** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

自在館(じざいかん)*新潟県魚沼市栃尾又温泉

温泉チャンピオンの郡司先生をしても、
「色からも匂いからも味から、浸かっても判別できない、分析表を信じるしかない」と言わしめる
ラジウム(放射能)泉・・・。

 

新潟に生まれ育った私は、
ラジウム泉の、この栃尾又温泉(とちおまた)にも何度か足を運んだことがあります。

 

まだ温泉たるやが何だか分かってなかった頃は、
「こんなにぬるい温泉、何が面白いんだろう?」と思ったり、
「スパ施設みたいに、エステとか、休憩室とかあったほうが面白いのに~」などと思ったり。

 

今思えば、なんと暴言を吐いていたことか、と。。orz反省

 

日本秘湯を守る会の会員宿でもある、この栃尾又温泉。

 

     イメージ 1
     ちょっと、群馬の法師温泉みたいな雰囲気もありますネ。

 

入り口をくぐると、
イメージ 2
なんともいい感じのロビーです。

 

宿泊客にはこのロビーで珈琲のサービスも。
向こう側の窓の下は、涼しげな渓流が眺められます。

 

新潟の山奥の温泉なのに・・・と言ったら失礼ですが、
結構、細やかなこだわりが伺い知れるお宿です。

 

たとえばスリッパ。
     イメージ 3
     サイズが3種類あるんですね。お子様用は別にちゃんとあります。

 

たとえば浴衣類。
     イメージ 4
     特大から小サイズまで。

 

それから、まくらカバーや襟布、シーツまで必要であれば棚から持っていってもいいようです。
ありがたいですね。

 

そしてお食事どころ。
実は、各日10組まで、希望すれば個室の食事どころ「野草庵」にていただけます。

 

例えば、足を曲げるのがちょっとしんどいお年寄りの方は、
座敷ではなく、椅子席の個室に~
          イメージ 5
          椅子に、ひざかけが用意されているのも心憎いです。

 

このほか、全10室、いろんなタイプの個室を用意されているようです。

 

お料理は地のものを使った、気取らないけれど美味しい新潟の山料理。
     イメージ 6

 

   イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9

 

     イメージ 10

 

     イメージ 11
     山菜の天麩羅。コシアブラ、大好きです♥

 

朝食も、さすが地元魚沼のこしひかり(・・・のはず)!
     イメージ 12

 

     イメージ 13

 

     イメージ 14

 

     イメージ 15
     ↑右上の『ラジウム納豆』、先日、日経プラス1にも紹介されていました。

 

温泉に浸けて吸わせてから発酵させて納豆にしたとのこと。
独特な納豆臭さがあまりない、粘りが出て味がまろやかになる、とのこと・・・。

 

もともと納豆は大好きなので私は平気ですが、
西の方の方々には、もしかすると市販の品より美味しく召し上がっていただけるかもしれませんね。


さて。

 

珍しく、建物、お食事と紹介してしまいました。

 

肝心の温泉はこちらから。
     イメージ 16
     大浴場「うえの湯」と「したの湯」

 

「うえの湯」がこちら。日帰りの温泉センターをそのまま、宿泊者用にも利用しています。
     イメージ 17

 

イメージ 18

 

     イメージ 19
「心得 大きな声は慎みましょう。静かに入浴したい方もいらっしゃいます。
 自分だけ楽しければよいというのはマナー違反です。ご協力ください。」

 

そう、ここ、栃尾又温泉では、四方にびっちりおばさまたちが居並んでいても、
話し声は聞こえません。

 

みな、静かに湯のぬるさと泡つきを楽しんでいます。

 

  郷に入れば郷にならえ。

 

ここに来たらぜひ、じぃっと、ぬるい湯に浸かり、泡つきを楽しんでください。

 

そして・・・「湯口の近くをゲットして、ミストを吸い込み」ました、ゆるり~です(笑)
     イメージ 20

 

(遠間師匠のツイッターより引用)
【温ソム情報35】「放射能泉」は「入ってよし飲んでよし」で浴用、飲用でも効果を発揮しますが、
一番よいのが「吸引」と言われています。湯口の近くをゲットして、ミストを吸い込みましょう。
http://www.onsen-s.com/n006bosyu.htm

 

「したの湯」は「うえの湯」より手狭です。
ここに人が居ないときに貸し切れたら、気持ちいいでしょうね~。。

 

          イメージ 21
          朝食前なのに人がいっぱいいらっしゃったので、湯屋の屋根のみ。。

 

     イメージ 22

 

          イメージ 23

 

貸切風呂もあります。

 

貸切露天風呂「うけづの湯」
     イメージ 24
     ※この画像のみHPからお借りしてきましたm(__)m

 

貸切風呂「たぬきの湯」「うさぎの湯」
※夜10時30分から翌朝8時までは貸切風呂ではなく男女別の一般浴室になります

 

          イメージ 25

 

          イメージ 26

 

この3つの貸切風呂は源泉温度30.2度なので、沸かして使用しています。

 

栃尾又に来たら、やっぱり浸かって欲しいのは、「したの湯」「うえの湯」、
こちらは源泉温度36度、ぬるい泡つきの湯をじっくりと・・・お楽しみください☆

 

これから暑くなる夏に、お奨めのぬるい温泉、栃尾又温泉自在館でした^^

 

【自在館HP】→http://www.jizaikan.jp/

 

(2010.5.22訪問です)
雰囲気★★★★  
お風呂★★★  源泉2つあり 泉質:単純放射能泉
お食事★★★ 
お値段★★★★★ PRICE:13,000円
総 合★★★★

 

https://travel.blogmura.com/onsen/img/onsen88_31.gif
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
http://www.tokyovalley.com/yahoo_blog/article/article.php
(分析表)※右下の+印をクリックすると拡大表示されます
↓「うえの湯」「したの湯」のものです。
イメージ 27

 

↓「うけづの湯」「たぬきの湯」「うさぎの湯」のものです。
イメージ 28