** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

樅峰苑(しょうほうえん)*秋田県大仙市強首温泉(こわくびおんせん)

強首(こわくび)とは…ちょっとコワイ名前?

(由来は諸説あり、現在確認中…)

インパクト大!なその「強首」温泉に、

日本秘湯を守る会のお宿があると知ってから、気になって数年あまり。

 

『強首温泉 樅峰苑(しょうほうえん)』

f:id:seasonsgreetings:20211108013159j:plain

なんと立派な佇まい…

f:id:seasonsgreetings:20211108013155j:plain

大地主様の邸宅だったものを、旅館にしたのだと… 

圧巻…!

f:id:seasonsgreetings:20211108013157j:plain

木造2階建てのこの建屋は、大正6年(1917年)に完成したという。。

その204年後が、今のこの姿とは…!

f:id:seasonsgreetings:20211108013202j:plain

国の登録有形文化財というのも、納得の風格…

f:id:seasonsgreetings:20211108013205j:plain

樅峰苑の「樅」は「モミの木」の樅。

f:id:seasonsgreetings:20211108013204j:plain

クリスマスツリーのあの木、ですね🎄

何故、樅の木なのかは後述で。。

f:id:seasonsgreetings:20211108013220j:plain

フロント。

なんだかいろいろ「あったかなもの」が置いてあって、

強首の名前とウラハラに、賑やかな雰囲気。

f:id:seasonsgreetings:20211108013413j:plain

一方で、目を向こうにやると、この艶やかな長い廊下…!

f:id:seasonsgreetings:20211108013218j:plain

黒光り度合いが半端ない…。

 

お二階へ通していただき、

f:id:seasonsgreetings:20211108013216j:plain

お世話になるお部屋、『あじさい』の間

f:id:seasonsgreetings:20211108013207j:plain

二間続きの広めのお部屋。

キャメラに収める前に、飯出隊長が窓側席を陣取られてしまったので(笑)、

そのまま使わせていただいています(笑)

f:id:seasonsgreetings:20211108013214j:plain

 

f:id:seasonsgreetings:20211108013212j:plain

奥に…お布団部屋。

f:id:seasonsgreetings:20211108013210j:plain

まるで修学旅行チック!?(笑)

f:id:seasonsgreetings:20211108013438j:plain

6名様でもイケましたね。

 

お部屋でのお寛ぎもそこそこに、

温泉マニアの気になるモノはただひとつ、お風呂場へGo!

f:id:seasonsgreetings:20211108013225j:plain

この母屋を出て、向かって左側へ。

f:id:seasonsgreetings:20211108013222j:plain

こちらに宿泊者専用のふたつの貸切風呂が。

f:id:seasonsgreetings:20211108013227j:plain

 

日曜日宿泊だったこともあり、

他のお客さまもいらっしゃらなかったので、

ふたつとも拝見させていただくことに♨

 

『こもれびの湯』

f:id:seasonsgreetings:20211108013229j:plainf:id:seasonsgreetings:20211108013231j:plain

 

『大樹の湯』

f:id:seasonsgreetings:20211108013242j:plainf:id:seasonsgreetings:20211108013247j:plain

よく温泉本のモデルさんで登場されている(笑)、

おふたりにモデルになっていただきました◎

 

結局、足掛け1時間ほど?宵闇が落ちてくるまで、

薄緑色から、ライトが映えて黄金色に変わる極上湯に浸かっては、ふやけ…

 

湯上がりの身体を宵風で冷やしながら、

待つはお夕飯タイム。

f:id:seasonsgreetings:20211108013255j:plain

それにしても…

f:id:seasonsgreetings:20211108013356j:plain

さすが大地主様の館… 何から何まで、圧倒されっぱなし! 

f:id:seasonsgreetings:20211108013358j:plain

 

そして、私たち御一行様の食卓は

こんな立派な雰囲気のところにセッティングいただき…汗

f:id:seasonsgreetings:20211108013257j:plain

何はともあれ、お風呂上りにはビール🍻

f:id:seasonsgreetings:20211108013307j:plain

 

本日のメニュー ↓痛恨の手振れ。。

f:id:seasonsgreetings:20211108013305j:plain

 

これが名物の「川蟹 (モクズガニ) かにみそ甲羅焼」

f:id:seasonsgreetings:20211108013259j:plain

ちびちびいただくに、これはまさしく日本酒のアテ!

