** Season's Greetings ** 季節のご挨拶

ようこそ、いらっしゃいませ☆ 2005年から続けたYahoo!ブログのお引越し先です。日本は美しく、そして美味しい。四季折々に出会う温泉とグルメ・美酒の数々をご紹介☆

酒の宿 玉城屋*新潟県十日町市松之山温泉

 
日本三大薬湯のひとつ、新潟県十日町の松之山温泉。
(あとのふたつは、草津温泉と有馬温泉)
 
松之山へ向かう途中にあるアート、
『たくさんの失われた窓のために』の夕景を楽しんでから、
イメージ 2
 
今宵のお宿にc/i。
イメージ 3
『酒の宿 玉城屋(たまきや)』
 
イメージ 4
 
山岸裕一氏が四代目として代替わりなさったときに、
お宿もリノベーション。
 
お宿の冠に「酒の宿」と付けただけあって、
相当酒好きには、相当たまらないお宿に。
 
 
エントランスの飾り。
イメージ 12
塩沢の『鶴齢(かくれい)』さんで、プライベートラベルの日本酒、
作ってらっしゃるんですね🍶
 
今回は、お酒好き女史4名でお伺い。
ロビーには、色浴衣があり、好きなものが選べます。
イメージ 5
 
お部屋は、2名×2部屋、月と雪
イメージ 6 イメージ 7
 
このお部屋はリーズナブルなタイプで、
イメージ 9
 
もっと手を掛けてリノベーションしたお部屋には、
部屋付き露天風呂があったり。
 
大浴場へ行くときは、
やはりこんな温泉バックが用意してあると嬉しい。
イメージ 8
 
イメージ 10
 
基礎化粧品は雪肌精◎
イメージ 11
お夕食前に、まずはひと風呂…♨
 
いそいそと大浴場へ向かうすぐ手前に、
「こんなの」があるのを、私たちは見逃しませんでしたよ…!?
 
イメージ 13
 
ちょっとブレちゃってますが(笑)、
お水やお茶が入っていた小さめの冷蔵庫に、
日本酒の四合瓶が3つ。
 
鶴齢・麒麟山・たかちよ
いずれも新潟の銘酒。
 
「ご自由にどうぞ」
ハイ、いただきます♡
 
聞けば、残り僅かになってしまったり、
ディナーでは使わないお酒がたまにここに並ぶのだそう。
 
カラダの中から少し温めて、そのあとに大浴場♨
イメージ 14
 
んー、かぐわしい香りです(笑)
イメージ 15
 
分析書上、ヨウ素イオンが10mgありますね。
イメージ 16
 
分析当時は、ナトリウム・カルシウム-塩化物泉、ですが、
イメージ 17
今度計りなおしたときは、成分が変わってなければ、
含ヨウ素泉ですね♨
 
色だけ見ると、新津温泉みたい。
イメージ 19
ちょっとオイリーな感じのテイストに見えますが、
実際はそんなしつこくはありません。
 
露天風呂もあります◎
イメージ 18
 
ひと浴びしたあとは、お部屋に戻ってお仕度。
銘々好みで選んだ色浴衣を着用。
 
イメージ 20
 
お食事は、ダイニングにて。
18時または20時かのスタート。
イメージ 21
 
ソムリエ・酒匠でもある四代目の山岸裕一氏自らが、
フレンチと新潟のお酒のペアリングを提案してくださいます。
イメージ 22
最初は、「あべ」。
「スパークリングあべ」に変化させての提供。
イメージ 23
やはり乾杯はしゅわっ!と。
 
