** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

◆鳴子弔い旅◆2日目:鳴子温泉→中山平温泉→山形・赤倉温泉『あべ旅館』→まつばら山荘→古川→東京

1日目からのつづき)

なかなか寝付けなかった夜。
涼しい外の空気を入れながら、それでもうつらうつら。

そして、雨音で目覚めた朝。

涙雨どころか、大泣きの雨。

イメージ 1  イメージ 2

時は既に10時近かったけど、
これじゃあ歩くのもままならない…

c/oは12時だし、また硫黄の香りに包まれに~。。

イメージ 3

硫黄の膜で遊んでみる。
イメージ 4

そんなこんなしているうちに、
どうやら杉山隊長が、お隣の姥の湯さんの4種の湯を攻めているらしいw

こちら(東川原湯)にもいらっしゃるとのことで、
そこで運よく拾っていただけることに~♪

女将さんに礼を言い。
「彼女がねー、4月の末に泊まりたいって言ってきたとき、
法事のお客さん貸切で、断っちゃったのよー、悪いことしたわぁ…」

なんと、ぽちさんが最後泊まりに来たかった宿がこちらだった…
今回私、何ともなしにこちらを予約したけど、そう言うご縁があったんだ…

そう言えばこの前日、宿へ下る坂を下りている途中に、
道の真ん中に、身じろぎもしないヤモリ? トカゲ?が居たんですよ。
イメージ 5

「おっ!? オマエ、やって来たな!?」的な態度でw

キャリーバックを持っていたので結構ガラガラうるさかったはずだけど、
顔の方向だけ動かして、じぃーっとこちらを観察。。

ぽちさんの、手下だったかな(笑)

さてとりあえず、立ち寄り湯が10:30~13:30の、『旅館すがわら』さんへ~
イメージ 6

この日は…薄いブルー。
イメージ 7

これが、あの奇跡の青色になるところを、この目で見てみたい…

ぽちさんが好きだった「すがわらブルー」
本当はこんな色。
イメージ 8
(ぽちさん撮影)

「成分中のメタケイ酸が関係するとも言われていますが、
確実にこの湯色に出逢える保証は無いのですが、
気温の高い時期には高い確率で青くなりますので、お楽しみに」
とは、ぽちさんの弁。

いつも鳴子に行くたびに、いつも定点観測として「今日の色」を教えてくれてました。

今後は、心ある湯友さんが、事あるごとにつぶやいて教えてくれたら嬉しいなぁ~などと期待しつつ。。

そして私は今回も、すがわらブルーにお目にかかれなかった(笑)
なんだか一生お目にかかれないかも、なんて思ったり。

また来なきゃね。

さて、お昼は杉山隊長と一緒に、中山平温泉にある『藤治朗(とうじろう)』
ここの、鴨つけ汁板そばが好き♥
イメージ 9

多分ここに最初に来たのも、ぽちさんがブログで上げてくれてたから~
それから二度ほど、連れて行って貰ったな~

そして少しだけ、宮城県を抜けて山形県に。
赤倉温泉『あべ旅館』

そう、少し前に、経営難になって仙台の会社が買い取ったとか…
その後いろいろ話題にも上って、一時7月末までの営業!?と噂されましたが、
今回、受付の方にお聞きしたところ、7月末は免れたみたい…

ここが、こんな素晴らしい岩風呂自噴だとは思いませんでした。。
お向かいの三之丞(さんのじょう)さんには泊まったことあれど、そこと同じくらい、
あるいはそこ以上に趣のある、この岩風呂・・・

イメージ 10  イメージ 11
この岩の割れ目から、あちこちぷくぷく…と!

立ち寄り湯は10時~16時、500円。
女性はこの岩風呂に入れるのは12時から。

残したい、貴重な財産です♨


あ、途中、中山平温泉通過時に、確認して参りましたが、
やはり「レスノウ」「スハス」看板はあとかたもなく無くなったままでした^^;
イメージ 17


また一路、鳴子温泉まで。

珈琲がお好きな隊長を、はじめてたまごやさんにお連れしました。

イメージ 12  イメージ 13

イメージ 14

下手したらたまごやさんは、一日に二度くらい来ちゃうほど、
私にとっては、湯めぐりの際の立ち寄り必須スポットです。

今回は、昨日一回、今日一回。
タルトコニャック、洋酒をちらりたらしていただくんですよ^^

そして鳴子最後の湯は、まつばら源泉~と思わず言っちゃいますが、
『まつばら山荘』
イメージ 15

実は私、こちらはお初。
薄茶モールで湯量豊富のいいお湯!

イメージ 16

硫黄の香りもさらりとモール泉で流し~


一年ぶりの鳴子温泉
来てよかった。

でも欲を言えば、もう少し早く来るべきだった。。それが後悔。

今回は、潟沼にも今回寄れなかったし、阿部旅館さんや高友さん、
大沼さんにも寄りたいなぁ。
潟沼に行ったら、多分ぽちさん、龍神様と遊んでいるんじゃないかなぁ~。。

どこに行ってもあったかい鳴子。

ぽちさんが残してくれたものは、
みんな鳴子の人たちが持っているんですね。
あ、多分、鳴子に避難されて来ていた、あの南三陸の方々も。

ぽちさんのおかげです。
ありがとう、ぽちさん。

お別れを言いに来たつもりでした、ほんとは。
でもやっぱりまだ、そのあたりに居る気がしてならないです。

すがわらブルーにも出会えなかったし(笑)
私の宿題はそのまんま。

だから、
また来るね、鳴子へ。

またぽちさんに会いに。

イメージ 18


(◆鳴子弔い旅◆おしまい)

【ぽちさんブログ:づれづれ草】→http://blog.goo.ne.jp/lonewolf-pochi/

【旅館すがわらHP】→http://www.ryokan-sugawara.com/