** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

淡島ホテル*静岡県沼津市淡島温泉(現:ウィンダムグランド淡島)

 

2019年7月、ちょうどお引越し騒ぎでバタバタしていた頃、

I部長から情報をお聞きし、「近場だし、ゆっくりしにいくにはいいかもね」と、

予約をお願いした『淡島ホテル』

 

静岡県沼津市の淡島という小さな島にある温泉付きリゾートホテルで、

お風呂から富士山が眺められるのだ、と。

f:id:seasonsgreetings:20200425012729j:plain

東京駅から踊り子号に乗車

東京駅から12時発の踊り子号に乗って、三島駅まで。

そこからお願いしていた送迎バスに乗り込み、約30分ほど。

f:id:seasonsgreetings:20200425012732j:plain

ゴージャスな観光バス仕様の送迎バス。

バスに揺られ、途中出たり隠れたりする富士山を眺めつつ、

船着き場まで。

船着き場?

f:id:seasonsgreetings:20200425013017j:plain

 

そう、ここでもうお荷物を預け、

f:id:seasonsgreetings:20200506182659j:plain

 

あの船に乗り込みます。

f:id:seasonsgreetings:20200425012739j:plain

 

目指すはあの島の鼻先。

f:id:seasonsgreetings:20200425012736j:plain

 

ラブライブ!』のキャラクターが船内あちこちに。

どうやら「聖地」のよう。

f:id:seasonsgreetings:20200425012750j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200506182706j:plain

 

船に乗っている時間はわずか5分ほど。

洋上に出たら、富士山がひょっこり雲の中から姿を見せました!

f:id:seasonsgreetings:20200425012742j:plain

 

おー、これは確かに絶景!

あのピンク色の、『ハレクラニ』みたいなのが今回のお宿『淡島ホテル』

全室スイート仕様。

f:id:seasonsgreetings:20200506182702j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200425012905j:plain

  

玄関ロビー。

f:id:seasonsgreetings:20200425012756j:plain

 

調度品や絵画なども飾られており、ほんと、ゴージャスなリゾート気分。

f:id:seasonsgreetings:20200425012903j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200425012908j:plain

 

お部屋はこちら。

f:id:seasonsgreetings:20200425012820j:plain

 

流石全室スイート仕様と謳うだけあって、広々、ゆったり。

f:id:seasonsgreetings:20200425012816j:plain

 

この窓の向こうはベランダ。

f:id:seasonsgreetings:20200425012801j:plain

 

確かに富士山、裾野までよく見えます◎

f:id:seasonsgreetings:20200425012804j:plain

 

でも実は、ここでネタ晴らしをしちゃいますと…

裾野は富士山ではありません(^^;

f:id:seasonsgreetings:20200425012833j:plain

 

ちょうど雲がかかっていたので気づいたのですが、

上の頭部分は富士山、下の部分は手前にある別の山のもの、なんですね。

ちょうど富士山のシルエットが手前の山をすっぽり覆っているような格好です。

f:id:seasonsgreetings:20200425012837j:plain

 

部屋風呂からも富士山、眺められます、

これはこれで絶景◎

f:id:seasonsgreetings:20200425012812j:plain

 

 

折角なので、ベランダでお茶タイム。

f:id:seasonsgreetings:20200425012830j:plain

 

そういえば、予約をお願いした際に、靴のサイズを聞かれたのでした。

淡島は小さな島(一周 )なので、ジョギング等なさる方も多いのだとか。

f:id:seasonsgreetings:20200425012835j:plain

 

よって、お部屋にはスウェットと、

お知らせしたサイズのジョギングシューズがちゃんと用意されてました。

f:id:seasonsgreetings:20200425012810j:plain

 

海岸線2.2km、確かにあっという間に巡れちゃいそう。

f:id:seasonsgreetings:20200425013014j:plain

 

うーん、今回はひとまず、お部屋でゆったりプランでくつろぐことにしよう(笑)

f:id:seasonsgreetings:20200425012807j:plain

 

さて、こちらのホテルに来たのは、温泉も目当て。

なかなか情報も少なかったので、興味もあり。

f:id:seasonsgreetings:20200425012840j:plain

淡島温泉

大浴場は男女別二か所。

そして、内風呂と、それぞれ露天風呂。

f:id:seasonsgreetings:20200425012842j:plain

 

露天風呂は、結構なワイルド感(笑)

f:id:seasonsgreetings:20200425012845j:plain

 

これは…高波の時は湯舟は洗われちゃいますね…

そして、この露天風呂から眺める富士山は… 

f:id:seasonsgreetings:20200425012849j:plain

 

おー! 絶景◎

f:id:seasonsgreetings:20200425012852j:plain

 

なかなかの壮大感。

肝心の泉質は、海際のため正統派の塩化物泉。

源泉33度(これは極上の不感温度帯…✨)、湧出量は少ないと思われ、

加温加水循環ろ過のフルコース♨

だけど、二価鉄が入っていたり、メタケイが入っていたり、

源泉的には面白そうな感じがするのだけどなぁ…。

 

 

