** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

まるみや旅館*宮城県東鳴子温泉

(2010.7.26 お風呂の画像を追加、本文追加しました)

いつもウィットの効いたコメントをくださるきくちゃん
実は、東鳴子『まるみや旅館』のご主人でいらっしゃいます◎
イメージ 1

イメージ 2
「ノジュール」と言う雑誌に、ご本人も掲載されてらっしゃいました!

『まるみや旅館』さんは生粋の自炊宿なので、
私たちのような夜大盛り上がりの人々は宿泊不可能ですが・・・^^;
素敵なお風呂と二種類の源泉をお持ちです。

(純重曹泉)(含食塩・ボウ硝-重曹泉)


きくちゃんの言葉。
「湯治は本来、療養ではなく娯楽。温泉を楽しみながら、
 心を解放することで事前に体も健康になっていくんですよ・・・・・・」

好きな時間に源泉かけ流しの温泉に浸かり、好きなときにご飯を食べて、好きなときに酒を飲む。

・・・いいですねぇ♨

そんなきくちゃん、全国の湯治宿めぐりをしてらっしゃり、
そのデータベースは数知れない・・・。

鹿児島の妙見温泉が好き、と言うのは私とぴったり好みが合います◎

昨年、雪の季節にお邪魔させていただいた際は、大変お世話になりましたm(__)m
きくちゃんに撮っていただいたお写真♪
     イメージ 3
     あのときはすごい雪でしたね~!

イメージ 6
鉄分を多く含んだ茶褐色の重曹泉。またの名を「味噌汁のような温泉」とも。

その名も納得、ここらへんは「赤湯」と呼ばれています。
寒い冬は加温するために町有源泉も注ぐのですが、夏は適温(少し熱め)のため、
町有源泉も掛け捨て(モッタイナイですが・・・)で、赤湯源泉100%!!

赤湯を楽しむならば、夏がお奨め、と教えていただきました^^

このままふぅっと溶けて、このお湯の中に滑り込んで行きたいですね。。
(注:このお湯(男湯の方)では、文字通り潜った方はいらしたようですが・・・)

     イメージ 7
     ケロリン桶も味噌汁!?成分でコーティング♪

     イメージ 8
     今日はこちらのお湯は透明でした・・・入れ替えたばかりだったのかな??

↑↑こちらのお湯で、先客のほねさん・なおさんと「ご無沙汰しております~♪」のハダカのご挨拶を(笑)

     イメージ 9

【まるみや旅館HP】→http://www.narukospa.com/marumiya.html
※日帰り入浴は受け付けてらっしゃいません(湯治のみなさまの寛ぎ優先のためです)

https://travel.blogmura.com/onsen/img/onsen88_31.gif
にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
http://www.tokyovalley.com/yahoo_blog/article/article.php
(分析表)※画像右下のプラス印をクリックすると拡大表示されます
イメージ 4

イメージ 5