** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

【築地】都内で雲丹祭り!@『うに虎喰(くらう)』(築地虎杖魚河岸千両)


温泉ソムリエ仲間のまゆさんが、
いつもこの時期、利尻島に雲丹を食べに行くので、
真似して一度は行ってみようかな!?と思ったのですが、
なにせ、宿が取れない/飛行機もハイシーズン&おまけに稚内空港は本数少ない&高い/

で。
行くのは、あきらめました(笑)

その代わり!
都内で雲丹祭りをすることに~♪♪

*****

7月三連休初日。

三連休だというのに、ほかの湯友さんみたいに温泉旅には出ず、
久しぶりの休日を久しぶりに昼過ぎまで寝る!

おもむろに起きだして、向かうは築地、17時集合。
随分前に、系列店へ行ったきりの、
『築地虎杖(いたどり)』さんの雲丹専門店『うに虎喰』へ~
イメージ 1

オリジナルビールがメニューにあったので、
お聞きしたら、新潟の地ビールと。
スワンレイクかな? 越後ビールかな??)

深雪さんとりえさんと私の分3つオーダー。
ころん、としたグラスに美味しそうなクラフトビアが♥
まずは、かんぱーい☆彡

あまりに私たち女史三人で美味しそうに飲んでいたせいか、
先客のお隣(中国の方)と、その向こう側の方々から、
店員さんに「あれはなんだ!?」の質問の矢が飛んだようで(笑)、
追加オーダーが出たという点では、お店のクラフトビアの売り上げに貢献!

さてさて…。
今日は「雲丹祭り!」
初志貫徹、店員さんの一番偉そうなおじさまに、指南を仰ぐ。

まずは、
◆雲丹食べ比べ刺盛り五種!
イメージ 2

ちょっとフレームに収まり切れないので、
◆大根とからすみサラダ
(これは箸休めで^^;)の向こう側に、五種盛り全景を載っけてます◎
イメージ 3

五種盛りを、自分の取り皿に乗せてみるとこんな感じ(笑)
イメージ 4
やはり全部、色も違うし、つぶの大きさも違うみたい。

岩手・北海道・中国アメリカ・ロシア(大皿の順で記載)

こうやって食べ比べると…
やはり違うのね、味が。
断然国産がウマイ!!!

…と言うことで、最初に少しいただくうに丼と、〆に食べる予定のうに丼は、
国産のにすることにしました(笑)
最初に少しいただくうに丼=◆国産濃厚うに丼ミニ
イメージ 5
まるでフレンチのコースの一皿!
濃厚なクリームソースが……これまた美味しすぎる♥

◆うにの炙焼
イメージ 6

◆うにの天麩羅
イメージ 7  イメージ 8
うに、ぎっしり!!!

なんだかテーブルの上は、にぎやかな雲丹遊園地のよう(笑)
イメージ 9

乾杯のクラフトビアももちろん美味しかったのですが、
やはりこのお料理たちに合うのは、日本酒よね…♥
イメージ 10
おっ!? 意外にたくさんあって嬉しい♥

コップでの提供とのことで、
ひとりずつ、日高見/三千盛/臥龍梅、を注文。
ちゃんと、一升瓶ごと、テーブルに持ってきて注いでいただけますよ♥

本日のお薦めメニューには、
今時期な活穴子や、築地と言えばマグロ、などなど、いろいろあったのですが、
イメージ 11

ここまで来たからには、雲丹一色で(笑)
イメージ 12

さて、いよいよ〆の雲丹丼に…

◆雅(みやび) 国産5種丼
イメージ 13

贅沢に…混ぜちゃった感じ♥
イメージ 14
フツーに見たら、TKG(玉子掛けご飯)ですが、
いやいや、これは雲丹まみれご飯(笑)

結局17時にスタートし、伝票を切ってもらった時間を見ると、18:54、
つまり、2時間コースだったってわけですね!?

回転もよく、オーダーもすぐ通していただき、
ご満足な雲丹祭りはこれにて終了~。。

はぁ~ご満足◎

『うに虎喰(くらう)』自体は、どうやら看板出てません(笑)
『魚河岸千両』の看板のなかへ入ってください。
Googleマップはズレてますw)
イメージ 15

入り口はこんな感じ。
(とはいっても、同じような虎杖がたくさんあって迷っちゃう~)
イメージ 16

「樋泉商店」と書かれているビルを目指せば間違いないでしょう。
イメージ 17

このあたり、『虎杖(いたどり)』系列のお店がたくさんありますが、
それぞれのお店の店員さんは、それぞれのお店を把握してないことが多いです(笑)

予約は17時~なら受け付けてくださいます。
この日も、17時直後は人は少なかったのですが、あれよあれよと言う間に満席に…

極上の雲丹祭りをしたい方はぜひ、事前にご予約をお薦めいたします^^

ビバ!雲丹祭り★



(都内で雲丹三昧、都内でうにざんまい、東京で雲丹、北海道へ行かなくても雲丹)