** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

東川原湯旅館*宮城県大崎市鳴子温泉(※2014/3末廃業)

また残念なお知らせがひとつ。

鳴子の駅から近いこちらのお宿が、
この3月末を以って廃業と…

『東川原湯旅館』
イメージ 1

お隣の姥の湯さんは何度か泊まったことがあったのに、
川原湯さんは、今回(2013年7月)がお初。

イメージ 2
源泉は2つ、硫黄泉と、芒硝泉。

まずは、硫黄泉の方へ。
イメージ 3

イメージ 4
シブイですね。。 でもお湯は極上♨
イメージ 5

イメージ 6


こちらは、もうひとつの芒硝泉の方。
イメージ 7  イメージ 8

イメージ 9


実はこの宿を訪れたのは、
ぽちさんが亡くなって10日ほど経った日。
鳴子は朝から涙雨どころか大泣きの雨。
イメージ 10  イメージ 11
川原湯の女将さん、
「最後、ぽちさんがGWのときに来てくれてねぇ、
ちょうど法事のお客さんでいっぱいだったから(宿泊を)断ったの。
折角来てくれたのに、悪いことしちゃったわ…」

c/oは12時。
ちなみにc/iも12時!
高級旅館でも出来ないこのありがたき時間設定…
お部屋でゆったり寛がせていただきました。。

イメージ 13

イメージ 12

イメージ 14

時間の許すまで、硫黄泉でまったり~。。
イメージ 16  イメージ 15
あとで知ったのですが、ここは混浴とか…
でも宿泊客は私ひとり。
誰に気兼ねすることなく、ゆっくり浸からせていただきました♨

お湯自体は確かに、お隣の姥の湯さんで同じ湯に浸かれるかもしれないけど、
やはりこのシブイ浴槽… 浸かれないとなると寂しいですね。

またひとつ、鳴子の名湯が幕を閉じます。。

【東川原湯旅館紹介サイト:Jakeさんの温泉備忘録】

(分析書①:硫黄泉)…ほとんど読めません^^;
イメージ 17

(分析書②:芒硝泉)
イメージ 18