** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

みくりが池温泉*富山県立山町室堂平(立山黒部アルペンルート)

 2018年7月、飯出隊長に引率いただき、

温泉好きなら誰もが一度は憧れる、高天原温泉(たかまがはらおんせん)へ行ったその足で、

疲れた体を休めるべく、「頑張った!わたしたち!」のご褒美を自らに与えるべく、

お休みが取れる有志で再び上った、標高2,410mにあるみくりが池温泉

 

歩いてしか行けない(それも2日間歩かないと行けない)秘湯中の秘湯、

高天原温泉への絵日記はまだあげてませんが(笑←頑張ってあげます)、

なんとなくこちらを先に思い出してしまい…♨

 

みくりが池温泉へのオプショナルツアーを希望したのは7名のみなさま、

飯出隊長、風子さん、彩さん、恭子さん、鹿さん、ARUGAさん、私。

f:id:seasonsgreetings:20200524230841j:plain

立山駅から室堂(むろどう)までのケーブルカー往復切符、一名4,310円!

お!いいお値段(^^; でもクレカ使えたので大丈夫(笑)

7名分、ニコニコ立替払いです◎

 

f:id:seasonsgreetings:20200524230837j:plain

 ついさっき、この立山駅からの最終ケーブルカーの時間に間に合わせるべく、

標高2,000m級の山から下りてきたというのに、また2,000mを上る!

f:id:seasonsgreetings:20200524230421j:plain

 でも、今回はラクチンケーブルカー♪

歩かなくっていいって、登らなくていいって、こんなに天国だとは…。。

 

美女平に着くと、そこからバスに乗り換えて室堂まで。

f:id:seasonsgreetings:20200524230424j:plain

 途中、ニュースでしか見たことのない、この雪の壁が、

7月だというのに、まだ残ってた!!

f:id:seasonsgreetings:20200524230427j:plain

 室堂駅に着いたら、「みくりが池温泉」の看板目指して歩いていきます。

f:id:seasonsgreetings:20200524230430j:plain

結構道はガタガタ(石畳)なので、

間違ってもヒールで来ちゃだめですよ…。

f:id:seasonsgreetings:20200524230440j:plain

歩くこと、15分くらい?

あれに見えるが、みくりが池温泉

f:id:seasonsgreetings:20200524230437j:plain

気づけば西の空は夕焼けタイムに向けての準備。

雲海が…美しい。。こんな綺麗な雲海を見たのは初かも。

f:id:seasonsgreetings:20200524230433j:plain

 

右手前に湖が見えてきました、これが「みくりが池」。

f:id:seasonsgreetings:20200524230448j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200524230451j:plain

雪解け水を湛え、しかもまだ雪も漂い、湖の水は果てしなく青い…。

もう少しで目的地。

到着しました!みくりが池温泉

f:id:seasonsgreetings:20200524230458j:plain

左手が眺めの良いビューテラスみたいになっていて、

地獄谷が眺められます。

f:id:seasonsgreetings:20200524230454j:plain

 

お部屋はシンプルに、こんな感じ。

f:id:seasonsgreetings:20200524230502j:plain

何はともあれ、

陽が沈む前に、山歩きで疲れたカラダを温泉で溶かしましょう…。

f:id:seasonsgreetings:20200524230508j:plain

造成泉なんですね。

そして途中で泉質が変わったのかな? 単純酸性泉に塗られてますね…。

f:id:seasonsgreetings:20200524233103j:plain

 

お夕飯タイムは2回転目の19時から。

f:id:seasonsgreetings:20200524230831j:plain

正直、こんな標高2,400mの山頂では、山小屋級のお料理なんだろうな、と

少々覚悟?はしていたのですが、なんと。

 

食堂に行くと、食卓は賑やか!

f:id:seasonsgreetings:20200524230512j:plain

そして、本日のお品書きが黒板に。

f:id:seasonsgreetings:20200524230521j:plain

めちゃテンションも上がります↑↑

数日間山小屋生活だった私たちに取って、本当に舞い上がっちゃうほど嬉しい✨

このお料理なら、もれなく頼んじゃいますよ~ 生ビール🍻

f:id:seasonsgreetings:20200524230525j:plain

みんなで、「お疲れさまでした~!!」

f:id:seasonsgreetings:20200524230529j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200524230554j:plain

「標高2,400m 日本一高所の温泉 みくりが池温泉

f:id:seasonsgreetings:20200524230550j:plain f:id:seasonsgreetings:20200524230548j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200524230545j:plain f:id:seasonsgreetings:20200524230542j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200524230537j:plain f:id:seasonsgreetings:20200524230533j:plain

ふと、目を外にやると、綺麗なトワイライトタイム!

三日月も左上に🌛

f:id:seasonsgreetings:20200524230559j:plain

 

今日のこの日の一杯のために…!

f:id:seasonsgreetings:20200524230556j:plain

 私たち、頑張りました!

