** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

<today's tasting>『新政(あらまさ) R/S/X type』新政酒造@秋田県秋田市

<today's tasting>

『新政(あらまさ) R/S/X type』新政酒造@秋田県秋田市

f:id:seasonsgreetings:20200702223306j:plain

 

日本酒LOVERなら泣く子も黙る(笑)、清酒酵母のイヴ6号酵母発祥蔵、新政酒造。

ちょうどこのオフィシャルサイトに掲載されている、

№6(ナンバーシックス)を掲載順に上からいただきました◎

www.aramasa.jp

この瓶はR1BYですが、

少し見ない間に、瓶のカタチが変わった??

蔵元さん、凝ってらっしゃいますもんね、

事務所ではデザイナーさんが、社長さん(祐輔さん)のお隣にいて、

すぐ指示を出すとすぐデザインに起こしてくださるんですって!

 

こんなスタイリッシュなのに、造りは驚くほどの古典派!

伝統の生酛造り、6号酵母、全量秋田米、いくら磨いていようが「純米酒」表記、

それに、木桶造りにも力を入れ。(№6は温度制御タンクですが)

 

お味のほうは… 全然古典的ではないですよ…✨

少なくても、「日本酒=おじさんくさい!」なんてのとは究極の対象にあるテイスト。

 

でももしかしたら、造りが古典的ということは、大昔はこの味だった!?

そうだとしたら、かなりショーゲキ的。。

 

左から、Regular、Superior、eXcellent

私はやはり、Rtype(Regular)が好みだわ、と再認識した今回の飲み比べ。

 

<6号酵母のお話>

6号酵母の特徴=発酵力が強く、香りはやや低くまろやか、淡麗な酒質に最適

時は戦前、大事なお米を一粒たりとも無駄にできない時代。

従来の西の銘醸地発祥の酵母たち(1~5号)より極めて優秀な寒冷地酵母として、

昭和10年から「きょうかい6号」として販売。

その結果、1~5号酵母は必然的に頒布廃止となった。

近年の遺伝子解読により、8号は除き(野生酵母)、

6号以降の酵母はすべて6号の突然変異が証明された、という、

まさに「清酒酵母のイヴ」が6号酵母

 

<参考>頒布中止となった「きょうかい酵母
1号 桜正宗@兵庫  明治39年  濃醇強健
2号 月桂冠@京都  明治末  くい切りよく濃い酒
3号 酔心山根本店@広島  大正3年  特になし
4号 (不明)@広島  大正13年  経過良好
5号 賀茂鶴@広島  大正14年  果実よう芳香

 

さ、あと1本、もうひとつの№6が手元にあります。

f:id:seasonsgreetings:20200702232136j:plain

賞味?期限付きの日本酒です、
H-type、今月中に飲まないと…(^^;

 

www.aramasa.jp

#新政 #№6 #きょうかい6号 #ナンバーシックス #きょうかい酵母 #aramasa