 

f:id:seasonsgreetings:20211108013303j:plain f:id:seasonsgreetings:20211108013309j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211108013311j:plain f:id:seasonsgreetings:20211108013301j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211108013348j:plain f:id:seasonsgreetings:20211108013352j:plain

 

美味しそうなベリー色に惹かれ、『横手大沢葡萄ラガー』もオーダー。

f:id:seasonsgreetings:20211108013346j:plainf:id:seasonsgreetings:20211108013313j:plain

 

酒処秋田県、ここ『樅峰苑』も例に漏れず、

実は日本酒メニューが豊富

(文末にアルコールメニュー掲載あり)

 

地酒飲み比べセット(1,100円~)なるお手軽なものがあり、私は以下をオーダー。

『刈穂』銀千樹/『千代緑』酒こまち

f:id:seasonsgreetings:20211108013354j:plain

 

飯出隊長が、撮影用に最後のひと品が揃うまで手を付けてなかった品々、

記念に撮らせていただきました(^^;

f:id:seasonsgreetings:20211108013350j:plain

 

楽しく美味しく、

秋田のお料理と秋田の地酒をゆっくりと皆でいただいたあと、

お部屋へ…。

 

夜は夜で酒宴が繰り広げられ、結局、ひとり、ふたり…と脱落(笑)し、

奥のお布団部屋へ消えゆき…

枕投げをすることもなく、おとなしくみなさま、ご就寝zzz

 

翌朝。

こちらは内風呂。

f:id:seasonsgreetings:20211108013406j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211108013408j:plain

こうやってみると、上質の蕎麦茶色。

黄色がかった薄い黄緑。鉄分とよう素の色、かしら。

(分析表は文末に掲載あり)

 

よう素泉だろうが、硫黄泉だろうが、

私のルーティーンは、朝、「温泉で髪を洗う」

 

一回だけ、失敗したなと思ったのは、

塩原の『大出館』のガッツリ硫黄泉で髪を洗ったら、

ゴワゴワ感がとてつもなくハンパなかったときくらい(笑)

 

それと比べれば、大体どってことない。

お肌にミネラル補給とおんなじで、髪の毛にもミネラル。

おかげで黒髪ふさふさつやつやです♨

 

さて、朝食も昨晩と同じお座敷にて。

f:id:seasonsgreetings:20211108013423j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211108013421j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211108013415j:plain

温泉で朝食に温泉玉子、これだけでもテンションアップ、素直に嬉しい♡

f:id:seasonsgreetings:20211108013417j:plain

そうそう、

この自家製豆腐が、まるでブラマンジェのよう!

f:id:seasonsgreetings:20211108013419j:plain

これは豆腐じゃない、まさにデザートです(笑)

 

母屋の隣に見える建物、

これは確か醤油蔵だった、と言われた気が…。

f:id:seasonsgreetings:20211108013411j:plain

 

そうそう、樅の木のお話を。

f:id:seasonsgreetings:20211108013436j:plain

この、貸切風呂から見えていたおっきな木が樅の木、

樹齢300年を超えるそう。

これらが今は、大仙市の指定天然記念物に認定。

f:id:seasonsgreetings:20211108013229j:plain

樅の木で有名な湯宿といえば、

思い浮かぶのが青根温泉『不忘閣』も確かそうだったような…🎄

 

そして、帰ろうと思ったときに見つけたこのポスター。

『IRIS(アイリス)』!!

f:id:seasonsgreetings:20211108013425j:plain

これが流行ったのが2013年だったんだ… まだ今から8年ほど前のこと。

あの時は、この韓流ドラマにハマりましたね~(笑)

 

鶴の湯のご主人夫婦が鶴の湯入浴シーンで登場してたり、

秋田市内の居酒屋が登場したり、

どってことない山間の公衆電話ボックスがロケ地になってたり。

 

まさか、ここ『樅峰苑』もロケ地だったのは記憶から薄れていた…

今となっては再度見てみたい、秋田ロケの『IRIS(アイリス)』

(でもあの頃の韓流ドラマって、絶対アンハッピーに終わるからそれだけが気遅れ要素…)

 

2020年2月7日からスタートしている『秋田の手ぬぐいスタンプラリー』

f:id:seasonsgreetings:20211108013428j:plain

ご当主が見本を示してくださいました。

秋田県内各地にあるスタンプを、モチーフのところに押して、

オリジナルの手ぬぐいを完成させる!

f:id:seasonsgreetings:20211108013431j:plain

大曲の花火がひとつ、咲きました◎

f:id:seasonsgreetings:20211108013433j:plain

akitano-tenugui.jp

 

なかなか立地的にも面白く(いわゆる山間いの秘湯ではない)

この風情と佇まい、そしてこのお湯♨ かなりの個性派。

ここはまた、今度はゆっくりと訪れてみたい…

 

(2021/9訪問)

syohoen.net

 

<温泉分析書>

源泉名:樅峰苑の湯 泉質:含よう素-ナトリウム-塩化物強塩温泉

源泉温度:49.9度 pH:6.9 成分総計:2,233mg/kg 

加水なし/加温なし/循環なし/消毒なし

f:id:seasonsgreetings:20211108013403j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211108013400j:plain

 

 

<夕食時アルコールメニュー>

f:id:seasonsgreetings:20211108013316j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211108013318j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211108013321j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211108013324j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211108013327j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211108013329j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211108013332j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211108013335j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211108013338j:plain

f:id:seasonsgreetings:20211108013341j:plain

#樅峰苑 #樅峰苑の貸切風呂 #樅の木 #宿泊者専用貸切風呂 #日本秘湯を守る会 #秋田県の温泉