** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

貝掛温泉(かいかけおんせん)*新潟県南魚沼郡湯沢町三俣

越後湯沢駅の、にぎやかでないほうの出口(東口)から路線バスに乗り、

貝掛温泉バス停まで。

あらかじめ、乗るバスの時間をお伝えしておくと、

バス停まで送迎車で迎えに来てくださいます◎

徒歩でも約10分ほどでお宿に着くようですが、如何せん山道…。

間違っても雪積る冬場には、歩こうなんざ思わない方が身のためです。。

 

ほどなくこの建て構え。

『貝掛温泉』、日本秘湯を守る会の加盟宿です♨

 

ロビー。

ほんとはこの手前、入り口すぐのところに、

いつも米俵がどん、どん!っておいてあるのだけど、

それはどうやらmyキャメラに収め忘れたみたい(^^;

 

"酒蔵見学 開催決定!! 前泊し、酒蔵へ。"

そう、私たちはコレに申し込んだのです。

冬の造りの時期に、魚沼の蔵元さんに見学に行けるなんて…!

(このときは、一般では見学不可の『鶴齢(かくれい)』青木酒造さんでした!)

 

以前は、ど平日にしか開催されてなかった気が。

コロナ禍の影響もあり、宿泊するお客様自体が少なくなったから?か、

土曜日設定はやはり有難い。。

 

御着きのお茶と、ひとくち笹団子。

そう、笹団子、あのグラマラスなボディのサイズではなく(笑)、

このくらいのひとくちサイズがちょうどいいと思う。。

 

何度か訪れているお宿だけど、意外といろいろお部屋があるらしく、

今だ同じお部屋に泊まったことはない。

『史の間』=ふみのま、と読んでよいのかしら。

 

この日は、越後の若旦那とRieさん、私の3人の飲ん兵衛チーム(笑)

二間続きのお部屋をリクエスト。

 

c/iするまでの間、湯沢駅の『ぽんしゅ館』やら、『タカハシヤ酒店』やらで

アブラを売っていたこともあり、予定より1時間ほど遅いc/i。

早速にお風呂籠を手に、大浴場へ。

 

貝掛温泉は、目にいい温泉。

目玉おやじもほら、このとおり。

 

"毎朝9時半から10時半はお風呂清掃の時間です ご入浴はご遠慮くださいませ"

…と言うことは、夜通し浸かれるってことですね、

このぬる湯の名湯に💕

左手の小さめの浴槽が加温浴槽、38度前後。

右手が源泉浴槽、36度くらい。

 

源泉温度が36.8度だから、ほぼそのまま浴槽に入れている、と言うことですね♨

 

露天風呂も付いていて、こちらの浴槽は小さいのがひとつ。

 

実は訪れたのは12月上旬。

正直、この時期の貝掛のぬる湯は寒いんじゃない…?と案じてたけど、

全然そんなことはない。

 

イイモノはイイ♨

加温浴槽にはほとんど浸からずに、

36度の源泉浴槽で、ずっとずーっと、とろけてましたもの。

 

とろけすぎて、おなかも減りました(笑)

いつもの玄関入り口右手の食事処ではなく、個室に通していただき。

 

何はともあれ… まずはビールで喉を潤す🍻

確か八海山ビール。

 

 

 

ビールグラスを空けてしまう前に、気になる日本酒をチェック。

「日本酒と癌」と言う、ミニコラム?も日本酒メニューに掲載あり。

そうそう! 実は日本酒って健康にも美容にもいいのよ…。

適量なら、ね☆

乾杯!

…この貝掛マーク、

ゆらゆら揺れてる感が、ぬる湯に漂ってる感と相まって、イイ感じ♡

 

お食事は続きます。

 

お宿名物、薬膳玄米粥。

「古来より 眼の湯治には肝臓・脾臓の治療からと云われております」

その臓器に良いとされる、クコの実、ニンジン、とうもろこし、さつまいも、いんげん、小豆、胡麻、上記食材をミネラル・繊維質を豊富に含んだ玄米で包み込んだ健康薬膳粥、南魚沼産コシヒカリの玄米を使用しています。眼を大切に…

 

 

 

デザートのコシヒカリアイス、真っ白ウサギの上に乗ってる赤い?耳は、

なんと柿の種!(笑)

考えてますね*^^*

 

さて、最近は…

おなかがいっぱいになってお部屋に戻ると、

漏れなくお布団ダイブするのが日課?に(笑)

 

手ぬぐいをアイマスクにして寝転んでいたら、

見てくださいよ、コレ!

越後の若旦那ことARUGAさん、そしてRieさんが、

寝ている私の横に多数の酒瓶を…!

 

迂闊に寝てもいられないわ、まったく…www

 

小一時間?小二時間?ほどお夕寝し、日付が変わる前には復活。

そしてまた寝る前に一浴♨

 

翌朝、反対側と交替となり、

こちらは広い露天風呂が。

この広い露天風呂、昔は混浴だったんですけどね…。

そんな時代、知っている人は居るかな(笑)

(photobyりえさん)

 

どばどば源泉投入されているところの湯温も、36度ちょっと。

すぐこの上に、源泉小屋が。

まったり朝湯を楽しんだ後、

朝ごはんは、夕べと同じ個室にて。

魚沼だから~ ご飯が美味しいのはアタリマエ。

新潟のご飯を知ってしまったら最後…🍚✨

もうフツーのご飯では満足できない…。

 

あ、そいえばこれ、ノドグロだったかも(笑) 

 

 

そうそう、目玉おやじ。

全部で何体あったんだっけな…。

 

その昔の絵日記で3か所、と記してあったけど(2016年の絵日記参照)、

今回は4か所は見つけましたよ!?

 

 

この最後の折り鶴が入っているのが、

2016年の絵日記にはなかったので、増殖したのか、

あるいは当時見つけられなかったのか…。

 

酒蔵見学には、お宿の送迎バスで30分ほど。

『鶴齢』青木酒造さんの蔵見学は、また別の絵日記でご紹介しましょう^^

 

デジタライズされた現代社会から、ほっこり抜け出して目の湯治へ。

新潟県越後湯沢(ある意味、東京都越後湯沢市とも…)

東京からアクセスもよいですし、特に眼に疲れを感じたら… お薦めのお宿です。

 

これからの時期、ぬる湯はたまらなく気持ちよいですしね(^_-)-☆

ぜひ、連泊して湯治へ~♨

 

眼を、大切に…。

 

(2021/12宿泊)

kaikake.jp

 

(温泉分析書)

源泉名:貝掛温泉 泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉 源泉温度:36.2度

pH:7.5 溶存物質:1,993mg/kg 加水なし/加温一部あり/循環なし/消毒なし

【正しい眼の荒い方】

露天風呂の湯口からどうぞ!

一、手のひらで湯を救い、目を大きく開き、湯に浸します

二、少し慣れたところで、まぶたを閉じて開いてを繰り返し。約1~2分がおススメ!

 

【写真撮影について】

↑↑この記載はお初かも…。すごく好印象✨

基本的にどなたもいらっしゃらないときに、キャメラに収めさせていただいておりますm(__)m

 

【館内案内図】

 

#貝掛温泉 #日本秘湯を守る会 #新潟県の温泉 #ぬる湯 #源泉かけ流し