◆妻有ポーク・深雪鱒のアミューズ◆
イメージ 24
 
可愛らしい♡
イメージ 25
 
次は「雪男」が参りました◎
イメージ 26
 
玉城屋さんの杉のお猪口で乾杯🍶
イメージ 27
 
◆切り干し大根のビシソワーズ◆
イメージ 28
 
◆南蛮海老とカリフラワー◆
イメージ 29
苗場山の純米吟醸を合わせます。
ラベルだけ見ると、もはやワインですね…。
イメージ 54 イメージ 55
 
◆春菊とアオリイカ◆
イメージ 30
 
「緑川と壱醸21、どちらにしましょうか?」
イメージ 57
どちらも美味しいのを知っている欲張りな私たち、
「…どちらも半分ずついただけますか(笑)」
 
◆八色椎茸・平茸・白しめじのエスプーマ◆
イメージ 31
白瀧酒造さんは、「上善如水」を醸している蔵元さん。
イメージ 32 イメージ 56
 
◆甘鯛のうろこ焼き◆
イメージ 33
松乃井酒造の「ダイナマイトドライ オンナの辛口」
ちゃんと平杯も専用のものがあるなんて、楽しいですね♪
イメージ 34 イメージ 35
 
◆妻有ポーク・越乃紅◆
イメージ 36
「イットキー」というお酒、初めて見ました。。
「玉風味」の玉川酒造さんが出されたものだった!
 
◆ハックルベリー・レモン◆
イメージ 37
 
こちらも「あべ」から、「FORMALHAUT」
原材料に「清酒」と書いてあります、そうこちらは貴醸酒。
イメージ 38
デザートにはちょうどよいペアリング♡
 
◆柿・梨◆
イメージ 39
柿は、お酒飲みにはいいんですよね。
二日酔い防止(笑)
 
本日、フレンチに合わせてペアリングでいただいたお酒たち(笑)
イメージ 41
 
ふと視線を横に反らすと、
レストラン内のセラーには、
これまた所狭し、と新潟の地酒やワイン。
イメージ 40
お猪口もこんなにたくさん!!
イメージ 42
 
この壁の前で、
四代目山岸裕一氏と4人と、一緒に写真を撮っていただきました。
イメージ 43
 
もしかしたらお忙しくなって、
お宿に居る間もなくなってしまうんじゃないかと思うほど、
精力的に活動なさってますもんね^^
いい記念になりました◎
 
そして翌朝、
例の如く大浴場前の小さな冷蔵庫には…
イメージ 44
また違う種類の日本酒たちがエントリー(笑)
 
これ、まじめに朝から日本酒利いてたら、
大変なことになりそうですね、
さすが、「酒の宿」!
 
日本三大薬湯の朝風呂ですっきり。
イメージ 45
ええ、もちろん、昨晩のお酒なんて残ってなくってよ(笑)
 
朝食が…これまた目に美しい!
イメージ 46
 
色とりどりの酵素ドリンク。
イメージ 48
 
イメージ 53
ダブルお吸い物。
汁もの大好き! 嬉しいです、いただきます◎
イメージ 49
 
そして新潟は鮭処でもあるので、
焼き鮭はハズレなし。
イメージ 50
 
お漬物も美しすぎですね…。
イメージ 47
 
 
c/oは10時。
さあ、それでは、
名残惜しいですが『酒の宿 玉城屋』さんを後にしましょう~
イメージ 1
 
イメージ 51
 
あ、そうそう。
ここまで来たら、松之山温泉名物
『十一屋』の生しんこもち、
お忘れなくお土産に買って帰ってくださいね~♪
 
イメージ 52
【新潟・松之山】売切れ必須!『十一屋商店』さんの「生しんこ餅」
 
【酒の宿 玉城屋サイト】→http://www.tamakiya.com/
 
(2018.11訪問です)
雰囲気★★★  
お風呂★★★   源泉温度85.5度 泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 pH:7.5 溶存物質14,979mg/kg
お食事★★★★★ 日本酒好きにはタマラナイラインナップでのフレンチとのペアリングコースがお薦め
お値段★★★   1泊2食2名利用1名あたり25,920円(フレンチとのペアリングコース)
総 合★★★★  
 
(分析書)
イメージ 58