** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

【山口・岩国】『獺祭』の旭酒造主催、「東京獺祭の会」参加♪

梅の花がほころぶ、2月17日。

イメージ 1

山口の山奥の小さな酒蔵、旭酒造さんの、
『東京獺祭(だっさい)の会』にご招待していただきました☆

イメージ 2

新潟で、あさひ酒造といえば、久保田で有名な朝日酒造さん。
山口で、あさひ酒造と言えば、獺祭で有名な旭酒造さん。
どちらも素晴らしいお酒を醸す蔵元さんです◎

イメージ 10

会場は、確か15時からの開始~
イメージ 13

イメージ 14

いろんな獺祭が、テーブルに所狭しと並べられてあります。。
イメージ 15

お手伝いでいらしている酒屋さんも多数~
イメージ 16

イメージ 17
このサーブのお皿、恐らくお醤油を入れるくぼみだと思いますが、
ちょうどこのグラスの足を入れるのにぴったり!
こういう使い方もアリですね♪

旭酒造の社長さん。
減反政策で酒米となる山田錦が作れないため、
お御酒が作れなくて困る、と訴えてらっしゃいました。

イメージ 18

国の減反政策とは、米の生産調整をおこなうための農業政策ですが、
酒造りに使用される酒米も政策の対象になっているという現状があります。
例えば獺祭に使用される米は全てが山田錦
その山田錦を旭酒造は今年、4万3千俵発注いたしましたが、残念ながら、受け取ったのは4万俵でした。
この度、旭酒造の社長・桜井は安倍晋三内閣総理大臣との会談の機会をいただき、
自由民主党本部まで足を運びました。
桜井は、安倍総理に対して、獺祭の売り上げが昨年度151%、今年度現在158%で伸びていることと、
弊社を含めた特定名称酒の伸びにより山田錦の需要が増えているにもかかわらず、
減反政策によって酒米の生産量が制限されている事実などを伝えました。
それに対し、安倍総理は「それはもったいない」と酒米不足に共感してくださいました。



獺祭や、今は押しも押されぬ、山口の銘酒。。
その発泡濁り酒は、海外にも輸出されているよう~

イメージ 3

イメージ 4

獺祭さん、このクリームラベルはお燗用なんですね。
イメージ 5


そして今回の目玉!
『獺祭 磨き その先へ』
イメージ 7

一体、山田錦をどのくらい磨いているの!?と言った感じですが、
いただいたお酒はまずはしっかり味わうべし…
イメージ 6

なぜなら…販売価格がこのお値段だからです(*_*)
イメージ 8

いいお酒を飲ませていただきました…m(__)m

ステージに飾ってあった、獺祭暖簾の下で記念撮影☆

イメージ 11

社長さんともツーショットで撮らせていただきました◎
いい記念になります(^_-)-☆


社長さんと、息子さん。
いい笑顔なさってらっしゃいます。
イメージ 9

「本日はありがとうございました。」
イメージ 12

「いえいえ、こちらこそお世話になりました、ありがとうございました!」

この地方での獺祭の会、いろいろなところで不定期?に開催なさっているようです。
会費は4,000円程度。
興味がある方はHPなどでチェックしてみてください☆