** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

時の雫*神奈川県箱根宮ノ下温泉

まだ寒い3月の上旬に、行ってきました。

温泉宿のカテゴリに入れるにはちょっと色の違うお宿時の雫
『箱根吟遊』『武蔵野別館』と同系列のお宿です。

新宿駅から、ロマンスカーに乗れば、箱根はすぐ。
     イメージ 1
     旧式のロマンスカーですね~
     イメージ 2
     今回は残念ながら展望車は抑えられませんでしたが・・・(ロマンスカー先頭を狙える方法→こちら)

宮ノ下の駅で降り立つと、お電話でお願いしていた御宿の車が止まっています。

車で坂を上り5分くらいかな、お宿に到着です。
この日はまるで雲の上にいるかのような、霧雨。

お部屋に通してもらうと、いつもの景色より雰囲気のある、
どこか高地の・・・、そう、ウィンザーホテルにでも来たかのような眺め(いいすぎ?)。

          イメージ 3
          ウェルカムシャンパンが用意されてました◎

     イメージ 6
     りんごのきんつば。これ美味! 買って帰りたかったのですが販売はしていないようで残念、、

     イメージ 4
乾杯してひと息。
そしてチェックすべきは部屋風呂(笑)

こちらです。
     イメージ 5
     意外に広め! おっきなR氏でも足を伸ばして浸かれます♨

お風呂に浸かって、あがったらうたたねして・・・

お夕飯は18時から。
こちらはダイニングでいただきます。

     イメージ 12

ドレスコードはスマートカジュアルくらいかな、
ちょっとお洒落をして、オーベルジュのお料理をいただきましょう。。

     イメージ 7
     迎え椀。太刀魚の桜道明寺蒸し

     イメージ 8
     壱岐産本鮪 北海道留萌小平町水蛸 本日の沼津港直送鮮魚 北海道活バフンウニ 生海苔

     イメージ 9
     煮穴子の桜寿司 鞍掛豆のお浸し 炙り鱒の蕪菁巻き 鱒子を添えて

このお料理だと・・・日本酒かな?なんて話をして、
コンシェルジュにお伺いしたら、メニューに載っていないとっておきの一升瓶が三本!
     イメージ 10
     左から、福井黒龍の龍、愛知県の『美』、山形十四代龍の落とし子。

この中で私が知らないお酒は、『美』
ネーミング的にも惹かれましたので頼んでみました。

香りはとてもさわやかでエレガント、でも一口くちに含むと日本酒のガツンとくる力強さが!
この名前、そしてこの香りからはちょっと想像できません。
うーん、これは面白い。。お奨めしてくださるだけのことはある、ような、気がします*^^*

     イメージ 11
     日本酒にあう、いぶりがっこクリームチーズ巻き 敷いてあるのは朴(ほお)の木をお花型にカットしたものです。

     イメージ 13
     蟹爪 帆立 白舞茸 百合根 ベシャメルソースのグラチネ 蕾菜

     イメージ 15
     鮎並の和風フリット 巻海老 筍 蕗 菜の花 鍵蕨 桜花大根

     お凌ぎで、手打ち更科蕎麦 桜切り。桜の花が蕎麦に練りこまれています◎
     イメージ 16
     「まずはひとくち、水蕎麦で食べてください」と。
     イメージ 17
     ふうわり、桜の風味が広がります。

          イメージ 14
          メインを前に赤ワインを。

メインは、
本当はどちらか一種なのですが、どちらも美味しそうだったので、注文してしまいました(笑)

     イメージ 18
     足柄牛特性サーロインの塩釜焼き スロベニアの天日塩と北海道山わさびで・・・

     イメージ 19
     三陸活き鮑の踊り焼き 肝ソース(この肝ソースが絶品♥)


     イメージ 20
     水蛸の炊き込みご飯 楽窯炊き(南魚沼産こしひかり)、お吸い物は大山地鶏のつみれ汁

     そして、りんごのコンポートでフィニッシュ!

たくさんいただいてしまいましたが、
美味しいものをさらに美味しい魔法を掛けて、愉しく提供してくださいました◎

いい気分で、ダイニング手前にあるバーにも立ち寄り、
スピーカーから流れてくるLP版の音楽に耳を傾け、そして部屋へ~

     イメージ 21

もちろんぐっすり眠れたのは言うまでもありません。
忙しいときほど!温泉に逃げると、意外に規則正しい生活が送れちゃいますよね(^^ゞ

     イメージ 23

朝食は確か、ブランチにしてもらって10時のセッティングだったかしら。
モーニングはお部屋にて。
     
     イメージ 22

そしてまた温泉に浸かり、ひと寝入り・・・

大浴場的なものはこの館内にはないのですが、
もしお好みであれば、隣の武蔵野別館の大浴場が利用できます。
     イメージ 24

大浴場と言えば・・・『箱根吟遊』の大浴場がすごくいい眺めで気持ち良さそうなんですよね。。
以前行ったときは部屋風呂しか入らなかったので、また行ってみたくなりました。
 
 ★箱根吟遊→http://blogs.yahoo.co.jp/masumi_january7/17374406.html


(2010.3.6訪問です)
雰囲気★★★★  
お風呂★★★   源泉温度61.5度 泉質:ナトリウム-塩化物泉 pH8.2 成分総計1.251g/kg
お食事★★★★ 
お値段★★★   PRICE:33,600円(一泊二食付き) c/i15時 c/o12時
総 合★★★★
※わずか8部屋、全室温泉露天風呂付きのオーベルジュです。