** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

寒の地獄旅館*大分県玖珠郡九重町寒の地獄温泉

 

たぶん、おそらく…

誰もが真冬に行こうなんて絶対に思わない温泉、

それがこの『寒の地獄(かんのじごく)』

 

何故だか、呼ばれるように、なんとなく、予約してしまったのです、

日本秘湯を守る会のサイトから。

 

今回はレンタカーは使わず、公共の交通機関で移動。

大分空港→由布院駅前バスセンター→熊本行の途中「くじゅう登山口」で下車

f:id:seasonsgreetings:20200308175859j:plain

 

徒歩750m(しかしながら若干の上り山道(^^;))

 

f:id:seasonsgreetings:20200308180558j:plain

 

 時は子年お正月三が日。

うららかに陽がさしている間は全然寒さも気にならず。

 

f:id:seasonsgreetings:20200308214915j:plain

 

この玄関にたどり着く道と平行に、左側にこんな白い川が。

f:id:seasonsgreetings:20200308215146j:plain

 

いやー、これだけでも、温泉好きはワクワクするってもんでしょう(笑)

例の、あの修行風呂から流れてきている冷泉の川。

 

 名物のあの寒い修行風呂は、夏季(7~9月)限定

f:id:seasonsgreetings:20200308215021j:plain

 

大丈夫、今回はそのお風呂目当てじゃないし~

沸かし湯もあるって聞いてるし、貸切家族風呂もあるって聞いてるし~

 

f:id:seasonsgreetings:20200308215343j:plain

 

通していただいたお部屋は2階、

窓からは先ほどの冷泉の川が見えます♨

f:id:seasonsgreetings:20200308215427j:plain

 

一服お茶をいただいたら、さ、探索タイム♪

冷泉は夏季限定とは書いてあったけど、自噴のお湯は止まってないはず…♨

 

f:id:seasonsgreetings:20200308215537j:plain

 

水汲み場もほら、やっぱり冷泉流れてるし~

修行風呂のほうは… ああ、やっぱり温泉は溜まっているね~

f:id:seasonsgreetings:20200308215639j:plain

 

!?!?

よく見たら。

f:id:seasonsgreetings:20200308215735j:plain

 

誰も浴槽に入らないものだから、温泉成分が表面に浮き、

更に、自噴のぶくぶくの泡がそこに溜まっている!!

f:id:seasonsgreetings:20200308215817j:plain

 

マニア魂、狂喜乱舞(笑)

 こりゃー、スゴイモノ見ちゃった~♪♪♪

 

ん? では反対側は??

f:id:seasonsgreetings:20200308215917j:plain

 

うひゃー!!!♡

ナンダコレハ!?!?(笑)

f:id:seasonsgreetings:20200220004016j:plain

 

 こちらはこちらで、湯の花が大量に浮遊~♪

f:id:seasonsgreetings:20200308220641j:plain

 

真ん中の仕切りから、左右の湯舟を眺めるとこんな感じ。

f:id:seasonsgreetings:20200308220113j:plain

 

なんで左右違うんでしょうね、

自噴している量の差か、流れ出る温泉の量か、

真ん中下はつながっているので、微妙に湯舟に傾斜があるのか…。

 

興奮冷めやらず、ひとり小躍りしながら部屋に戻り、

浴衣片手に、普通に浸かれるお風呂のほうへ~

f:id:seasonsgreetings:20200308220405j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200308220414j:plain

 

男女別のお風呂はこちら、

左手前の小さな四角は冷泉(源泉)そのまんま♨

f:id:seasonsgreetings:20200308220444j:plain

 

 貸切風呂は全部で3つ、それぞれ趣も異なり。

f:id:seasonsgreetings:20200308220659j:plain

 

もちろんこちらはちゃんと加温浴槽なので、あったまれます◎

 

浴室へ向かう途中に、囲炉裏端。 

f:id:seasonsgreetings:20200308220801j:plain

 

くるくるっと回してみてよく回るものなら、もう立派な固ゆで玉子。

近くの井戸水で冷やし、そのままお部屋へテイクアウト。

f:id:seasonsgreetings:20200308220816j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200308220911j:plain

 

お夕飯前にもう一度、あのワクワク感を味わいたくて修行風呂に。

そしたら…

ちょうど対流が起こっていて湯の花が一部、回転している感じに。

f:id:seasonsgreetings:20200308221009j:plain

 

たまたまそこにアヒル隊長ゆるり~を置いてみただけなので、

隊長は全然回ってないのですが(笑)、ちょっと面白い絵になりました◎

 

お夕飯時前の、トワイライトタイム。

f:id:seasonsgreetings:20200308221425j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200308221544j:plain

 

お食事は、昼間は『夢見る豚食堂』として営業されている、食事処にて。

f:id:seasonsgreetings:20200308230232j:plain

 

囲炉裏卓、それも周囲のお客様とは程よい距離感が取られており。

そして、このお品書き…!

f:id:seasonsgreetings:20200308222201j:plain

ビバ! おつまみコース✨

f:id:seasonsgreetings:20200308221716j:plain

 

では、お酒のメニューは?と思ってみたら、

「日本酒リスト お得な飲み比べセット 600円」

f:id:seasonsgreetings:20200308222446j:plain


え? この銘柄ぞろいで3種で600円ですか!?

それもこの、大分の(失礼ながら…)山の上の温泉宿でこのラインナップですか!?!?

