** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

大牧温泉観光旅館*富山県南砺市 大牧温泉(おおまきおんせん)

「船でしか行けない秘湯」、それは富山県にある大牧温泉。

その昔、サスペンスドラマなどの舞台になったこと多く、

何故か温泉ココロ付いた時には記憶にあり。

 

でも、行ったことがない! ということで、

本当はGoToトラベルで昨年2021年冬に計画していたのだけど、

GoToトラベル中止のあおりを受け、そのまま…

よって、今回はリベンジ大作戦♨

 

まずは、小牧の遊覧船乗り場へ行くことから始まる。

★車カーナビ検索は( 庄川遊覧船 0763-82-0220 )
●船は予約不要の定期の観光遊覧船です
★バス・船 それぞれ最終便のお時間にご注意ください

駐車場がいっぱいでも大丈夫。

乗るはずの船は大牧からのお客様を乗せているので、

その方々が到着すれば、おのずとその方々の車がいなくなる算段。

f:id:seasonsgreetings:20220324220543j:plain

よって、邪魔にならなさそうなところに車を停めて、暫し待ちましょう…。

f:id:seasonsgreetings:20220324220728j:plain

季節によって時間が異なるけど、だいたい日に4往復くらいかな…?

f:id:seasonsgreetings:20220324220545j:plain

往復でチケットを買って…

(遊覧船タイプは結構お高いのよねん。往復で2,800円)

f:id:seasonsgreetings:20220324220547j:plain

f:id:seasonsgreetings:20220324220550j:plain

あの船(奥のおおきいほう)に乗船。

f:id:seasonsgreetings:20220324220524j:plain

川面を快調に滑り出す。

f:id:seasonsgreetings:20220324220552j:plain

約30分くらいの乗船。

船内に居たり、デッキに上がってみたり。

 

やはり…

f:id:seasonsgreetings:20220324220554j:plain

この雪の時期に来たかった… 大正解◎


www.youtube.com

f:id:seasonsgreetings:20220324220556j:plain

f:id:seasonsgreetings:20220324220559j:plain

f:id:seasonsgreetings:20220324220602j:plain

 

旅館外観が良く見えるところまで一旦進んで、

少し戻って、いざ上陸。

f:id:seasonsgreetings:20220324220604j:plain

”日本列島最後の秘境 大牧温泉"

f:id:seasonsgreetings:20220324220606j:plain

一般的な温泉好きの方向けなら、バッチリ間違いなしのキャッチコピー。

 

f:id:seasonsgreetings:20220324220730j:plain

f:id:seasonsgreetings:20220324220541j:plain

f:id:seasonsgreetings:20220324220609j:plain f:id:seasonsgreetings:20220324220611j:plain

f:id:seasonsgreetings:20220324220726j:plain

ついに…到着!

f:id:seasonsgreetings:20220324220734j:plain

f:id:seasonsgreetings:20220324220627j:plain

私たちの今日のお部屋は、入口から一番遠いお部屋(笑)

f:id:seasonsgreetings:20220324220624j:plain

道中、いろんな俳優さんたちの色紙がずらり…!

f:id:seasonsgreetings:20220324220723j:plain

お、スギちゃん発見!(温泉ソムリエ)

f:id:seasonsgreetings:20220324220718j:plain

今回は男女別に2部屋予約。

f:id:seasonsgreetings:20220324220526j:plain

広さも申し分なく、広々としたお部屋…!