さて、お夕食は三択から。

和食、洋食、鉄板焼き。

折角なので、お薦めの洋食=フレンチのフルコースで。

ドレスコードあり(男性ディナー時ジャケット着用)

f:id:seasonsgreetings:20200506182709j:plain

 

ワインもあれこれありますが、1本頼んでも2人で開けるには途中で飽きちゃうので、

レストランではいつも、グラスでお料理に合わせてオーダーを。

f:id:seasonsgreetings:20200425012919j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200425012915j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200425012926j:plain

アミューズ

 

f:id:seasonsgreetings:20200425012931j:plain

静岡県産豚肉とロースハムのゼリー寄せ 香草風味緑野菜のクリュディテを添えて

 

f:id:seasonsgreetings:20200425012934j:plain

とうもろこしのフランにひじきと枝豆をあしらって淡島オリジナルコンソメとともに

 

f:id:seasonsgreetings:20200425012938j:plain

沼津市場より届いたカサゴポワレ、柑橘・胡瓜・メロン香るソース

 

f:id:seasonsgreetings:20200425012945j:plain

国産牛フィレ肉のグリル レフォールソース

f:id:seasonsgreetings:20200506173152j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200425012948j:plain

桃のコンポートとラベンダー香るジュレの泡 ヨーグルトのソルベを添えて


いいお席でゆったりと、美味しいお食事とワインをいただきました。

温泉宿で和食じゃないのも、いいですね^^

 

翌朝。

f:id:seasonsgreetings:20200425012950j:plain

富士山は隠れたまま

朝風呂をいただきに。

そうそう、I部長から「停泊している漁船が居るから注意!」とアドバイスを。

なるほど、確かに(笑)

 

一応、HPにはご注意として、以下の文言もありました。

駿河湾は漁港がございますため、漁船が通行することがあります。何卒ご了承くださいませ。

f:id:seasonsgreetings:20200506182655j:plain

 

真面目に漁をしていると言えばそれまでだけど、

露天風呂の真ん前に付けてなくても、ねぇ(笑)

ずーーーっと位置が変わらなかったこの漁船さん、記念にアップしちゃいますw

 

ちなみに…公式HP(当時)に掲載されていた絶景露天風呂はこんな感じ。

f:id:seasonsgreetings:20200425013025j:plain

 

素晴らしくワイルドですよね…。

 

 

朝ごはんはこちらで。

f:id:seasonsgreetings:20200425012900j:plain

 

ホテルの朝は、朝シャンから。

f:id:seasonsgreetings:20200425013002j:plain

 

生搾りジュースは、全部で7種類くらいはあったかと。

f:id:seasonsgreetings:20200425013008j:plain

 

ホテルの玉子料理は大好き!

オムレツがあれば絶対頼んじゃう。

オムレツは桜エビとチーズをほんわり薄い卵皮でくるりと。

f:id:seasonsgreetings:20200425013010j:plain

 

この時期、テラス席でいただくのもお薦め。

小鳥さんが遊びに来てました。

f:id:seasonsgreetings:20200425013005j:plain

 

 

c/oの11時まであたりを散策しつつ、のんびりと。

f:id:seasonsgreetings:20200425013017j:plain

 

ホテルの方と会話させていただいたときに、

「富士山、綺麗に見えてよかったですね、数日ぶりに顔を覗かせました」と。

確かにこの夏も、なかなか悪天候に悩まされたときが多かった記憶も。。

 

帰りもまた、船に乗って船着き場まで。

f:id:seasonsgreetings:20200425013021j:plain

 

本当は島内には、

青いトンネル、淡島マリンパーク、カエル館など、

無料で楽しめる施設も多々あったようですが、

今回はお引越しの続きもやらないとだし、そのまま帰宅プランで。。

www.marinepark.jp

 

帰りは三島駅から東海道新幹線で、13時には既に自宅に。

東京⇔三島、ゆっくりしたのに、自由になる時間がたくさんあり、

なんだかおつりが来たような気分。

 

また、お土産でいただいたホテルメイドのフルーツケーキ、

予想していたパウンドケーキのお味と全然違う。。

甘すぎず、むしろ軽く、くるみやナッツ、ドライフルーツがざくざく!

f:id:seasonsgreetings:20200425012724j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200425012727j:plain

 

多忙な日々のなかの、優雅で一時の休息となる滞在となりました。。

I部長、その節はありがとうございました!

 

余談ですが、この絵日記を起こすのにHPをチェックしたところ…

ウィンダムグランド淡島』として2020.3.26にオープン、と書かれていました。

 

確かに訪問したのち、12月にこんな記事が出ていて、おや?と気にしていたのですが、

mainichi.jp

記事のなかにもあるとおり、

当時既に別の法人がこの『淡島ホテル』自体を経営されていたようで、

特段の問題なしとあったのでほっとしていましたが、

3月に、名前も新しく『ウィンダムグランド淡島』として再スタートを切られたようです。

 

スタート早々、シンコロ騒ぎで大変だと思いますが…

ご縁あればまた伺ってみたいリゾート地です。

wyndhamgrand-awashima.com

 

(分析書)

f:id:seasonsgreetings:20200425012857j:plain

 

#旧淡島ホテル #淡島ホテル #淡島温泉 #ウィンダムグランド淡島 #静岡県の温泉 #のみ不可