪
(ありがとうございますm(__)m)
イメージ 26
 
イメージ 27
 
炊きたてのご飯は、なんと雄町☆
イメージ 21
飯米に比べると、どちらかと言うとさばさばした感じ。
でも、美味しい!
 
差し入れで参加者の方から五條の富有柿まで…!
イメージ 23
達筆ですね。。
そして、美味しい柿!
(飲兵衛さんにはもってこい!(笑))
イメージ 24
 
美味しく楽しい時間はあっという間に過ぎゆきて。
イメージ 28
 
イメージ 29
 
それぞれ電車の時間に合わせ、
蔵を後にする時間が来てしまいました。。
 
イメージ 30
 
吉野川の対岸から、美吉野醸造さんを見る。
イメージ 31
 
徒歩15分?くらいで、六田駅。
イメージ 32
 
ここから新大阪駅まで戻ります。
イメージ 33
 
新大阪駅まで小一時間ほど。
 
新幹線出発の時間まで、駅構内で『ねぎ焼やまもと』をいただいたり(笑)、
イメージ 34
 
イメージ 35
 
なぜか『今井』のきつねうどんまで食べちゃったりしながら、
イメージ 36
東京行の新幹線を待つ。
 
あの十三の『ねぎ焼やまもと』が新大阪駅改札内で食べられるとは、
いい時代になったものです。。
 
そうそう、
美吉野醸造さんでお土産にいただいた、
『こばし餅店』さんのやき餅!
イメージ 37
予約をしないと買えないお餅だとか。
 
焼き過ぎない餅皮、上品な味のあんこ、
粒あん嫌いな私も、細かい小豆皮は気にならず。
 
うーん、確かにこれは美味しい。。
 
美味しいものに恵まれ、
日本古来のいろんな産業を学び、
木の良さに触れ、個性的な蔵元さんにも見学に行けた有意義な奈良・吉野の旅、
コーディネーターの加奈さん、
そして、みなみなさま、大変にお世話になりました。
 
3年後、あの杉で造った樽酒を、
また皆でいただけることを願って…。
 
いろいろとありがとうございました^^☆
 
(花巴(はなともえ)蔵元見学と吉野杉ツアー、おしまい)
【美吉野醸造HP】→http://www.hanatomoe.com/
【ねぎ焼やまもとHP】→http://www.negiyaki-yamamoto.com/