** Season's Greetings ** 湯楽粋笑

日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

温泉民宿あおまさ*富山県氷見市松田江温泉(再訪)

冬になると… 雪の立山連峰の白く明媚な姿を思い出す。

きときとの寒ブリしゃぶしゃぶと、

芳しいアブラ臭とともに…

 

惑う心を抑えきれず、

大牧温泉の前ノリ候補地に、既訪の『あおまさ』を推した。

いつもなら、未訪の温泉地を候補に挙げるのが筋なのに。

 

富山駅から氷見まで、レンタカーで約1時間の距離。

海辺に立つその宿こそが、『温泉民宿あおまさ』

 

建物前のだだっ広い駐車場に、余裕で車を駐車。

海辺の眺めもたいそう良いのだけれど、

それよりも何よりも心逸るのが、温泉♨

 

時間にして16時過ぎ、

c/iの時間に合わせて加温された源泉が放つそのかほりは…

「強枕木臭温泉」by熊谷温泉さん♬

 

嗚呼、やっと。7年ぶりに、このあおまさ臭を嗅げた…。。

 

今回は、この匂いを嗅いでハアハアやっている温泉マニアなご一行様男女計6名様にて(笑)

 

私以外は日帰りで寄った者が若干いたものの、みなさん『あおまさ』は初宿泊!

特に初訪問のメンバーには、それはタマランかほりでしょう…♨

 

まずは一湯浴びていただいて、お夕飯までお昼寝タイムを挟み、

宴会までの時を待つ。。

 

大人数だったため、お部屋は

男女別で隣り合わせのお部屋をご用意してくださってました◎

 

男性部屋の浴衣類。

今見たら、

小人、中人、そして大が1って…? なんだか想像つかないバリエーション??

(ま、いっか!?)

女性2人用はシンプル。

 

夕食会場となる宴会場。

窓の向こうは日本海(天然のいけす、富山湾!)

 

夕食開始は18時から。

さきほどの宴会場に出向くと…

 

テーブルに所狭しと富山の海の幸が…! 思わず皆、撮影タイム🎶

箸袋、”温泉民宿”っていい響き◎

 

鮑くん、ひとりに丸々ひとつ。

確か前来た時もぐるぐる動いていてびっくりした覚えが…

焼きあがった鮑君は、キレイにカット。

 

そのほか、お刺身・揚げ物・焼き物…

 

 

 

そして、別にオーダーをお願いしていた鰤しゃぶ💕

これ、1人前だったかな…?

この脂が乗っていてやらかい氷見寒ブリを、しゃ~ぶしゃ~ぶ…♡

ほんのり火が通ったくらいで引き揚げ、ポン酢をつけてパクっ!

「寒ブリ、んまー💕」

 

鰤しゃぶ、今回は二人で1人前分け分けプランでお願いしたけど、

ほかにもお料理がたくさん出てくるので、ちょうどよかったかも…。

 

嗚呼、しあわせでご満足な冬の富山旅…✨

おなかいっぱいになったあとは、あおまさ臭を思う存分吸入して、

天国気分で寝床に着く…

 

翌朝。

日の出は立山連峰の向こう側から。

もう少し時間が早ければ、モルゲンロートが美しかったらしい…。。

(ハイ、寝てました💦)

 

朝の日本海。

…を眺めるお部屋での朝食。

豪華な夕食の次の日の朝ごはんは…

シンプルがいちばん!

 

食べ盛り?の男子は、こんな「勝手丼」を作ってましたよ(笑)

 

朝ごはんもしっかりいただいて、c/oは9時半。

2階の客室から、立山連峰がよく見える…

そして、目の前の日本海、

とてもたくさんのお魚が跳ねてましたよ!?

↑↑右手のコレがたまたま写真に写ってくれたもの

 

そして、窓下には昨晩冷やしておいたのに転げ落ちてしまった銀河高原ビール。。

おぅ…結構ダメージ激しい…。

 

2月の三連休の朝でしたが、なんとなく気温も和んでいて。

穏やかな日本海の波打ち際で遊びだす私たち。

 

なんか昔もこんなことして遊んでたなー(笑) ジャンプの瞬間を、撮る!!

 

これが結構難しい(笑)

 

ユグチさん、鹿さん、恭子さん、まめたさん、ふろむさん、

楽しかったですね~~🎶

そして御一行様は、メインイベントの念願の大牧温泉へ向かう…。。

 

(2022/2宿泊)

www.kitokitohimi.com

(6名2部屋で予約、@11,000円+鰤しゃぶ追加料金@2,000円)

 

余談。

あおまさから3キロくらい離れた『氷見温泉郷 総湯』

この外観からも、きっと大したことはないだろう…と高をくくり、

今まで訪問したことがなかった施設に今回寄ってみたら。

あらまあ! 薫るアブラ臭♡

恐るべし、氷見…

 

氷見に行かれたら、総湯エリア内の回るお寿司やさんもお薦め。

『廻鮮氷見前寿し』

氷見だけならず、富山の回る寿司のレベルは半端ないので(笑)

 

<参考>7年前(2015年)訪問記録

 

<温泉分析書>

源泉名:ひみ松田江温泉 泉質:ナトリウム-塩化物温泉 源泉温度:30.6度 

pH:不明 溶存物質:24,584mg/kg 加水なし/加温あり/循環なし/消毒不明(たぶん無し)

 

#あおまさ #温泉民宿あおまさ #松田江温泉 #富山県の温泉 #ぶりしゃぶ #寒ブリ #アブラ臭