鉄筋コンクリなので、防音もバッチリですね…

f:id:seasonsgreetings:20220324220614j:plain

f:id:seasonsgreetings:20220324220616j:plain

そして、女性用露天風呂がすぐ!

f:id:seasonsgreetings:20220324220622j:plain

f:id:seasonsgreetings:20220324220529j:plain

ここがまた…快適すぎて、小一時間くらい、浸かっていたかな…♨

f:id:seasonsgreetings:20220324220534j:plain

女性用露天風呂の奥に、

こんな野趣あふれる野湯っぽいのがあるのもナイス◎

f:id:seasonsgreetings:20220324220531j:plain

大牧温泉は男女入れ替えにはならないから、

女性のみの特典ってことですね✨

 

f:id:seasonsgreetings:20220324220633j:plain

日も暮れ、次第にあたりはトワイライトタイム。

f:id:seasonsgreetings:20220324220635j:plain

さ、お夕飯のお時間です◎

f:id:seasonsgreetings:20220324220638j:plain

実はこの前日は『温泉民宿あおまさ』に一泊した私たち。

よって、二日目のお食事はシンプルにこんな感じでもう充分…(^^;

f:id:seasonsgreetings:20220324220644j:plain f:id:seasonsgreetings:20220324220646j:plain

f:id:seasonsgreetings:20220324220648j:plain f:id:seasonsgreetings:20220324220651j:plain

f:id:seasonsgreetings:20220324220653j:plain f:id:seasonsgreetings:20220324220655j:plain

f:id:seasonsgreetings:20220324220657j:plain

 

お飲み物メニューはこちら。

f:id:seasonsgreetings:20220324220640j:plain

 

そして、楽しい夜(二次会)の持ち寄りお菓子たちがこちら(笑)

f:id:seasonsgreetings:20220324220630j:plain

チョコボール(笑)、フルーチェw、ペヤング、白エビビーバー!

そして、何故か夜中に「空き缶ツムツム」を始める私たち…

f:id:seasonsgreetings:20220324220707j:plain f:id:seasonsgreetings:20220324220702j:plain

 

数十年ぶりに食べたフルーチェも、美味しかった…♡

f:id:seasonsgreetings:20220324220700j:plain

女性しか入れない露天風呂も、まったりゆっくり堪能させていただき、

f:id:seasonsgreetings:20220324220536j:plain

ふかふかのお布団へダイブ…(即就寝zzz)

 

翌朝。

女性用中浴場♨

f:id:seasonsgreetings:20220324220538j:plain

 

こちらは男性用露天風呂(檜)

f:id:seasonsgreetings:20220324220739j:plain

チョコボールながい氏のお写真、お借りしましたよ☆

 

朝ごはんは夕べと同じ個室にて。

f:id:seasonsgreetings:20220324220741j:plain

f:id:seasonsgreetings:20220324220715j:plain

 

ああ、そうそう、男女別に大浴場は別にあって。

c/o間際、浸かりに行きましたが、湯量豊富でいい湯~!

なのに、滝つぼ?の下にはこんなものが転がっていたそうな(笑)

f:id:seasonsgreetings:20220324220743j:plain

(photobyチョコボールながい氏)

 

ざんざんお湯があふれているので、これを入れてもあんまり意味ないような…??

そして、源泉だけの小さい檜湯舟、湯温ぬるめでこれが泡付き凄かった…♨

 

結論。

期待しないで行った大牧温泉、意外とお湯が良くてびっくり!

温泉好きにも激しくお薦めします◎

f:id:seasonsgreetings:20220324220602j:plain

 

(2022/2宿泊)

www.oomaki.jp

源泉名:大牧温泉 

泉質:(表記上)ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫化物・硫酸塩温泉

※分析書上のミリバルを基準にすれば、ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉、が正当

源泉温度:57.6℃ pH:7.9 溶存物質:4,139mg/kg 

加水あり/加温なし/循環なし/消毒あり

f:id:seasonsgreetings:20220324220712j:plain

f:id:seasonsgreetings:20220324220720j:plain

#大牧温泉 #大牧温泉観光旅館 #おおまきおんせん #富山県の温泉 #フェリーでしか行けない温泉

 

<こっそりネタバレ>

・c/oの際、軽トラが玄関前横付けされてましたので、実際のところ裏道から車でアプローチは可能と思われます(^^;