** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

旅館伊藤*宮崎県えびの市吉田温泉


宮崎は、実は今まで泊まったことがない県のひとつ。

京町温泉駅からタクシーで約10分の距離。
吉田温泉 『旅館伊藤』

イメージ 1

バス停に見えるこれは、この温泉街のオブジェ。
あちこち、温泉の案内板として活躍中~

イメージ 2

イメージ 3

このお宿に決めたのは、「のみ不可※」のお宿だったこと。
※「立ち寄り湯のみ」はダメよのお宿=つまり泊まれないとこのお湯には浸かれない

「山霧乃雫湯」と名付けられた、由緒あるお湯。
宮崎県指定傷病~の木の看板も目に付きます。

イメージ 5

「のみ不可」にしているのは、湯量も少ないから。
イメージ 4
分析表には湧出量は書いてないけど、地下5~6メートルから湧出しているのだとか。
源泉温度は27度。
ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉

加温・循環は致し方ありませんが、なんというか…肌に柔らかないいお湯♨

実はこちらも、ライオン湯口(笑)
イメージ 6

この「山霧乃雫湯」は貸切利用可、
ただし沸かしているので、入浴時間に制限あり。
朝の7時から夜の10時まで。
イメージ 7

こちらのお宿、のみ不可の温泉だと言うのはもちろん気になったところですが、
実はお料理も気になっていたのです…

イメージ 8

(左)黒豚陶板       (右)宮崎地鶏と鹿のお造り
イメージ 9  イメージ 10

イメージ 11  イメージ 12

(左)がんもどき    右の、鹿ん南蛮が良かった!
イメージ 13  イメージ 15

お酒は、『明月』。芋焼酎ね。
イメージ 14

(左)猪肉の塩焼き   (右)デザート
イメージ 16  イメージ 17

御飯も、このあたりで作っているものなのだとか。
イメージ 18  イメージ 19


朝食はこんな感じ~

イメージ 21

やはり御飯が美味しかった◎ 
イメージ 20

ぶりっとしたお魚も、お豆腐も◎
イメージ 23  イメージ 22


吉田温泉にある、旅館伊藤。
実は右手左手にそれぞれ共同浴場が。

イメージ 24

向かって右手のほう、『亀の湯』
ぬるめ、泡付き!の極上湯♨
イメージ 26  イメージ 25
なぜか、九州温泉道のスタンプ施設であったりもします◎
イメージ 29


もうひとつ、お宿向かって左手にある、『鶴の湯』も、
お宿でチケットを譲って頂き(c/o時に精算)
イメージ 30

イメージ 27  イメージ 28

こちらはまた、渋さ満点◎
しゃきっと熱い、潔い湯♨

つくづく、まだまだ知らないだけで、
いい温泉たくさんあるんだな、と実感。。

温泉をライフワークにすることは素晴らしいことだ、と郡司先生もおっしゃってましたが、
星の数ほど!?ある温泉、
その温泉を極められないところにまた、醍醐味があるのかもしれませんね。。


【旅館伊藤HP】→http://www13.ocn.ne.jp/~itou/

(2014.4.28訪問です)
雰囲気★★★
お風呂★★★     源泉温度27.3度 泉質:ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉 pH6.5 成分総計1,062mg/kg 
お食事★★★★    11,300円(一泊二食付き) 共同浴場入浴券は200円 ジビエなおつまみ料理の数々は魅力的
お値段★★★★   
総 合★★★

(分析書)
イメージ 31