** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

◎秋田大曲花火と極上の岩手・秋田湯めぐり◎1日目:東京駅→盛岡駅→御所湖温泉『花の湯』→雫石『手うちそば 極楽乃』→玄武温泉『四季の里』→秋田・大曲花火大会桟敷席→鶯宿温泉『石塚旅館』


日本三大花火と言えば…
新潟の「長岡大花火」(例年8/2,8/3)
土浦の花火「全国花火競技大会」(今年は10/4(土))

そして、
秋田の大曲花火「全国花火競技大会」(2014/8/23(土))

いつも長岡大花火を見た後、
既に夏が終わった感満載だった私にとっては、
大曲の花火は見に行きたいと思いつつ、タイミングも合わず…

そんななか、今回は岩手盛岡の湯友(湯ヲタネットワークw)のぬまさんの計らいにより、
素晴らしくいいお席で見られることに…!
(ぬまさん、ありがとうございます☆)

イメージ 1

さて。

大曲は秋田県
秋田県まで行くに今回のルートは、
東京組⇒東北新幹線盛岡駅まで
イメージ 2

新潟組⇒大宮乗換で東京組に合流
イメージ 3

朝からビールはお約束ではないのですが…^^;
はづみさんが冷たいビールを持って着て下さったとのことで、4名で乾杯☆

八戸名物『つるこまんじゅう』を、はづみさんからいただき~
(これ、開ける前は粉々感がどうかな?と思いましたが、美味しかったです!)
イメージ 4

そして、山形組「山ガール」は⇒現地集合(笑)

盛岡から秋田大曲までは、割と一本道。
そして、その一本道は、有名温泉街道(笑)

自称ボロマニアなぜんちゃんのために、ぬまさんが選んだチョイスで~♪

◆ホテル花の湯*御所湖温泉◆

前評判はいろいろ?お聞きしましたが、
イメージ 6

うん、普通に綺麗な温泉ではないですか~!
イメージ 7  イメージ 5

おまけに見事なアル単掛け流し!
湯口に至っては、素晴らしき滞留湯の花(笑)

(お昼)『手打ちそば 極楽乃』@岩手県雫石

イメージ 9  イメージ 8

「あねっこ定食」は1,000円でおつりが来てこの美しき盛り☆
イメージ 10

実は、鰻丼も鰻ふっくら♥でとても美味しい~♪
イメージ 11
実は拘りの逸品なのだそう~。。
雫石で美味しい鰻、いただきました♥

腹ごしらえしたあとは、もう一湯♨

◆四季の里*雫石・玄武温泉◆

旧:いさみや旅館と言う名前だったそう。
イメージ 14

おー。。渋い湯口です。
しかも、熱め♨
イメージ 13  イメージ 12

ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉

以前は露天風呂にも湯を張っていたそうですが、今は露天風呂は無し。
足湯もなさってないそうです~

時は8月の残暑厳しき折。
「ぬまさん、岩手はぬるい温泉は無いの~?」と欲を出して聞いてみる。
ぬまさん「…そう言えば、無いっすね(笑) 青森あたりまで行けばありますけど~」

寒い冬が長い東北では、ぬるい温泉よりも、
熱い温泉の方が重宝されること間違いなし♨

盛岡=熱湯を堪能コースに決定◎

(おやつ)『松ぼっくり』@岩手・雫石

美味しい!と呼び名の高いジェラート屋さん、松ぼっくり
イメージ 18

イメージ 17
珍しいテイストだと、
チーズ、トマト、ブルーベリー、かぼちゃ、海のジェラート、ごま、枝豆、ソーダ

トマト海のジェラートでダブルをオーダー。
イメージ 15
こりゃたまらん♪♪

ソフティARUGA氏も満面の笑み♥
(サングラスは、湯ヲタネットワークの必須アイテムw)
イメージ 16

そうそう、お隣にあった売り切れ続出のカレーパン屋さん、『プラス1』
なんだか、たこ焼き屋さんの看板みたい!?(笑)
イメージ 20

このカレーパンは1個250円。
ぷっくらこんがり、中のカレーはぎっしり!
イメージ 19
結構いつも売り切れのことが多いのだとか…。
今回は無事ゲット出来てラッキー☆

この『松ぼっくり』並びにある店舗は、実は9月末を以って閉店、
10月~11月上旬頃に仙台市泉区に移転なさると。
店名もノワール・ベーカリー』と変えるとのこと。
イメージ 22

仙台に行った時のおみやげが増えましたね^^
イメージ 21

さて、山形の山ガールさんとイオンで待ち合わせをし、
そこから一緒に、大曲市内へ~

花火会場、午後4時。
イメージ 23

桟敷席は抽選で当たった方のみが買い求める権利が。
長岡は2日間上げるけど、大曲は1日ぽっきり。
かなりの倍率なんでしょうね~。。

イメージ 27
ぬまさん、かさねがさねありがとうございますm(__)m

イメージ 24

新潟・小千谷の片貝まつりも、昼の4尺があがるので「昼花火」自体見たことはありましたが、
ここの昼花火はちょっと面白い。

17:30から打ち上げ開始。
イメージ 25

イメージ 26
カラフルな色とりどりの煙幕でまるで遊園地のよう。

ひとしきり昼花火を見ながら、買い出しも済ませ~
既に秋っぽいパッケージに変わったビール類で乾杯☆
イメージ 28

東京駅グランスタのはせがわ酒店にて、乗車前に買い求めた、
紀土の平和酒造さんの「夏みかん」、これが美味しかった!
イメージ 29  イメージ 30
爽やかなすっぱさの夏みかんが、夏の夕暮れに相応しい…。
これ、美味しかったので、来年も買おう^^)/~

本当は、前日までかなりの大雨予報だった東北。
良かった~、晴れてくれて。
これも一重に、あの不老ふ死温泉で奇跡の夕陽を見せてくれた、
湯ヲタネットワークのなせる技!?(笑)
イメージ 31

18:50、定刻通りに始まりました…! 花火競技大会◎
イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

イメージ 32

クライマックスは、大会提供花火。
昨年、つまり2013年の最優秀賞を受賞した花火師さんが、
煙火店各社の玉を用い、その技を集結して作り上げるそうです。

ボレロに合わせて舞い上がる花火、クライマックスシーンは4:59あたりです。

…いやー、素晴らしい。

技と技のぶつかり合い。
長岡花火とはまた違った、美しさ・激しさがあります。

本当に素晴らしい!
2014年の受賞一覧はこちらをご覧ください→

そして花火大会終了後は、お決まりの渋滞…
のはずが、うまい具合にぬまさんがすりぬけてくれて、
(ぬまさん、このためにアルコール無し…m(__)m)
今晩のお宿、鶯宿(おうしゅく)温泉の『石塚旅館』へ。

夜は1時近くになってました…
イメージ 36

あちあちの47度極上湯と格闘しながらもなんとか浴びられて(笑)

しかーし、
最高の大曲花火&極上の岩手の湯めぐりの疲れ(&長期出張中の疲れ)で、
お布団に倒れ込んだ、はづみさん&ワタシ…orz
イメージ 37

岩手の極上湯は、明日も続くよ…

2日目につづく)

【御所湖温泉花の湯HP】→http://onsen-hananoyu.com/
【玄武温泉 四季の里HP】→http://homepage3.nifty.com/genbu/
【大曲の花火:全国花火競技大会公式サイト】→http://www.oomagari-hanabi.com/