 

嬉しい誤差に、温泉に引き続き更に小躍り(笑)

まずは湯上りにビールで喉を落ち着け、

f:id:seasonsgreetings:20200308222754j:plain

 

早々に日本酒を注文。

これは二度目の日本酒オーダーの(笑)

f:id:seasonsgreetings:20200308222720j:plain

 

ええ、もちろん、全種いただきましたとも◎

少しずついろいろ試せて嬉しかったし、美味しかった~♪

f:id:seasonsgreetings:20200308222843j:plain

 

ほか、ワインのメニューもたくさんありました、ご参考まで~

f:id:seasonsgreetings:20200308223112j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200308223133j:plain

うーん。。

ワインもリーズナブルで美味しそうなものばかり…

きっとお酒が好きな方がいらっしゃるのですね。。

 

「この日本酒のラインナップ、すごいですね!」と中居さんにお声掛けたら、

「若旦那のセレクトなんです」と。

なるほど… 若旦那、グッジョブです!!

 

もちろん、お酒にあうお料理の数々も、本当にゆっくり、

味わい楽しみながらいただけました◎

 

<あまご塩焼き>

f:id:seasonsgreetings:20200308222924j:plain

 

<九重夢ポークとハーブ鶏盛り合わせ>

f:id:seasonsgreetings:20200308222943j:plain

 

<九重鶏卵茶わん蒸し、オマール味噌を添えて>

f:id:seasonsgreetings:20200308222959j:plain

 

<茸土瓶蒸し>

f:id:seasonsgreetings:20200308223010j:plain

 

お部屋から。

夜のライトアップも綺麗です✨

f:id:seasonsgreetings:20200308223031j:plain

 

あー、新年早々、いい湯・いい酒・いい宿に巡り合えました♡

この一年、いい湯縁・酒縁がありそう~♪

(おやすみなさい…。)

 

翌朝。

f:id:seasonsgreetings:20200308223457j:plain

 

貸切風呂で朝湯をいただいてから、

f:id:seasonsgreetings:20200308223535j:plain

 

食事処で朝食を。

f:id:seasonsgreetings:20200308223600j:plain

 

c/oまでまだ時間もあるので、

最後にまた、修行風呂を観察しに。

f:id:seasonsgreetings:20200308223937j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200308223956j:plain

 

あ、このタオルの色、霊泉をおんなじ色だ♨

f:id:seasonsgreetings:20200308223548j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200308224029j:plain

 

名残惜しいですが、このあたりでお別れを。

f:id:seasonsgreetings:20200308224051j:plain

 

お世話になりました! ありがとうございました♨

f:id:seasonsgreetings:20200308224105j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200308224137j:plain

 

そうそう、こちらのお宿、ちょっと変わったプランがあります。

〔注目プラン〕一宿一飯の恩義★お手伝いお願いします!1泊2食付宿泊が最大タダ♪

この作業をお願いします!
 ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
温泉を加温するための【薪割】及び【運搬(軽トラック使用)】
※当館では、環境に配慮し、二酸化炭素排出量削減のため
  薪ボイラーによる温泉加温を行っております。
1:旅館敷地内にある木材置場に玉切りされた木を薪割機で割る
2:割った薪を軽トラックへ積み込む
3:薪小屋へおろす
ここまでの一連の作業をお願いします!

お手伝いの報酬は…?
 ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
軽トラック1台分の薪割・運搬につき、2,160円を宿泊料からお値引いたします。
※1名様無料となるには、軽トラック7台分を運んでいただくことになります。
 7台分はきつい!という方は、1台分~できる分だけで結構です。

ご確認ください
 ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■ 薪割機、軽トラックの操作・運転方法は、スタッフよりお伝えいたします。
■ 運転免許をお持ちでない方は、スタッフが軽トラを移動させます。
■ 特に危険な作業ではありませんが、万が一のけがなどの責任は負いかねます。
■ 当館でつま先鉄板入りの長靴及びゴム手袋をご用意いたします。
  汚れてもよい、作業しやすい服をご用意ください。
■ チェックインは15時からですが、作業は10時から可能です。

■ 当日雨などで作業できなかった場合は…?
 ┗ 後日作業に来ていただければ、
   作業分の割引チケットもしくは現金にてキャッシュバック!
 ┗ 作業はキャンセルして、正規料金にてご宿泊もOK!

 

ここ↓↓で作業するんですね~!!

f:id:seasonsgreetings:20200308224150j:plain

 

ご興味あって、体力ある方! ぜひトライを!(笑)

 

帰りは、来た時と逆の行程で。

バス停「くじゅう登山口」まで徒歩9分ほど→由布院駅前バスセンター

 

『寒の地獄旅館』、

再訪したいお宿にズバリランクイン!です。

 

随分前に一度、夏に修行しに来たけど(立ち寄り湯)、

そのときはやっぱり、14度の冷泉と言えども、

薬効成分のせいでもっと冷たく感じると言われるせいか、浸かってられなかったもんな~。。

 

冷泉に浸かる→スト―ブで薬効成分を乾かす→また冷泉に浸かる…を繰り返すのですが、 

f:id:seasonsgreetings:20200308225009j:plain

その昔は、この霊泉で病を治しに来る方々が多かったのですね。。

  

フラワーマンさん曰く、「日本一楽しくない混浴」とはまさにここのこと!(笑)

(注:混浴と言っても、水着着用です)

 

夏じゃなくても楽しめる霊泉、それが『寒の地獄旅館』、

お酒好きにも、温泉マニアにも、お薦め致します♨ 

 

kannojigoku.jp

www.hitou.or.jp

 

(分析書)

f:id:seasonsgreetings:20200308225238j:plain

 

#寒の地獄 #寒の地獄温泉 #日本酒が楽しめるお宿 #日本一楽しくない混浴