…なんかビール会社の宣伝みたい(笑)

 

お夕飯、1回転目だった方は、飲み物を手に、

ビューテラスでのんびり、湯煙眺めながら、

夕焼けの空の色が変わるのを眺めるってのも、いいですね☆

f:id:seasonsgreetings:20200524230603j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200524230606j:plain

 

そうそう、お夕飯、お料理もご満足だったのですが、

富山も酒処、地酒の飲み比べ、それもこの3種が置いてあったのには目がハート♡

f:id:seasonsgreetings:20200524232952j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200524230609j:plain

 

夜は、快適なお布団でぐっすり寝たのは言うまでもありません。。

 

翌朝。

f:id:seasonsgreetings:20200524230633j:plain

既に本日のお夕食のお品書きが書かれている…

そして、今晩のお夕飯も美味しそう(笑) ←もう下山して帰るけど…。残念。。

f:id:seasonsgreetings:20200524230636j:plain

朝風呂。

窓の向こうはすがすがしい高地の青空。

f:id:seasonsgreetings:20200524230620j:plain

 

下山のケーブルカーの時間は余裕を持って設定していたので、

それまでの間、近隣の温泉巡りを♨

f:id:seasonsgreetings:20200524230819j:plain

歩きはじめたら、上空をヘリコプターが。

f:id:seasonsgreetings:20200524230645j:plain

昨日までの4日間、ヘリを見るたびに「乗っけてってくれ~~」と何度叫んだことか(笑)

 

f:id:seasonsgreetings:20200524230649j:plain

『らいちょう温泉雷鳥荘』が見えます。

f:id:seasonsgreetings:20200524230651j:plain

まずここにたどり着くまでに、

結構な硫化水素エリアを通り、

f:id:seasonsgreetings:20200524230700j:plain

立山連峰にチャレンジする人たちを横目に、

f:id:seasonsgreetings:20200524230657j:plain

高原の花々を楽しみ、

f:id:seasonsgreetings:20200524230703j:plain

 

雷鳥沢ヒュッテ

f:id:seasonsgreetings:20200524230809j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200524230719j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200524230710j:plain

 

 

そして最初に見えていた、

♨らいちょう温泉雷鳥

f:id:seasonsgreetings:20200524230731j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200524230728j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20200524230725j:plain

 

ゆっくり行って帰って、3時間ほど。

f:id:seasonsgreetings:20200524230735j:plain

また『みくりが池温泉』まで戻ってきて、そこでランチタイム。

夕食・朝食をいただいた食堂と同じところで。

f:id:seasonsgreetings:20200525002017j:plain

f:id:seasonsgreetings:20200524230518j:plain

私は、「生ビールげんげセット」と「白エビラーメン」

f:id:seasonsgreetings:20200524230740j:plain

げんげ?

深海魚なんですって。それも美容効果が高い栄養素が含まれているという…。

ラーメンに乗っている白エビは、素揚げ状態でON。

f:id:seasonsgreetings:20200524230747j:plain


一泊二日三食、お世話になりました!

みくりが池温泉さん。

f:id:seasonsgreetings:20200524230813j:plain

みくりが池温泉売店で売ってるグッズは結構よさげなのが多くて。

結局4点くらい買ったかな? 

登山用靴下、モンベルと共同制作のみくりが池Tシャツ(紺)、

手軽に背負えるビニールバック、そして、「みくりが池温泉てぬぐい」。

f:id:seasonsgreetings:20200524230639j:plain

そう。

ここで買ったカワイイ温泉マークの「みくりが池温泉てぬぐい」で、

手作りマスクを作ろう!と思い立った時に、

折角だから、このみくりが池温泉オプショナルツアーに参加した人たちに

記念にあげよう!と、ふとアルバムをひっくり返したのがきっかけ。

 

二年前、こんなステキな山歩きをしてたんだな…

マスクを作ろうと思わなかったら、シンコロでSTAY HOMEになってなかったら、

思い出すきっかけもなかったかもな…。

そんな偶然な紐解き。

 

今はシンコロの影響でみくりが池温泉はじめ、ほかのお宿も休業中の模様。

あのとき、ここはまた来たいな、と思ったところ。

f:id:seasonsgreetings:20200524230754j:plain

避暑に今年、行くのもよいな…。


<立ち寄り湯>

www.raichozawa.net

www.raichoso.com


<宿泊> 

www.mikuri.com

f:id:seasonsgreetings:20200524230823j:plain

 

<分析書>

f:id:seasonsgreetings:20200525003614j:plain

(引用元)※写真を撮り忘れたので以下サイトからお借りいたしましたm(__)m

onsennews.com

 

#みくりが池温泉 #日本で一番高所にある温泉 #立山黒部アルペンルートの温泉 #立山の温泉 #雷鳥荘 #雷鳥沢ヒュッテ #らいちょう温泉 #みくりが池